スポットを探す 見る 「博物館(市内)」

函館市青函連絡船記念館摩周丸

はこだてしせいかんれんらくせんきねんかんましゅうまる


青函連絡船として就航していた「摩周丸」を利用した博物館船。操舵室、無線通信室など、現役当時のままの形で見学できる。デッキからの眺めがロマンチック。

北海道と本州を隔てる津軽海峡にはかつて、青函連絡船が航行していました。函館は北海道の玄関口となり、人の往来だけでなく、さまざまな物資が集積。1988(昭和63)年の青函トンネル開業に伴って、旅客貨物輸送の役目を鉄路にバトンタッチすると同時に、青函連絡船は惜しまれつつ廃止されました。現役引退した船舶のうち、濃い青色の船体が特徴の「摩周丸」は、資料展示とともに船内見学のできる観光名所へと生まれ変わり、 JR函館駅近くの岸壁に係留。以来、往年の姿を懐かしむ人が訪れ、同船との再会を果たしています。

JR函館駅を出て、函館朝市を脇に見ながら約300m進むと到着します。館内へ通じる2階の乗船口をくぐる瞬間は、ドキドキ感とワクワク感が交錯。入るとすぐに、当時使用されていた銅鑼(どら)や補助汽船の錨(いかり)などが出迎えてくれます。3階には船の備品や模型、歴史をつづるパネルなどが並ぶほか、椅子席に腰掛けて函館港を窓越しに眺めていると、あたかも船旅中かと勘違いしてしまいそうです。

4階は運航の中枢部を担った場所。操舵室では舵輪を握っているだけで船長気分に浸れ、無線通信室ではモールス信号の打電を体験できます。甲板に出ると、吹き抜ける潮風。ひと際高い位置にある屋上のコンパス甲板は、海面から約15mの高さに達します。このほか、多目的ホールに再現されているカーペット敷きの座席は開放感あるスペース。無造作に寝転ぶと、連絡船で行き来した修学旅行の記憶がよみがえります。

その高性能ぶりから、「海の新幹線」の1隻に数えられた摩周丸。船になじみのない人のみならず、当時の連絡船を知る人にとっても、港町・函館の歴史の一端を触れる貴重な機会になるはずです。

関連記事

※hakobura 2010/10/15公開 2015/10 更新


函館市青函連絡船記念館摩周丸
エリア 函館駅前・大門エリア
所在地 函館市若松町12番地先
電話番号 0138-27-2500
開館時間 8:30~18:00(入館は17:00まで4~10月)、9:00~17:00(入館は16:00まで11~3月)
休館日 船体修繕等の臨時休館日
アクセス 市電 「函館駅前」電停 下車  徒歩5分
駐車場 無(近隣の有料駐車場をご利用ください)
料金 大人500円 児童生徒250円 幼児・未就学児童 無料
関連リンク 函館市青函連絡船記念館摩周丸
Facebook Museum Ship Mashu Maru of Hakodate
GoogleMapで大きなマップを開く
眺望がいい、歴史好きに、幼児向け、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、オムツ替えスペース