スポットを探す グルメ 「カフェ」

ティーショップ夕日

ティーショップゆうひ


明治時代の歴史的建造物を転用。ノスタルジックな雰囲気の店内で美しい夕日を眺めながら、凪のような時を過ごすことができる。2014年10月に日本茶カフェとしてリニューアル。

函館で最も夕日が美しい場所、それはおそらく外国人墓地付近でしょう。夕日は街の喧騒の中でなく、やはり、海面に自らのオレンジ色の光を長く反射させながら、地平線の彼方に沈むのが美しい。そして、その光を横切って滑る貨物船が輝けばなおいい。そんな光景を瞳に映しながら、日本茶の香りに包まれてホッとなごみながら過ごせるのが「ティーショップ夕日」です。
 
明治18年に「函館検疫所」として建築されたこの建物は、開港した函館を疫病から守る大切な役割を果たしました。その使途からか、建物そのものはいたってシンプルですが、かえってノスタルジックな雰囲気を漂わせています。 それを演出してくれるのは、店内にあるオーナーのコレクション。蓄音機やオルゴールや数々の小物が、知らないはずの昔の欧州を懐かしく思わせてくれます。オルゴールや別室にあるストリートオルガンは、リクエストすれば音を聴くことも可能です。
 
2014年10月に日本茶カフェとしてリニューアルオープン。煎茶、玉露、抹茶には季節の和菓子が、ほうじ茶、玄米茶には揚げまんじゅうがお茶請けとしてついてきます。また、夏にはくずプリンや冷やしぜんざい、秋冬にはおだんごやおしるこが味わえます(各税込600円~)。この日は、旨みの深いまろやかさが特徴の煎茶「嬉野茶」を注文。1杯目はお店の方が淹れてくださったお茶を味わい、2杯目からは「おかわりポット」で自由におかわり。お茶請けと一緒に日本茶でくつろぐのは、本当にホッとするものです。メニューには南茅部産の昆布を使った昆布茶や地元の牛乳を使ったミルクほうじ茶など、土地ならではのものもあります。
 
店内は、海に向いた窓際のテーブルが4つ、内側の部屋には大きめのテーブルが3つ。お好きな場所に落ち着いて、昼間のまぶしい海を眺めるもよし、あたりがオレンジに染まる時間を待つもよし。観光スポットの喧騒を離れて、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか。

※記者J(再取材/編集室M) 2014/10/14再取材、公開 2016/10 更新


ティーショップ夕日
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市船見町25-18
電話番号 0138-85-8824
営業時間 11:00~日没
定休日 木曜日、冬期休業(12月中旬~3月中旬)
アクセス 「船見町」バス停 下車 徒歩3分
駐車場 有(8台)
喫煙 不可
GoogleMapで大きなマップを開く
ランチタイムに営業、全面禁煙、無料駐車場、明治・大正の建物、眺望がいい、地元の味が楽しめる、Wi‐Fi(その他)、英語メニュー、中国語メニュー


このページのトップへこのページのトップへ