おすすめコース9

函館の「初めてスポット」10選

日本で、また北海道で「初めて」という施設を訪ねて、函館を街歩き。
今も生きつづける幕末から明治、大正時代の歴史に出会うことができます。

主なスポット
  • ハリストス正教会
  • 東本願寺
  • 函館公園
スタート 市電「十字街」
スタート地点までのアクセス
距離・時間 徒歩 2.7km
2時間30分~3時間30分(施設見学等含む)
散策歴史建物

1十字街電停 現在地から

十字街電停

市電「十字街」電停は、函館山のふもと(西部地区)やベイエリア観光の拠点として、いつも多くの観光客が乗り降りします。ここから、函館の「はじめて物語」を訪ねて街歩きしましょう。


2函館市地域交流まちづくりセンター  入館15分 現在地から

函館市地域交流まちづくりセンター

市電「十字街」電停から「函館どつく」方面を眺めると、丸いドーム型屋根の建物が見えます。大正時代に建てられた百貨店の建物を活用した、函館市地域交流まちづくりセンターです。現在、市民活動や観光案内の拠点として利用されています。

詳細を見る
函館市地域交流まちづくりセンター

館内には、「東北以北で最古の手動制御エレベーター」があり、目をひきます。現在も稼働しており、受付カウンターに見学を申し出ると、スタッフの手動操作で最上階まで一緒に乗ることができます。

詳細を見る

3日本最古のコンクリート電柱 現在地から

日本最古のコンクリート電柱

まちづくりセンターの正面口を出て左手に進むと、最初の交差点から右手が「開港通り」。左側の歩道を進むと、「日本最古のコンクリート電柱」があります。函館ではかつて火災が頻繁に発生していたため、1923(大正12)年に建造されました。

詳細を見る

4箱館高田屋嘉兵衛資料館  入館20分 現在地から

箱館高田屋嘉兵衛資料館

開港通りをさらに先に進むと、左手に2つの蔵を活用した箱館高田屋嘉兵衛資料館があります。蔵は、明治、大正時代にそれぞれ建てられ、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では一つ星として紹介されています。

詳細を見る
箱館高田屋嘉兵衛資料館

館内では「日本最古のストーブ(レプリカ)」を展示。また、高田屋の半纏(はんてん)、1799(寛政11)年当時の函館を描いた巨大な絵図といった函館の歴史を伝える資料をはじめ、コンブを採取する道具、タンスや金庫、火鉢といった日用品もあります。入館料300円。

詳細を見る

5金森赤レンガ倉庫 現在地から

金森赤レンガ倉庫

観光客が集まる金森赤レンガ倉庫のあたりに、1872(明治5)年、「日本最初の官立気象台(函館気候測量所)」ができました。創設者は、日本最初の洋式商用帆船・箱館丸を建造した続豊治の息子、福士成豊。イギリス商人のブラキストンから気象器具を譲り受け、観測しました。

詳細を見る
詳細を見る

6函館ハリストス正教会  入館15分 現在地から

函館ハリストス正教会

ロシア領事館付属聖堂が前身となる「日本初のロシア正教会」。1907(明治40)年の大火で焼失し、1916(大正5)年にレンガ積み漆喰塗りの、ロシア風ビザンチン様式の聖堂が再建されました。内部の拝観可能(献金200円)。国指定重要文化財。

詳細を見る
詳細を見る

7東本願寺 現在地から

東本願寺

1907(明治40)年の大火で類焼し、1915(大正4)年の建て替えに際して、「日本初の鉄筋コンクリート造りの寺院」となった真宗大谷派 函館別院(東本願寺)。日射しを受けて黒光りする瓦の大屋根が印象的。本堂、鐘楼、正門が国指定重要文化財。

詳細を見る
詳細を見る

8元町配水場 現在地から

元町配水場

ロープウェイ山麓駅の斜め向かいにある元町配水場は、「日本人が設計、監督した日本初の近代水道」。函館の上水道施設は、1889(明治22)年、横浜に次いで創設されました。

詳細を見る
詳細を見る

9函館公園  入場30分 現在地から

函館公園

函館護国神社を右手に見ながら歩くと、「北海道最初の公園」である函館公園が見えてきます。イギリス領事の呼びかけにより、1879(明治12)年に完成。函館に上水道が完成した際の記念噴水塔(現在はレプリカ)などもあります。

詳細を見る
詳細を見る
函館公園

園内を散策すると、レトロな洋館が見えてきます。旧函館博物館一号は「日本に現存する最も古い洋風木造建築の博物館」で、函館や北海道の自然や歴史、文化に関する資料を展示し、広く親しまれてきました。

詳細を見る
函館公園

公園内にあるレトロな遊園地「こどものくに」は、1956(昭和31)年開園。ゴンドラ数8基の観覧車は「現存する日本最古の観覧車」といわれています。開園当初からあるメリーゴーランドも、現役で活躍しています。

詳細を見る

10青柳町電停 現在地から

青柳町電停

函館公園の正面口から出て、まっすぐ海の方向へ歩くと、市電「青柳町」電停。坂の頂点にあり、数々の映画やドラマ、CMの舞台になっている印象的な風景が見られます。ここから函館駅前、五稜郭公園前、湯の川温泉まで市電で行けます。


※記者TT 2017/3/10公開

このページのトップへこのページのトップへ