あなたのテーマでディープな函館 「ファミリー」
170605G01.jpg

2016年7月、函館駅前の新たなランドマークとして開業した複合ビル「キラリス函館」。JR函館駅中央口の真正面にあるため、駅を出て一番最初に目に入る建物のひとつです。ここにはかつて「和光(WAKO)」というデパートがありましたが、再開発ビルとして生まれ変わりました。

その3階にあるのが、先端的な科学技術などを活用した様々な不思議体験ができる「はこだてみらい館」です。「科学技術」といっても、函館観光がより楽しくなる仕掛けが施された、子どもから大人まで気軽に楽しむことができる施設。そんな「はこだてみらい館」の魅力をたっぷりご紹介しましょう。

続きを見る
20150117c07.jpg

「函館で雪遊びをしたい!」というファミリーや、外国人のかたがたくさんいらっしゃいます。真っ白な雪にまみれて遊ぶのは、とっても楽しいものです。

函館はよく「雪国」ではないと言われます。日常生活で雪かきに苦労するのは、ワンシーズンに数えるほどですが、市街地から車で40分ほどの道南四季の杜公園は、たっぷりの雪に覆われて、思いっきり雪遊びを楽しむことができます。空気が澄んでいるときには函館山や津軽海峡を見渡せる、丘の上にあるこの公園。春から秋には様々な花によって彩られていますが、雪の時期にも多彩な表情を見せて、雪国気分を味わわせてくれます。

1月半ば、雪が大好きな小学生3人と2歳の幼児を連れて、そりすべりとかんじきウォークを楽しんできました。

続きを見る
140818M01.JPG
北海道旅行で自然をゆったり味わうには、やっぱりキャンプ! でも、キャンプって、未経験者には荷物や手間の面でハードルが高く感じられることも......。

函館市街から車で約30分、空港から約10分の「白石公園はこだてオートキャンプ場」は、テントやマット、寝袋、テーブルやイスをまとめて借りられる「手ぶらパック」がある、初心者にもおすすめのキャンプ場。近場に大きなショッピングセンターもあり、車で移動するファミリーの函館旅行でも、気軽にキャンプが楽しめます。

はこぶらチームで体験した夏のキャンプをレポートします。

続きを見る
140805C09.jpg
湯の川温泉街にある「函館市熱帯植物園」。子どもと一緒の函館旅行で楽しい思い出を作るのにおすすめの、地元で愛されているレジャースポットです。

熱帯植物の温室だけでなく、サル山や遊具もあり、夏には「水の広場」も大人気! 隣接する砂浜は、目の前に広がる津軽海峡の向こうに函館山を望めるビュースポットでもあります。

今回は「はこぶら」のママ記者が、夏休みの小学生たちと2歳児を連れて、熱帯植物園を楽しみ尽くしてきました。

続きを見る

201476h36.JPG

お子さんと一緒の夏の旅行、自然のなかで楽しくアクティブに遊べるリゾート地、大沼に出かけてみませんか?

函館から車で40分の「グリーンピア大沼」は、外で体験できる多彩なアクティビティあり、室内の遊技場あり、温泉ありで、子供も大人も満足の総合レジャー施設です。「帰省中の孫を連れていくと喜ばれる」「夏休みの遊び放題チケットがお得」と、函館市民もご愛用。宿泊してたっぷり遊ぶこともできますし、日帰りで利用することもできます。

はこぶらママ記者が、子どもと一緒に半日リゾートを楽しんできました。おすすめアクティビティをご紹介しましょう(文中の料金はすべて税込。営業期間等は2015年のものです)。


続きを見る