スポットを探す 観光 「博物館(市内)」

北島三郎記念館

きたじまさぶろうきねんかん


学生時代の北島三郎から現在に至るまでを、楽しみながら知ることができる体験型記念館。特別公演のフィナーレを見事に再現した、華やかなシアターゾーンは必見。

北島三郎記念館は、函館近郊の知内町出身・歌手北島三郎さんの苦難から成功までのひとすじの軌跡を体感できる施設。館内は3つのゾーンに分かれており、スタッフのガイドを聞きながら約40分間で見てまわれるようになっています(なかには、2周、3周してじっくり見ていかれるかたもあるそうです)。

2階の「ヒストリーゾーン」には、高校時代のサブちゃんと一緒に乗車する通学列車や、上京時の青函連絡船、東京・渋谷での流し歌手、下積み時代などの様子を再現したコーナーや、レコード・CDジャケット全231枚と貴重な映像を見ながら、大いなる足跡をたどるコーナーなど。ジャケットに書かれている曲のタイトル一つとっても、こだわりがこめられているのがよくわかります。

3階の「シアターゾーン」に上がると、記念館最大の見どころである大迫力の北島三郎オン・ステージの開催です。イルミネーション輝く大きな宝船に乗ったサブちゃんが、かたわらの大型スクリーンにライブ映像が映し出されるなか、名曲「まつり」を熱唱。特別公演のフィナーレを見事に再現しています。公演後には、来館されたお客様を感謝を込めてお見送りするサブちゃんのブロンズ像と、がっちり握手することもできます。こちらで握手をすると、幸運が訪れるというお話も......。

館内1階には、オリジナルグッズやお土産が数多く取り揃えられた「サブちゃんショップ・ゾーン」があります。なかでも、北島三郎さんの名前にちなんだ3×6(サブロウ)=18個入りおまんじゅうや、記念館限定の人形焼きなどが人気です。

ベイエリアのウイニングホテルの建物内にあり、アクセスも便利。ファンのかたはもちろんのこと、若い世代のかたにも、北島三郎さんの歌に対する思いや苦難を乗り越えた姿をじっくりと見てほしい記念館です。


※記者TT メイン写真提供/北島三郎記念館 2012/10/23取材、10/28公開 2016/11 更新


北島三郎記念館
エリア ベイエリア
所在地 函館市末広町22-11 Winning Hall 1~3階
電話番号 0138-26-3600
開館時間 9:00~18:00(最終入館)
休館日 無休
料金 大人1540円、小学生400円、幼児無料
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩1分
駐車場 有(無料/40台)
関連リンク 北島三郎記念館(Winning Hall)
GoogleMapで大きなマップを開く
雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi‐Fi(Softbank)、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)


このページのトップへこのページのトップへ