スポットを探す 観光 「銅像・記念物」

青函連絡船ゆかりの錨

→詳細情報
青函連絡船ゆかりの錨が、函館市青函連絡船記念館摩周丸が保存係留されている旧函館桟橋周辺に設置されている。洞爺丸事故後に青函連絡船で実際に使用されたもの。
所在地 函館市若松町12番地先
電話番号 0138-21-3486 ※カーナビ検索には使えません

アーレンスフォックス号(ポンプ消防車)

→詳細情報
1919(大正8)年から1954(昭和29)年までの35年間、函館市内で実際に使われていたクラシカルなアメリカ製ポンプ消防車。現在は函館市消防本部1階で保存・展示。
所在地 函館市東雲町5-9
開館時間 8:45~17:30
休館日 土日祝日
電話番号 0138-22-2142

寝台特急「北斗星」客車

→詳細情報
1988~2015年に上野・札幌間で運行されていた寝台特急「北斗星」の客車2台が、かつて実際に走っていた沿線の函館近郊の北斗市で保存・展示、一般公開されている。
所在地 北海道北斗市茂辺地3-3-16
開館時間 11月上旬までの日曜日10:00~15:00
休館日 月~土曜日
電話番号 0138-73‐2408

土方歳三ブロンズ像

→詳細情報
新選組副長から旧幕府軍陸軍奉行並に転じ、箱館戦争で戦死した土方歳三の像。五稜郭タワー創業40周年を記念して制作。五稜郭タワー内アトリウム内にある。
所在地 函館市五稜郭町43-9
営業時間 8:00~19:00(4月21日~10月20日)、9:00~18:00(10月21日~4月20日)
定休日 無休
電話番号 0138-51-4785

榎本武揚之像

→詳細情報
箱館戦争時、旧幕府脱走軍の総裁だった榎本武揚の功績を称え、榎本の号である梁川(りょうせん)にゆかりの梁川(やながわ)公園内に建立された銅像。
所在地 函館市梁川町24-2
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

新島襄ブロンズ像

→詳細情報
港にたたずむ新島襄のブロンズ像。1864年、箱館から密出国すべく、1艘の小舟に乗り込んで外国船に向かう姿を再現している。近くに新島襄海外渡航の地碑もある。
所在地 函館市末広町24
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

高田屋嘉兵衛銅像

→詳細情報
エトロフ航路の開発や北方漁場の経営、江戸幕府の代理人としてロシアとの交渉に当たったことでも知られる、江戸時代の豪商「高田屋嘉兵衛」の銅像。護国神社坂に建つ。
所在地 函館市宝来町9
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

ペリー提督来航記念碑

→詳細情報
1854(安政元)年、函館が開港する契機となる米国のペリー提督率いる黒船5隻が函館に来航。その150周年を記念し、2002年、基坂沿いの元町公園下にペリーの立像が設置された。
所在地 函館市弥生町2
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

久慈次郎銅像

→詳細情報
日本最古の硬式野球クラブ「函館太洋(オーシャン)倶楽部」の名捕手として活躍、社会人野球の発展に尽力。記念碑は39回忌の1977(昭和52年)、ゆかりの球場内に建立。
所在地 函館市千代台22-26
電話番号 0138-55-1900 ※カーナビ検索には使えません

函館アリーナ GLAY展示スペース

→詳細情報
湯の川温泉に近くにある多目的施設「函館アリーナ」に、こけら落とし公演後、メンバーから函館市に贈られたサイン入りギターやTシャツなどが展示してある。
所在地 函館市湯川町1-32-2
開館時間 9:00~22:00
休館日 器材点検日(月1~2回)、年末年始
電話番号 0138-57-3141


このページのトップへこのページのトップへ

男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
万惣
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
株式会社前側建設
金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
広告募集中