スポットを探す 観光 「坂」

二十間坂

→詳細情報
その名の通り道幅が二十間(約36m)ある坂。この幅は何度も函館を襲った大火に備えてのもの。冬期にはライトアップされ、明治館前まで続くイルミネーションを楽しめる。
所在地 函館市末広町
電話番号 0138-27-3333

大三坂

→詳細情報
和洋折衷の建物と石畳のエキゾチックさが高い評価を受け、国土交通省が定めた「日本の道100選」に認定された坂。特に秋が深まる紅葉の時期は風情があり美しい。
所在地 函館市末広町
電話番号 0138-27-3333

チャチャ登り

→詳細情報
「チャチャ」とは「おじいさん」の意。あまりにも急な坂で誰もが腰を曲げて登ることから名付けられたそう。登り切って振り返ると函館らしい絶景を拝むことができる。
所在地 函館市元町
電話番号 0138-27-3333

八幡坂

→詳細情報
函館山からの夜景と並んでビュースポットとして紹介されることが多い坂道。かつてこの坂を登り切ったところに函館八幡宮があったとされ、名の由来となっている。
所在地 函館市末広町
電話番号 0138-27-3333

日和坂

→詳細情報
港の旧桟橋から船魂神社までまっすぐに伸びている坂。かつては広い港を一望でき、空模様をよく判断できたことからこの名前が付いた。西高生の通学路にもなっている。
所在地 函館市末広町
電話番号 0138-27-3333

基坂

→詳細情報
明治時代に里数を測る基点となる「里程元標」が立ったことからこの名前が付いた。坂を登り切った所には元町公園や旧函館区公会堂など有数の観光スポットである。
所在地 函館市末広町
電話番号 0138-27-3333

東坂

→詳細情報
函館の港が一望できる心臓破りの坂。最大斜度は14.36度と厳しいが、上りきってから見渡せる景色は一見の価値あり。途中道内最古の写真館・旧小林写真館や、中華会館がある。
所在地 函館市大町
電話番号 0138-27-3333

弥生坂

→詳細情報
函館の主要な坂の中では最長。かつては2本の坂だったが、明治12年の大火後現在のような1本の坂となった。この時、地域の繁栄・発展を祈り「弥生」の名が付いた。
所在地 函館市大町
電話番号 0138-27-3333

常盤坂

→詳細情報
「芝居町の坂」や「見返り坂」など、かつての繁栄を偲ばせる多くの通称が付いていた坂。現在は閑静な住宅街。和洋折衷の特徴を持つ民家も多数建ち並ぶ。
所在地 函館市大町
電話番号 0138-27-3333

姿見坂

→詳細情報
西埠頭からまっすぐに山へ伸びる坂。かつて存在した遊郭の女性たちを見ることができたことから、この名前が付いた。上りきった場所から見る景色は隠れたビュースポット。
所在地 函館市弥生町
電話番号 0138-27-3333


このページのトップへこのページのトップへ