あなたのテーマでディープな函館 「温泉」

体も心もあったまる、函館の温泉ガイド

130819G01a.jpg
(函館市民の憩いの場、谷地頭温泉)

函館市民は大の温泉好き。自宅にお風呂があっても温泉の回数券を持ち、マイカーにいつも「温泉セット」を乗せて、お気に入りの温泉でつかれを癒すのが日常になっているほど、温泉は身近な存在です。函館の市内や郊外にはバラエティにとんだ温泉施設が数多くあり、観光の途中でも気軽に訪ねることができます。天然温泉を利用した銭湯スタイルの入浴施設や、宿泊施設の提供する日帰り入浴など、ゆったりとしたひと時を過ごせる温泉をご案内しましょう。


◆湯の川温泉で手軽な「日帰り入浴」

34e.jpg
(湯の川温泉の温泉旅館街)

「湯の川温泉」は、空港から車で約5分、路面電車でも気軽に行ける温泉地として、多くの観光客が訪れます。温泉街にはさまざまなホテル・旅館が建ち並び、インターネットの旅行サイトのアンケートでも上位にランクインされるなど、人気の高さがうかがえます。

161020G01l.jpg
(日帰り利用ができるホテル万惣の「湯蔵」)

一部の宿泊施設では「日帰り入浴」も利用できるようになっていて、宿泊者でなくても、個性豊かな温泉で手軽に入浴ができるのが魅力的です。

関連記事


◆路面電車で訪ねる庶民的な「街なか温泉&銭湯」

170202TT01.jpg
(路面電車の終点のひとつ、谷地頭電停)

観光のメインエリアをつなぎ、市民の足、観光客の足として走る路面電車に乗って、温泉に出かけるのも風情のあるもの。市電の停留所から徒歩圏内にある温泉や銭湯も多くあります。タオルやシャンプーなどのレンタルや販売を行なっているところもありますので、気軽にどうぞ。

130819G02a.jpg
(五稜郭をかたどった谷地頭温泉の露天風呂)

谷地頭温泉は、函館山のふもとにある函館を代表する温泉のひとつ。地元の人の暮らしが垣間見える、のんびりとした雰囲気が漂います。そのほか、市内には温泉が楽しめる銭湯や、函館駅から徒歩圏内の「天然温泉 はこだて大森の湯」、市電の柏木町電停から徒歩圏内の日帰り入浴施設「函館乃木温泉なごみ」など、街なかに個性的な温泉施設があります。

関連記事


◆宿泊ホテルで楽しむ「とっておきの温泉」

170214TT03.JPG
(ラビスタ函館ベイ最上階の空中楼閣 「海峡の湯」)

函館の宿泊施設にある温泉施設も、それぞれに特徴をもつところが多いもの。ホテルの最上階に設けられていたり、函館港や津軽海峡に面しているところにあったりと、自慢の温泉で宿を選ぶのもお楽しみになります。なかには、あかすりやエステなどを行なっているところもあり、日ごろの疲れを癒やすには最適です。

関連記事


◆ドライブの途中に、函館近郊の「立ち寄り温泉」

121215TT03.JPG
(ななえ天然温泉 ゆうひの館の木々に囲まれた露天風呂)

市内から少し足をのばして、近郊の大沼国定公園にかけてのエリアにも、気軽に立ち寄ることのできる日帰り温泉施設が数多くあります。それぞれ泉質や雰囲気が異なり、バリエーションも豊富。広々とした休憩スペースが設けられており、ゆったりとくつろげるのも魅力的です。

関連記事


◆「足湯」で気軽に温泉気分

150325TT8-2湯の川温泉足湯1.jpg
(市電の湯の川温泉電停そばの足湯「湯巡り舞台」)

お湯の前に腰掛けて足をつける「足湯」。街歩きの途中に気軽に温泉気分を味わうことができて、足の疲れだけでなく、心も癒されるスポットとして幅広く親しまれています。隣り合わせた地元の人とふれあいも、楽しみのひとつ。湯の川温泉のほか、ベイエリアの函館ベイ美食倶楽部敷地内にも「足湯広場」があります(冬期休業)。

関連記事


◆番外編 温泉に入るサルを眺めてほっこり

111222M03.JPG
(おサルまで温泉好き! 熱帯植物園のサル山温泉)

湯の川にある函館市熱帯植物園の屋外には、サル山があり、毎年12月から翌年のゴールデンウィークまで、温泉につかってあたたまるサルたちが見られます。人間のように温泉を楽しむ姿は、どこかユーモラスでかわいらしいと評判。見ているだけで、心があたたかくなります。

関連記事


※まとめ/記者TT 2017/2/14公開