スポット情報 みやげ店 「和菓子店」

丸井今井函館店

→詳細情報
函館の繁華街、五稜郭エリアのシンボルともいえる老舗百貨店。スナッフルス、カール・レイモン、六花亭など人気のみやげ品を豊富に揃える。地元で人気のカフェも出店。
所在地 函館市本町32-15
営業時間 10:00~19:00
定休日 お正月、年に数回の火曜日
電話番号 0138-32-1151

函館 千秋庵総本家 宝来町本店

→詳細情報
1860年創業の老舗菓子店。地元の素材を使った和洋菓子が並び、地元の人に親しまれている。あんがたっぷり入ったどらやきや、和洋折衷の煎餅・元祖山親爺が人気。
所在地 函館市宝来町9-9
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日(月3回)
電話番号 0138-23-5131

六花亭 五稜郭店

→詳細情報
北海道を代表する菓子メーカー「六花亭(ろっかてい)」の直営店&喫茶室。五稜郭公園に面した壁一面はガラス張りとなっていて、四季折々の景色を眺めることができる。
所在地 函館市五稜郭町27-6
営業時間 10:00~17:00(オーダーストップ・喫茶)、9:30~18:30(ショップ)※季節によって変動あり
定休日 無休
電話番号 0120-12-6666

やきだんご 銀月

→詳細情報
串団子で抜群の知名度を誇る、湯の川温泉の老舗和菓子店。団子の定番はごま、しょうゆ、あんの3種。道産あずきを使ったどら焼き、大福、まんじゅうも。電車通り沿い。
所在地 函館市湯川町2丁目22-5
営業時間 8:30~17:30
定休日 不定休
電話番号 0138-57-6504

弁慶力餅 三晃堂

→詳細情報
JR函館駅近くにある明治40年創業の老舗の餅屋。細巻きやいなり寿司も人気。厳選した素材の持つ自然な味を引き出した菓子やご飯ものは、市民に長く愛され続けている。
所在地 函館市松風町4-11
営業時間 9:00~16:00
定休日 年始(1月1日~1月5日)を除き無休
電話番号 0138-23-1709

丸井栄餅

→詳細情報
店内にベンチがあり、購入してその場で食べることもできる餅屋。1900年創業、4代目のご主人が昔ながらの味を守り続けており、べこ餅、豆大福、草餅が人気。
所在地 函館市栄町5-13
営業時間 8:00ごろ~19:00(日・祝18:00まで)
定休日 水曜日
電話番号 0138-22-5482

餅の北屋

→詳細情報
五稜郭公園前電停の目の前にある創業約60年の餅屋。大福やベこ餅のほか、赤飯やいなり寿司も人気。店内にテーブルもあり、五稜郭界隈を散策中に小腹を満たすのにもおすすめ。
所在地 函館市本町25-12
営業時間 8:30~19:00
定休日 日曜日
電話番号 0138-52-2212

市中屋

→詳細情報
谷地頭電停の目の前にある餅屋さん。地元で長く愛されてきたベこ餅は口コミで地方からの発送依頼も。白あんとしょうゆを混ぜて練ったあんを絡めた串団子も新鮮な味わい。
所在地 函館市谷地頭町26-11
営業時間 9:00~18:00
定休日 毎週火曜日
電話番号 0138-23-3027

末廣軒/パティスリー ジョリ・クレール

→詳細情報
隣の北斗市のイメージキャラクターを取り入れた「エクレア」「モナスク」のほか、北海道新幹線をイメージした上生菓子やプリンなど、優しい味わいが喜ばれる和洋菓子店。
所在地 函館市若松町12-13 JR函館駅構内1階
営業時間 8:00~20:00
定休日 無休
電話番号 0138-85-6406

シエスタ ハコダテ

→詳細情報
1~3階は無印良品、地下には飲食店が多数入店。4階はフリースペース。市電「五稜郭公園前」電停やバス停が目の前で、五稜郭エリアでの待ち合わせや休憩にも最適な商業施設。
所在地 函館市本町24-1
営業時間 ショップ、フロアにより異なる
定休日 年末年始。全館休館日
電話番号 ショップ、フロアにより異なる


このページのトップへこのページのトップへ

近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
万惣
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
株式会社前側建設
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中