スポットを探す 観光 「史跡・碑(市外)」

松前藩戸切地陣屋跡

→詳細情報
箱館の開港にともなって蝦夷地の防衛を強化するため、松前藩が構築した日本最初の洋式城塞。箱館戦争で進撃を受け、現在は土塁や空堀などが残るのみ。国指定史跡。
所在地 北斗市野崎66
電話番号 0138-73-3111

箱館戦争官軍上陸の地碑

→詳細情報
函館から車で約2時間の乙部町に残る、箱館戦争の足跡。1869(明治2)年、乙部の海上に新政府軍の大艦隊が来襲、旧幕府軍追討のために上陸し、交戦した。
所在地 爾志郡乙部町元町171
電話番号 0139-62-2311

榎本軍鷲ノ木上陸地跡

→詳細情報
森町鷲の木の駒ケ岳を望む海岸に建つ木柱は、1868(明治元)年10月、榎本武揚率いる旧幕府脱走軍3000名が上陸した地点。ここを拠点に箱館への進軍を開始した。
所在地 北海道茅部郡森町鷲ノ木町
電話番号 0137-42-2186 ※カーナビ検索には使えません

稲倉石古戦場 碧血碑

→詳細情報
厚沢部・稲倉石は1868(明治元)年の松前軍と旧幕府軍の激戦地。碑は1919(大正8)年、松前藩関係者により、慰霊碑として建立。その後ダム建設により現在地に移設。
所在地 北海道檜山郡厚沢部町峠下
電話番号 0139-64-3318 ※カーナビ検索には使えません

台風海難者慰霊碑(洞爺丸慰霊碑)

→詳細情報
1954(昭和29)年の台風15号で洞爺丸など5隻の青函連絡船が七重浜沖で遭難。死者・行方不明者は1430名という未曽有の海難事故。慰霊碑は事故の翌年建立。
所在地 北斗市七重浜8丁目
電話番号 0138-73-3111

山越内関所跡とJR山越駅

→詳細情報
享和元(1801)年、函館から移設された日本最北の関所。蝦夷地への通行人の往来手形改めが行われた。JR山越駅はその関門のイメージを復元。
所在地 北海道ニ海郡八雲町山越
電話番号 0137-63-3131 ※カーナビ検索には使えません

禅燈寺の仁王像

→詳細情報
明治33年(1900年)創建の曹洞宗寺院。境内をJR江差線の線路が通ることで有名だった(2014年廃線)。山門の勇壮な仁王像は道内有数の木仏像とされる。
所在地 北海道上磯郡木古内町字鶴岡103
電話番号 0139-22-5261

鷲ノ木遺跡・ストーンサークル

→詳細情報
発掘調査によって森町の自動車道の建設地で発見された、縄文時代後期の竪穴墓城と巨大なストーン・サークル。2007年国指定史跡に認定。
所在地 北海道茅部郡森町鷲ノ木町
営業時間 不定期に見学会を開催中 詳細は森町HPにて周知します
電話番号 0137-42-2186

国指定史跡勝山館跡

→詳細情報
勝山館は15世紀後半に築かれた山城で、蝦夷地に進出した和人の交易とアイヌの攻撃からの防衛が目的。日本海の眺望も素晴らしく、ガイダンス施設の展示も充実。
所在地 北海道檜山郡上ノ国町勝山
電話番号 0139-55-2230 ※カーナビ検索には使えません

梅村庭園

→詳細情報
JR八雲駅から徒歩10分、八雲公民館横にある池泉回遊式庭園。八雲町指定文化財、日本造園学会北海道支部「北の造園遺産」認定。
所在地 北海道二海郡八雲町末広町151
開園時間 5月~10月は9:00~17:00、11月~12月28日と4月は10:00~16:30
休園日 5月~10月は月曜(祝日の場合は翌日)、11月~4月は月曜・祝日、12月29日~3月31 日(冬季閉園)
電話番号 0137‐63‐3131 ※カーナビ検索には使えません


このページのトップへこのページのトップへ

グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
株式会社前側建設
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
万惣
広告募集中