函館のご当地バーガー、魅惑のラッキーピエロ
140414TT01.JPG
函館発のご当地ハンバーガーレストラン「ラッキーピエロ」。ラキピ、ラッピの愛称で親しまれ、多くの観光客や地元市民でいつもにぎわっています。

日本経済新聞「日経PLUS1」のご当地バーガーランキングで、堂々1位を獲得したこともある、全国でも注目の店。函館出身ロックバンドGLAYも著書で紹介しており、2013年に開催された函館ライブの時には多くのファンが訪れていました。

そんなラッキーピエロってどんなところ? 人気の秘密はいったいどこにあるの? ラッピ大好きのはこぶら記者が、とことん探ってきました。

(ラッキーピエロ ベイエリア本店のにぎやかな看板)


◆店ごとに違ったテーマがある、ワンダーランド!

20140414TT08.jpg
ラッキーピエロの魅力のひとつは、店の楽しい雰囲気にあります。カラフルな看板が迎えてくれたり、店内で楽しくすごせるよう、1店1店が違ったテーマを持った個性あふれるつくりになっていたり。「果樹園レストラン バードウォッチング館(峠下総本店)」「森の中のメリーゴーランド(ベイエリア本店)」「サンタが函館にやってきた(十字街銀座店)」「エンジェルたちのおしゃべり(五稜郭公園前店)」......わくわくしてきますね。

もちろん、雰囲気だけではなく、ハンバーガーの美味しさも自慢。レジで注文を受けてから作り始める「オーダーメイドシステム」を取り入れていて、ちょっと時間はかかりますが、いつでもできたて熱々が味わえます。また、地元の食材を積極的に生かし、函館らしいメニューを提供しているところも人気の秘密といえます。

hk00716X03.jpg 20111209N42.jpg 20140414TT09.jpg


◆食べるならまずこれ! 王道メニュー「チャイニーズチキンバーガー」

140325TT03.JPG
ラッキーピエロの一番人気ハンバーガーは、なんといってもチャイニーズチキンバーガー(350円+税)です。北海道伊達産の鶏のから揚げに、函館市のお隣・北斗市大野で獲れたシャキシャキのレタスがたっぷりで、一口ほおばると自然と笑みがこぼれてしまいます。

このチャイニーズチキン(略してチャイチキ)は、ラッキーピエロの看板アイテム。醤油ベースの甘辛たれにつけた唐揚げは、外はカリッと中はジューシーで、食べごたえ満点です。バーガー以外にも、カレーやオムライスに添えたり、チャイチキ棒やチャイニーズチキン2段のり弁当などでも楽しめます。

そして、王道のセットメニューが、その名もズバリダントツ人気No.1セット(650円+税)。チャイチキバーガーに、ホクホクのフレンチフライポテトのホワイト&ミートソースがけがオリジナルマグカップに入った「オリジナルラキポテ」、自家製新鮮ウーロン茶つきでお得です。


◆ユニークなご当地バーガーもいろいろ

140320TT08.JPG
絶対的エースのチャイニーズチキンバーガー以外にも、ご当地ならではのユニークなハンバーガーがあるのもお楽しみ。店ごとのオリジナル商品になっているものもあるので、気になるバーガーを求めて店を訪ねてみるのもいいですね。

五稜郭公園内に箱館奉行所が復元されたことにちなんだいにしえバーガー(400円+税。五稜郭公園前店限定)は、イカリング、ホタテフライ、オニオンリングの函館らしい組み合わせ。ほかに、揚げたてサクサクの帆立フライの土方歳三ホタテバーガー(380円+税。ベイエリア本店、函館駅前店、五稜郭公園前店、森町赤井川店など限定)、雪に見立てたホワイトソースがかかった函館スノーバーガー(550円+税)、函館名産の取れたてのイカをフライにした季節限定イカ踊りバーガー(330円+税。ベイエリア本店限定)、郷土料理ジンギスカンが味わえる北海道ジンギスカンバーガー(350円+税。ベイエリア本店、函館駅前店、五稜郭公園前店限定)なども注目です。

140326TT03.JPG 140324TT03.JPG
(上)いにしえバーガー、(左)土方歳三ホタテバーガー、(右)函館スノーバーガー

◆ハンバーガーだけじゃない、おすすめバラエティメニュー

140324TT04.JPG
人気ハンバーガーレストランのラッキーピエロですが、ハンバーガー以外に、手作りの料理メニューも多数あるのはご存知でしょうか。もうひとつの看板商品、函館近郊で獲れたお米・ふっくりんこのご飯を使ったカレーライス(420円~+税)は、辛さ控えめのマイルドな味つけで、子供から年配のかたまで幅広く人気があります。

