月別観光ガイド 「12月のイベント」

サル山温泉(函館市熱帯植物園)

サルやまおんせん(はこだてしねったいしょくぶつえん)


温泉にのんびりとつかるニホンザルの姿を間近で観察。湯の川温泉恒例、冬の風物詩。函館空港から近いので、旅の締めくくりに立ち寄っても。園内に温室、足湯あり。

函館の冬の風物詩といえば、函館市熱帯植物園で温泉につかるニホンザルです。サル山のプールに温泉を引き入れるのは、12月1日からゴールデンウィークまでの期間限定。野外の寒さや風雪をしのぐため、湯につかりあたたまるサルたちの姿は、どこかユーモラスでかわいらしいと評判です。

寒くなったら園内の足湯を利用したり、冬でも暖かい温室へ。北国の冬景色から一転、珍しい南国の植物が植えられた温室内は快適で、休憩スペースも設けられています。サルたちともっとたくさんコミュニケーションを取りたいかたは、エサやり体験を(サルのえさ1袋100円)。愛くるしい表情やしぐさに心がなごみます。

函館市熱帯植物園へは、函館バス6系統を利用するほか、市電「湯の川温泉」電停から歩いて15分。函館空港からのシャトルバスの「湯の川温泉」バス停からも、歩いて5分ほどです。

関連記事
関連動画 

※編集室M 2014/2/11公開 2017/2 更新


サル山温泉(函館市熱帯植物園)
エリア 湯の川エリア
開催場所 函館市熱帯植物園
  函館市湯川町3-1-15 
問合せ先 函館市熱帯植物園
電話番号 0138-57-7833
開催時期 12月1日~ゴールデンウィーク
アクセス 函館バス6系統「熱帯植物園前」バス停 下車  徒歩1分
駐車場 有(124台)
料金 入園料 一般300円、小中学生100円

関連リンク 函館市熱帯植物園

GoogleMapで大きなマップを開く