スポットを探す お土産品 「海産物加工品」

黄金印 がごめと山わさびの醤油漬

→詳細情報
函館周辺の海で育つ「がごめ昆布」の醤油漬。北海道産の山わさびを使用。大人向けのピリッとした味わいで、ご飯のおともや酒のつまみに最適。シックなパッケージも評判。
問合せ先 函館空港ビルデング商事部
電話番号 0138-57-8884

匠の小箱

→詳細情報
かわいらしい食べきりサイズのケースに入った、いかの塩辛や松前漬けなどの海鮮珍味。ギフト用化粧箱(無料)に詰め合わせも可能。函館朝市の駅二市場で販売。
問合せ先 味の匠 函館朝市内駅二店
電話番号 0138-84-5420

函館戸井産まぐろふりかけ わさび味

→詳細情報
函館の人気寿司店「函館鮨処 ひろ季」の大将が監修した、函館・戸井産本まぐろの贅沢ふりかけ。わさびとのりの風味がアクセント。お茶漬けやパスタにも。
問合せ先 函館鮨処 ひろ季
電話番号 0138-55-5553

「うに屋の雲丹塩」と「雲丹の佃煮」

→詳細情報
生ウニと調味料のみで作られているので、雑味のないウニ本来のまろやかな甘みが口の中に広がる。雲丹塩はお茶漬けやおにぎりに使うほか、調味料としても活躍。
問合せ先 うにむらかみ 函館本店
電話番号 0138-26-8821

かにまん(函館カネ二)

→詳細情報
函館朝市名物、お土産品として人気の「かにまん(税込410円)」。できたてアツアツをその場でほおばるのもおすすめ。店の前にベンチがあり、朝市での小休憩にぴったり。
電話番号 0138-22-0105(代表)

がごめ昆布しょうゆ

→詳細情報
がごめ昆布特有の「フコイダン」という成分により、とろりとした醤油に。まろやかな口あたりで、刺身や豆腐によくなじむ昆布だし入りの醤油。
問合せ先 能戸フーズ株式会社
電話番号 0138-63-3211

がごめ昆布ドレッシング

→詳細情報
函館特産、がごめ昆布の旨みを生かしたノンオイルドレッシング。スタイリッシュなボトル入りで、「和風大根おろし入り」「和風しそ風味」「白ごま入り」の3種類ある。
問合せ先 不二屋本店
電話番号 0138-49-5175

鯨のベーコン(函館くじら屋)

→詳細情報
小型捕鯨基地の街、函館。くじら料理は、函館市民にとってふるさとの味。塩漬け・燻製加工してあるベーコンは脂の甘みと旨みがほどよく、初めてでも食べやすい。
問合せ先 函館くじら屋
電話番号 0138-23-4063

かまぼこ(ヤマサ宮原)

→詳細情報
1883(明治16)年創業、函館の老舗かまぼこ店の揚げかまぼこ。北海道らしい素材を練りこんだ逸品。若女将のおすすめは「たまねぎ揚げ」。
問合せ先 宮原かまぼこ
電話番号 0138-22-0765

グルメ数の子松前漬け

→詳細情報
北海道の郷土料理のひとつ、松前漬け。良質なスルメ、大粒の数の子がたっぷりと入り、がごめ昆布のねばりも加わった高級な一品。
問合せ先 カネニ 藤田水産
電話番号 0138-22-0105(代表)


このページのトップへこのページのトップへ

男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
万惣
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
株式会社前側建設
金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
広告募集中