月別観光ガイド「年間の主要イベント」

函館八幡宮例大祭

はこだてはちまんぐうれいたいさい


「八幡様」と市民に親しまれている函館八幡宮の例大祭。2年に一度、偶数年に行われる神輿渡御が見どころ。130段あまりの「石段かけのぼり」は力強く迫力満点。

毎年8月中旬に行われる「函館八幡宮例大祭」は、函館の夏を彩る風物詩。14日・15日に開かれる「祭り市」は、毎年開催。ビアガーデン、縁日、野菜や海産物販売、茶席などで、境内はとてもにぎやかです(両日、正午から18時まで)。

見ものは、2年に一度、偶数年に行われる本祭(御巡幸祭)の神輿渡御。15日、大勢の市民が力を合わせて神輿を担ぎ、市内各所を巡幸します。クライマックスは、神輿が八幡宮に戻る17時ごろ。男たちが重さ約1.5トンの大神輿(函館市指定文化財)を担ぎ、130段あまりの石段をのぼります。力強い「石段かけのぼり」を一目見ようと、多くの観客が詰めかけます。

函館山の麓に鎮座する函館八幡宮は、1445(文安2)年創建、明治13年から現在地に。境内から津軽海峡が望める景勝の地にあり、「八幡様」として市民から親しまれています。

関連記事
 函館八幡宮

※編集室M 2011/5/26公開 2017/2 更新


函館八幡宮例大祭
エリア 元町・函館山エリア
開催場所 函館八幡宮
  函館市谷地頭町2番5号
問合せ先 函館八幡宮奉賛会・函館八幡宮瑞垣会
電話番号 0138-22-3636
開催時期 8月14・15日
アクセス 市電 「谷地頭」電停 下車  徒歩8分
駐車場
料金 観覧無料

関連リンク 函館八幡宮(北海道神社庁)

GoogleMapで大きなマップを開く