スポットを探す 体験 「公園」

名勝旧岩船氏庭園(香雪園)、見晴公園

めいしょうきゅういわふねしていえん(こうせつえん)、みはらしこうえん


明治31年頃から造成された本格的な風景式庭園。園亭、渓流、レンガ造りの温室など庭園空間が広がる。大きな広場や木々の下の散歩道などもあり、秋には紅葉が美しい。

湯の川温泉街の山側に位置する見晴公園は、市内有数の豪商であった岩船家が1890年代に別荘として造成した風景式庭園「香雪園」を含み、4万坪を超える広大な敷地(約13.3ヘクタール)に、和風・洋風織り交ぜた魅力がちりばめられています。
 
香雪園は1927(昭和2)年に、岩船家の好意で市民に無料で開放されるようになり、1955(昭和30)年に函館市が無償貸借契約を締結、1959(昭和34)年には市が土地を買収。2001(平成13)年に、文化財保護法に基づく「名勝」の指定を受け、北海道で唯一の国指定文化財庭園となりました。
 
園内にはソメイヨシノをはじめとしたサクラの木が点在し、特に園児や児童が遠足の場などとして利用する芝生広場は、春になると満開の花が周囲を取り囲みます。このほか、レンガ造りの温室や、茶室様式を取り入れた書院造りの園亭など、見どころが多い憩いの空間となっています。
 
また、秋にはその姿を一変させ、紅葉の名勝地としてたくさんの人が訪れます。カエデを中心に、庭木は約150種にもおよび、じっくりと散策すると思わず時間を忘れてしまうほど。2009年からは夜の紅葉をライトアップするイベント「はこだてMOMI-Gフェスタ」が開催されています。
 
関連記事

※hakobura 2010/4/1公開 2016/10 更新


名勝旧岩船氏庭園(香雪園)、見晴公園
エリア 湯の川エリア
所在地 函館市見晴町56
問合せ先 函館市住宅都市施設公社 花と緑の課 
電話番号 0138-40-3605    ※カーナビ検索には使えません
開園時間 園亭9:00~17:00 緑のセンター8:45~17:30
休園日 無休
料金 無料、園亭の使用およびグランド・芝生広場の独占使用は有料
アクセス 「香雪園」バス停 下車 徒歩1分
駐車場 有(普通乗用車155台、大型駐車場4台、障害者用6台)
備考 見晴公園緑のセンター 0138-57-6210
関連リンク 見晴公園(函館市住宅施設公社)
GoogleMapで大きなマップを開く
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、幼児向け、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、入館できる古建築、明治・大正の建物、指定文化財等


このページのトップへこのページのトップへ