スポットを探す 見る 「景色(市内)」

立待岬

たちまちみさき


函館山の南東に突き出ている津軽海峡に面した岬。断崖絶壁で周りを海で囲まれ、快晴の日には絶景となる。冬季は車両通行止め。

市街地から見て函館山の左端に位置する立待岬は、海に突き出る形で海抜約30mの断崖がそそり立ちます。大森浜から湯の川温泉街へと通じる海岸線 と、津軽海峡を一望できる絶景の場所で、かつて、寛永年間には北方警備のため異国船の往来を監視する台場、明治時代には函館要塞の背後を防御する要塞が築かれました。

「立待」という名は、一説でアイヌ語の「ピウス」(岩の上で魚を待ち伏せして、ヤスで獲る場所)を意訳したとされています。岬一帯の岩は、斜長石や角閃石などからなり、縞模様に見え、五稜郭築城の際、石垣の一部に使用されました。

広場の一角には、与謝野寛・晶子の歌碑が建てられています。市立函館博物館の創設者だった岡田健蔵の功績を称えるため、1957(昭和32)年8月に建立。寛が岡田氏の親友・宮崎郁雨を読んだ「濱菊を郁雨が引きて根に添ふる立待岬の岩かげの土」、晶子による「啄木の草稿岡田先生の顔も忘れじはこだてのこと」との短歌が刻まれています。
※11月中旬頃から4月中旬頃までは車両通行止め。徒歩のみとなります。また、車両通行止め解除期間でも20:00~翌朝6:00までは、夜間通行止め。

関連記事

※編集室D 2010/9/1公開 2015/10 更新


立待岬
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市住吉町
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333
アクセス 市電 「谷地頭」電停 下車  徒歩15分
駐車場 有(40台、冬期は車両通行止め)
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、自然が豊か、花の名所、無料駐車場、英語看板