スポットを探す 観光 「景色(市外)」

函館七飯ゴンドラ

→詳細情報
駒ケ岳、大沼、噴火湾など、みなみ北海道の大パノラマが魅力のゴンドラ。往復30分の空中散歩と山頂の自然散策が楽しめる。大沼公園駅、新函館北斗駅からシャトルバスあり。
所在地 北海道七飯町東大沼666
営業時間 GW~10月末の9:00~15:30(7月中旬~8月中旬は18:30まで)
定休日 なし
電話番号 0138-67-3355

駒ケ岳

→詳細情報
特徴的なトンガリを持つ火山。この形になったのは3~5万年前の大噴火の影響なのだとか。1998年以降入山禁止となっていたが、2010年に入山規制が一部緩和された。
所在地 北海道亀田郡七飯町西大沼
電話番号 0138-65-2517

白鳥台セバット

→詳細情報
大沼国定公園の一角で、冬でも湖面が凍結することなく、渡り鳥の休息場所になっており、オオハクチョウとカモを間近に見ることができる。セバットは、狭まった場所の意。
所在地 北海道亀田郡七飯町西大沼
開園時間 見学自由
電話番号 0138-67-2170

日暮山展望台

→詳細情報
大沼国定公園と駒ヶ岳を一望できる標高303mの山。眺望のよさに、日が暮れるまで景色に見入ってしまったということからこの名前がついたそう。山頂近くまで車で行ける。(冬季期間は不可)
所在地 北海道亀田郡七飯町西大沼
電話番号 0138-67-3020 ※カーナビ検索には使えません

城岱牧場(管理棟展望台)

→詳細情報
放牧された牛がのんびりと草を食べる牧場。南に函館山、南西に大野平野を一望し、夜には「裏夜景(七つ星夜景)」の鑑賞スポットに。2012年5月、屋内展望台を新設。
所在地 北海道亀田郡七飯町上藤城564
開館時間 10:00~16:00(4月下旬~11月中旬)
休館日 11月中旬~4月下旬 ※2016年は11月13日で終了(城岱スカイラインは2016年11月18日9:00~2017年4月25日9:00閉鎖)
電話番号 0138-65-2517

きじひき高原(パノラマ展望台)

→詳細情報
北斗市木地挽山の高原にある展望台。標高560mのところにあり、大野平野・函館市街や函館山、大沼小沼、駒ヶ岳を見渡すことができる。4月下旬から10月末まで開放されている。
所在地 北海道北斗市村山174
開館時間 8:30~20:00
休館日 10月末~4月下旬 ※2016年11月1日~2017年4月下旬はゲートが閉鎖
電話番号 0138-77-8381

赤松街道

→詳細情報
函館から大沼に向かう国道5号(札幌本道)沿いに明治初期に植えられた赤松並木。約1400本の立派な赤松が目をひく。日本の道百選、歴史国道、土木遺産に選定。
所在地 亀田郡七飯町
電話番号 0138-65-2517

鳥崎八景

→詳細情報
国道5号線から鳥崎川に沿って上流に向かう途中に現れる。キャンプを楽しめる多目的広場も設置され、最奥部の上大滝と呼ばれる滝は一見の価値あり。
所在地 北海道茅部郡森町字霞台
電話番号 01374-7-1286(森観光協会)、01374-7-1284(森町役場商工労働観光課) ※カーナビ検索には使えません

黒松並木

→詳細情報
道道大沼公園鹿部線に並ぶ黒松並木。昭和4年の駒ヶ岳大噴火で失われた木々を取り戻すために植樹したとのこと。よく晴れた日の青々とした松と空のコントラストが美しい。
所在地 北海道茅部郡鹿部町宮浜
電話番号 01372-7-3500 ※カーナビ検索には使えません

三味線滝

→詳細情報
鹿部町中心部から車でおよそ5km。国道278号線沿いに見えるのがこの三味線滝だ。駐車場が併設されているので、勢いよく流れる滝を気軽に見ることができる。
所在地 北海道茅部郡鹿部町大岩
電話番号 01372-7-3500 ※カーナビ検索には使えません


このページのトップへこのページのトップへ