スポットを探す 見る 「史跡・碑(市内)」

新島襄海外渡航の地碑

にいじまじょうかいがいとこうのちひ


後に同志社大学を創設する新島襄が国禁を犯してアメリカへ密航を企てたのが1864(元治元)年、その岸壁に1954年記念碑が建立。近くのベイエリアには襄のブロンズ像も。

「一国の良心」ともいうべき人々を育成する――。同志社の校祖・新島襄が目指した教育理念です。その基礎となったキリスト教を信仰し、そして英語を学ぶため、中国上海経由でアメリカへと渡る起点となったのが、ここ函館(当時は箱館)です。

国防強化に消極的な幕府の姿勢に疑念を抱く一方、日本語訳された「ロビンソン・クルーソー物語」に感銘を受けるなど、海外志向の強かった襄(本名・七五三太[しめた])。アメリカへの夢を日に日に募らせる中、21歳だった1864(元治元)年、チャンスが訪れます。かつて江戸から玉島(現在の岡山県倉敷市)までを航海した「快風丸」に再び乗船できることになり、幕府から監視の目が届きにくいと目論んだ函館へ。名目上は武田斐三郎の塾に入門するためでしたが、江戸に戻っていた斐三郎とは結局、会えずじまいでした。

しかし、あくまでも願いはアメリカ行き。函館で知り合った襄の良き理解者・澤辺琢磨から、イギリス人経営の外国商館で支配人だった福士宇之吉(後の成豊)を紹介してもらい、箱館-上海間を航行するアメリカ船での脱国を企てます。表沙汰になれば、襄はもちろん、宇之吉も死罪になるところでしたが、まんまと計画は成功するのでした。帰国後の活躍は、誰もが知るところでしょうから、ここではあえて触れません。

襄が脱国した場所は、かつての外国人居留地の岸壁で、函館港に浮かぶ「緑の島」に架かる橋「新島橋」の脇に位置します。地碑は、同志社大学から記念碑面を寄贈された1952(昭和27)年の2年後に建立。また、赤レンガ倉庫群方面へ2、3分ほど歩くと、海外渡航時の姿を再現した襄のブロンズ像が建っています。

関連記事

※hakobura 2009/4/1公開 2015/10 更新


新島襄海外渡航の地碑
エリア ベイエリア
所在地 函館市大町11
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333
アクセス 市電 「末広町」電停 下車  徒歩7分
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、歴史好きに、英語看板