あなたのテーマでディープな函館 「競馬」

初めての函館競馬場、ワクワク体験レポート

110618k09.jpgJRA(日本中央競馬会)の函館競馬、2016年は6月18日に開幕! この後7月24日までの間、毎週土日にJRA函館競馬場でレースが開催されます。国内有数の観光地での開催ということもあって、函館競馬には毎年芸能人を含め、日本全国から多くの競馬ファンが集います。

「行ってみたいなぁ」という人は多いと思いますが、初めてだと「おじさんばっかりじゃない? 大丈夫かな?」などなど、少し不安があるかもしれません。

そこで、函館競馬場に行くのは初めてという競馬初心者のOLカナさんが、2011年函館競馬を体験したレポートをお届けします。題して「私を競馬場に連れてって!」。さあ、ごいっしょに覗いてみましょう。

 

◆入場券100円、芝生エリアはピクニック気分!

110618k43.jpg函館競馬場に行くなら路面電車がおすすめ。「競馬場前」電停で下りると、すぐ目の前です。2010年6月に総工費120億円をかけて新装オープンした函館競馬場は、見るからに巨大で広々とした雰囲気。観覧席や休憩スペースもたくさんあります。屋上からは津軽海峡の海と函館山が一望できる、ぜいたくなロケーション。ちなみに、JRAのものとしては海が見える唯一の競馬場でもあります。

さっそく入場券(100円)を買ってゲートを通り、建物の中に入ります(下左)。まずは今日の発走表をもらい(下中)、エスカレータで2階へ。着いたところにインフォメーションがあるので、わからないことは何でも聞いてみましょう(下右)。

2階にはスタンド席。階段を下りると、コース前の芝生エリア(ターフシート)。「すごい人ですねー。芝生にシートを敷いて家族で座ってたりして、ピクニック気分で楽しそう!」とカナさん。思わずビールでも飲んで芝生に寝転がりたくなるところをグッと抑えて、今日の目的である競馬モードへ。

 

110618k04.jpg 110618k06.jpg 110618k52.jpg


◆パドックで馬を下見。間近で迫力満点!

まずは出走前の競走馬を間近で見られる「パドック」に行ってみましょう。パドックは、出走馬をレース前に観客に見せる場所。
「やるぜやるぜ」という感じで頭を激しく振っている馬がいたり、「ブルルルル」と荒々しく鼻息を立てる馬がいたり。
間近で馬の毛並みを見たカナさん、「私より毛つやがいいかも」。
初心者はパドックを見ても全然参考にならないかもしれませんが、もしかしたら何かピンと来るものがあるかもしれません。

110618k18.jpg 110618k11.jpg


◆予想ができたら、勝ち馬投票券(馬券)を購入。

110618k16.jpgパドックを見学したら、場内に表示されているオッズ(倍率)を参考にしつつ、勝ち馬を予想。場内では競馬新聞も売られているので、当てたい方は迷わず買いましょう。新聞の予想を参考にしたり、予想とは全然関係なく、ひらめいた数字やラッキーナンバーを選んでみるのもいいかも。カナさんは、競馬新聞と偶然会ったお友達の意見を参考に、6番と9番の馬が来ると予想しました。

競馬に参加するには、勝ち馬投票券(馬券)を買わなければいけません。初めてだと要領がサッパリわからないと思いますが、そんな時は、買い方を教えてくれるコーナーで尋ねてみましょう(下左)。まず予想した馬をマークシートに記入、購入機にお金とマークシートを入れるだけ(下中)。自動的に勝ち馬投票券が発行されます。もちろん、有人窓口で買うことも可能。

さあ、あとは予想した馬が勝つことを願って、レースを観戦することに全力を注ぎましょう!

 

110618k30.jpg 110618k31.jpg 110618k13.jpg


◆いよいよ出走! ビギナーズラックはあるか?

110618k14.jpg「いけー!きたきたきたきたぁぁぁぁーーーーっ!」と大声で声援を送るのが正しい競馬の楽しみ方(笑)。青空の下で大きな声を出して、競馬ってけっこう健康的です。

と思っているうちに、予想した馬がもつれあってゴール。「あれ? 勝った? 勝った?」とカナさん。予想した2頭が1着2着に入ったように見えたのですが、2着と3着は写真判定に。

ほどなくして判定結果が確定。大型ビジョンに映し出されたレース結果は......「1着9番、2着6番」。見事的中で「やったぁぁぁぁぁ」と大喜び。当たった馬券は、機械に通すと払戻金が受け取れます。100円買ってオッズが5.2倍だったため、520円の払い戻し。「200円買ってたら1040円だったんですよね? 1000円だったら5200円かぁー」と夢は広がりますが、どうかほどほどに。

 

110618k38.jpg 110618k12.jpg

 

◆おなかが減ったら、屋台やフードブースへ

110618k25.jpg 110618k46.jpg 110618k48.jpg

場内には、レストランやファストフードコーナーもあります。
馬券を当てて上機嫌のカナさんは、ラッキーピエロ製トンカツをはさんだ「勝旨(かちうま)バーガー」と、
函館の有名店「あじさい」の塩ラーメンをチョイス。勝利の美酒は「ホワイトホース」を使用した「馬ハイボール」です。

この日の感想は、「きれいだし家族連れやカップルも多くて雰囲気もいいし、レースのたびにあちこち移動したり、パドックとスタンドと購入窓口を行ったり来たりで、意外と運動になるし。そんなにお金をかけなくても一日楽しめますね」。
まだ函館競馬場に足を運んでことがないという皆さんも、ぜひ来場して楽しんでくださいね。

最新の開催・イベント情報はこちら

※記者K 2011/6/18取材、2016/6/4更新

関連記事