スポットを探す 観光 「歴史的建造物(一般入場可)」

函館市旧イギリス領事館(開港記念館)

はこだてしきゅうイギリスりょうじかん かいこうきねんかん


1913(大正2)年築、1934年まで領事館として使用。1992年改装して開港記念館として一般開放。2009年、全面リニューアル。内部にはティールーム、英国雑貨店併設。

1859(安政6)年の開港とともに、アメリカ、ロシアに次いで函館では3番目に開設された領事館です。最初は当時、現在の弥生小学校付近にあった称名寺内に仮設、1863(文久3)年に現在のハリストス正教会(函館市元町3)付近に新築した後は、幾度かの大火に見舞われ、現在の建物は1913(大正2)に竣工したものです。1934(昭和9)年に領事館としての役目を終えて閉鎖され、1992(平成4)年に復元されて以降は、開港記念館として一般開放されています。函館市指定文化財(有形文化財)。
 
2009(平成21)年の開港150周年を機に、館内をリニューアルして同年3月にオープン。体験型展示に重きを置き、展示室のうち、領事執務室と家族居室は3代目領事リチャード・ユースデンが使用していた当時を再現していて、椅子に腰を掛けたり、調度品に触れることができます(一部を除く)。ユースデンは、函館公園(同市青柳町17)の造成を提唱するなど、函館の町づくりに尽力した人物です。
 
開港ミュージアムでは、ペリー来航をきっかけに開港するまでの歴史をパネルで学べるほか、室内に置かれた木樽のスコープをのぞき込むと、町風景の移り変わりや、外国人が音楽に合わせてユニークに踊る動画を見て楽しめます。天井がガラス張りの開港記念ホールには、古い絵地図「箱館真景」を基に、ペリーのたどった航路や世界地図をダイナミックに描いたカラフルなカーペットが敷かれています。また、開港当時の町並みに自分の顔を映し出せる「函館ハイカラスクエア」では、一風変わった記念写真を収めることができます。
 
1階のティールームでは、本場イギリスの紅茶や焼き菓子などを用意。中庭にある、60種149株(平成28年7月現在)を植え込んだバラ園は、例年6月下旬~8月上旬が開花の見頃です。英国雑貨を扱うショップ「クィーンズメモリー」とともに、開港記念館に入館しなくても利用できます。
 

※hakobura 2009/4/1公開 2016/10 更新


函館市旧イギリス領事館(開港記念館)
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市元町33-14
電話番号 0138-27-8159
開館時間 9:00~19:00(4月~10月)、9:00~17:00(11月~3月)
休館日 無休
料金 大人300円、学生・生徒・児童150円
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩5分
駐車場
関連リンク 函館市旧イギリス領事館
GoogleMapで大きなマップを開く
入館できる古建築、明治・大正の建物、指定文化財等、歴史好きに、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、英語看板


このページのトップへこのページのトップへ