スポットを探す 観光 「景色(市内)」

函館山展望台

→詳細情報
函館市と近郊を一望できる展望台。両側を海に囲まれた独特の地形が演出する眺望、特に凛とした空気にきらめく夜景が満喫できる。風が強く、冬以外でも寒さ対策は万全に。
所在地 函館市函館山
開館時間 屋内展望台10:00~22:00(10/16~4/24は21:00まで)
休館日 無休
電話番号 0138-23-6288

五稜郭タワー

→詳細情報
五稜郭公園を眺望する107mの高さを持つタワー。2006年の建て替え後は、星形の五稜郭をしっかりと確認できるようになった。箱館戦争の歴史を語る展示物も興味深い。
所在地 函館市五稜郭町43-9
営業時間 8:00~19:00(4月21日~10月20日) 9:00~18:00(10月21日~4月20日)
定休日 無休
電話番号 0138-51-4785

外国人墓地

→詳細情報
1854(安政元)年のペリー来航時に亡くなった2人の水兵を葬ったことに始まる外国人墓地は、海に面した景勝ポイントにある。プロテスタント墓地、ロシア人墓地などがある。
所在地 函館市船見町23
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

穴澗海岸

→詳細情報
函館山の「裏側」にある絶景の海岸。GLAYのTERUさんが思い出の場所として紹介したスポットでもある。天気のいい日には、正面に沈む美しい夕日が見られる。
所在地 函館市入舟町
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧桟橋(東浜桟橋)

→詳細情報
かつて、沖に停泊した連絡船からの上陸に用いられた桟橋。函館駅近くに鉄道桟橋ができるまで函館唯一の桟橋だった。現在はベイエリアの夜景を演出する絶好のスポットである。
所在地 函館市末広町24
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

立待岬

→詳細情報
函館山の南東に突き出ている津軽海峡に面した岬。断崖絶壁で周りを海で囲まれ、快晴の日には絶景となる。冬季は車両通行止め。
所在地 函館市住吉町
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

千畳敷

→詳細情報
函館山の南側部分の山頂部に広がるなだらかな草原。函館山登山道の中では厳しい「七曲コース」から登るのが近道。展望台方面からの道も。旧要塞跡が点在。
所在地 函館市千畳敷
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

函館山

→詳細情報
標高334mで「牛が寝そべるような」外観から「臥牛山」とも呼ばれる。明治時代から昭和20年まで要塞として利用されて立入禁止となり、今も砲台など戦争の痕跡が残る。
所在地 函館市函館山
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

ともえ大橋

→詳細情報
ベイエリアを縦断する全長1924メートルの臨港道路。海側に広めの歩道が設けられ、函館港を見渡す絶好のビュースポットになっている。花火大会の観覧にも人気。
所在地 函館市大手町~万代町
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

大森浜(啄木小公園)

→詳細情報
住吉漁港から松倉川河口付近までの海岸のこと。かつては付近一体に砂山が広がっていた。イカ漁の時期には漁火が美しく、元旦には海上からの日の出が見られる。
所在地 函館市日乃出町25
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません


このページのトップへこのページのトップへ

グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
株式会社前側建設
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
万惣
広告募集中