そのほか、ふわふわの卵に包まれたボリューム満天のオムライス(550円~+税)、ヨーロッパ産チーズたっぷりのラッキーピザ(680円~+税)、モチモチの麺に熱々のミートソースがかかった鉄板ミートスパゲティ(600円~+税)、ユニークなところでは、専用テーブルで来店者自らが焼くお好み焼き焼きそばもあります。これらは店によって取り扱いが異なりますので、お目当てのものは事前に確認してから出かけましょう。

140325TT04.JPG 140320TT09.JPG 140414TT02.JPG


◆旅の記念に、オリジナル商品のおみやげもおすすめ

140414TT03.JPG
ボリューム満点の食事メニューでお腹も心も満たされたあとは、おみやげ選びはいかがですか。ラッキーピエロには、来店記念に気軽に買えるオリジナル商品が、レジ付近に取りそろえられています。

人気No.1は、爽やかな味わいの炭酸飲料ラッキーガラナ(120円+税)。ガラナは北海道では昔からよく飲まれているご当地ドリンクのひとつで、ハンバーガーとの相性もよく、なかには「箱買い」していくかたもいらっしゃるとか。また、こだわりの味で人気のラッキーピエロラーメンしょうゆ・しお(各170円+税)、ほどよい甘さの粒あんと練乳が入ったラッキーピエロミルクまんじゅう(12個入り580円+税)などがよく売れています。

食べ物以外も、ピエロのロゴが描かれているオリジナルグラスやマグカップは、店で使われているものと同じタイプですので、自宅でも楽しい気分が味わえそうです。

140414TT04.JPG 140414TT05.JPG 140414TT06.JPG


◆ラッキーピエロの達人が教える、上手な楽しみ方

20110426N02.jpg
【1電話注文を賢く利用
ラッキーピエロでは注文を受けてから作りはじめるため、時間があまりないときの利用はおすすめしません。一部を除いてほとんどのメニューがテイクアウトできるので、事前に電話注文し、来店時間を決めて出かけると待たずにできたてが買えます。

【2】ハッピーデイはお得
たとえば毎月8日は「シルクミックスソフト」が半額、毎月15日は「フレンチフライポテト」が半額に。毎月行われる「ハッピーデイ」に注目です(日曜・祝日・繁忙日除く)。ちなみに、シルクミックスソフトは、美肌と健康にいいといわれている爽やかな口どけのソフトクリーム。

【3】ラッキーワン賞にドキドキ
レジで注文時に渡される呼び出し番号によってもらえる「ラッキーワン賞」。見事当たると、店員さんからお祝いを受けて......ここからは当たってからのお楽しみです。


◆観光スポット近くにあるラッキーピエロの店 ⇒公式HP

ベイエリア.jpg  
函館市末広町23-18 0138-26-2099
1987年開店、ラッキーピエロの1号店。愛嬌たっぷりのピエロくんがお出迎え
  十字街.jpg  
函館市末広町14-17 0138-27-5000
2015年4月オープン。赤レンガ倉庫前にあり、海辺の開放的なロケーションが魅力的。
駅前.JPG   
函館駅前店 (棒二森屋本館1階)
函館市若松町17-12 0138-26-8801
アールデコ調の特徴的なポスターが天井や壁一面に飾られているお洒落な店
  十字街.jpg  
函館市末広町8-11 0138-23-2300
大正時代に建てられたビルの中は、サンタクロース・クリスマス一色で彩られている
本町.JPG  
函館市本町4-18 0138-56-4469
市電「五稜郭公園前」電停近く。店内は白黒を基調としており、シックで大人の雰囲気
  五稜郭.jpg   
函館市五稜郭町30-14 0138-55-4424
特別史跡五稜郭跡近く、五稜郭タワー斜め向かいにあり、地元の学生や観光客でにぎわう
森町.JPG  
森町字赤井川125 01374-5-3323
国道5号線沿い、道央自動車道大沼公園IC近く。アクセスのいい場所にある
  峠下.jpg  
七飯町峠下337-11 0138-66-6566
函館新道藤城IC近く。ログハウス調の建物に208席あるラッキーピエロ最大の店
※記者TT、一部写真撮影/編集室N 2014/3/18~26取材、4/23公開 2015/6/1一部更新

はこぶらメインメニュー