あなたのテーマでディープな函館 「市電・バス・船」
170120hakobura01.jpg

函館で、JRや市電、バスなどの公共交通機関を利用して目的地に向かうとき、乗り換えがあると少し不安になりますね。「次の乗り場への移動はどれくらい?」「目印になる建物は?」などがよくわかる、おもな交通ターミナルでの乗り換えガイドをお届けしましょう。

続きを見る
160531TOP.jpg

函館旅行の楽しみは、夜景観賞やグルメや歴史散策ばかりではありません。北海道新幹線が開業して、函館や近郊でさまざまな種類の電車を見る楽しみが増えました。電車がお好きなかたや子どもたちもワクワク、函館で楽しめるいろいろな電車をご案内しましょう。

続きを見る
20151013x01b.JPG

函館を訪ねたら一度は乗りたい「市電(路面電車)」。観光のメインエリアをつなぐ頼れる足であり、街並みに溶け込む愛すべき存在です。路面電車が初めてのかたには、乗ること自体がドキドキの体験。「どこから乗るの?」「行き先の見分けかたは?」「料金はどうやって払うの?」などなど、市電を利用するときに知っておきたい乗り方の基本をまとめてみました。


続きを見る
161127G01.JPG

函館バスの指定区間内の路線が1日乗り放題、函館バス専用1日乗車券「バス一日のりほ~だいきっぷ カンパス」で、函館の主要観光スポットを巡る旅はいかがですか。函館駅前を起点に運行されている便利なシャトルバスに乗り、市電だけでは立ち寄りにくい場所にもダイレクトに移動できるのが魅力です。「カンパス」徹底使いこなしプランをご案内しましょう。(カンパスのデザインは取材後変更になっています)



続きを見る
130928X15.jpg
観光客の皆さんや地元市民にとって、心強い存在である函館の路面電車。移動に利用するだけでなく、街並みを眺めながらただ乗っているだけでも楽しいものです。

全線10.9km、端から端まですべて乗り通しても所要時間は1時間40分程度。今回は、宿泊施設の多い「湯の川温泉」電停からスタートして、一日乗車券片手に3つの終点を巡ることにしましょう。

いろいろなデザインの電車に出合えて、途中下車しながらでも半日あれば楽しめる、市電満喫のショートトリップに出発!

(終点のひとつ、函館どつく前電停。行き止まりで折り返します)

続きを見る