スポットを探す 食べる 「カフェ」

茶房 菊泉

さぼう きくいずみ


囲炉裏がある和室でいただくパフェやぜんざいのほか、オムライスも人気。大正時代の酒問屋別邸だった建物を、ほぼそのまま生かしている。家具や調度品にも注目したい。


函館元町にある港が丘通り。ソフトクリームの店などが軒を連ねるその中の、大正10年に建てられたという風情ある建物に目がとまる。今は和風喫茶を営む店「菊泉(きくいずみ)」。その名は、かつて酒問屋別邸だった由緒を残すものだ。

店に入り、中央の廊下を進んでいくと、左右にそれぞれ趣のある部屋が配置され、窓から見える景色を楽しむのもいいし、歴史館の展示室のような、思い出深い品々に包まれた畳の間にお行儀よく座ってみるのもいい。本物の囲炉裏に灯る炭火に手足をかざしながら、身体を暖めながら休めるのも嬉しい。

とうふ白玉ぜんざい、スイートポテト、ごまあいす、パフェ、ぜんざい、しるこ、抹茶......甘味処としての豊富なメニューの中に、函館の郷土料理「くじら汁(単品 税込550円)」がある。函館の人は、年末年始にくじら汁を食べる風習を残している。こちらのくじら汁は、大根やニンジンなどの野菜と、タケノコやゼンマイなどの山菜がいろいろ入っていて、さっぱりした塩味でまとめられている。これが不思議と、何杯食べても飽きることのない素朴な味わいだ。年末年始は、赤飯とのセットメニュー(税込780円)もある。

※hakobura 2010/1/1公開 2015/11 更新


茶房 菊泉
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市元町14-5
電話番号 0138-22-0306
営業時間 10:00~17:00
定休日 木曜日 ※祝日の場合は営業
アクセス 市電 「末広町」電停 下車  徒歩7分
駐車場
喫煙 分煙
GoogleMapで大きなマップを開く
ランチタイムに営業、喫煙OK、明治・大正の建物、地元の味が楽しめる、Wi‐Fi(その他)、英語メニュー、中国語メニュー