スポットを探す 観光 「教会・修道院」

函館ハリストス正教会

はこだてハリストスせいきょうかい


日本初のロシア正教会聖堂。白壁と緑屋根の対比が美しく、函館を代表する歴史的建造物。現存する聖堂は1916年築。週末などには美しい鐘の音色が響きわたる。

異国情緒漂うエキゾチックな町並みを形作る洋風建築物の代表格と言えるのが、函館ハリストス正教会です。白壁と緑屋根の外観に加え、美しい音色を奏でる鐘があることも有名で、市民には「ガンガン寺」の愛称で親しまれています。鐘の音は「日本の音風景100選」認定。
 
1859年、初代ロシア領事ゴシケヴィッチが現在の教会所在地にロシア領事館の敷地を確保しました。翌1860年、領事館付属聖堂として創立されたのが、初代の聖堂です。1861年に来函した青年司祭ニコライが、この聖堂を拠点に日本で初めてロシア正教を布教しました。1907年に起きた大火で建物を焼失しましたが、1916年にロシア風ビザンチン様式の聖堂として再建され、1983年に国の重要文化財に指定されました。
 
レンガ造りの建物は壁を白色の漆喰塗仕上げにし、屋根は緑色の銅板を用いています。屋上には冠型をしたクーポル(ドーム状の小塔)が6つあり、それぞれに十字架が添えてあります。
 
正面玄関上にそびえる八角形の鐘塔に、現在取り付けられている鐘は5代目。1996年、環境庁「日本の音風景100選」に認定されました。この鐘の音は、毎週土曜日午後5時の徹夜祷、日曜日午前の聖体礼儀など、1回あたり3~5分間にわたって函館山の麓一帯に響きます。
 
関連記事

※hakobura 2009/4/1公開 2016/11 更新


函館ハリストス正教会
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市元町3-13
電話番号 0138-23-7387
開館時間 平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日13:00~16:00
休館日 12月26日~3月15日(成人式、ひかりの小径、さっぽろ雪まつり期間を除く)
料金 200円(拝観献金)
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩15分
駐車場
関連リンク 日本正教会
関連リンク 函館ハリストス正教会
GoogleMapで大きなマップを開く
入館できる古建築、明治・大正の建物、指定文化財等、眺望がいい、歴史好きに、英語看板


このページのトップへこのページのトップへ