おすすめコース11

レトロ感が魅力、古建築カフェ巡り

函館山麓エリアに点在する、明治から昭和初期の建築物を生かしたカフェ。
レトロな雰囲気が魅力のカフェをたどって、街の歴史に触れてみませんか。

主なスポット
  • 茶房 ひし伊
  • カリフォルニアベイビー
  • TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON
スタート 市電「宝来町」
スタート地点までのアクセス
距離・時間 徒歩 2.6km
2~3時間
散策カフェ建物

1市電「宝来町」電停 現在地から

市電「宝来町」電停

函館山のふもとは「西部地区」と呼ばれ、古くからの街並みが残るエリア。市電2系統に乗って「宝来町」で下車し、散策をスタートしましょう。


2茶房 ひし伊 現在地から

茶房 ひし伊

「宝来町」電停から高田屋嘉兵衛像を目指して歩くと、護国神社坂が見えてきます。坂のふもとには、大正10年建築の質蔵を改造した喫茶&アンティークショップがあり、時の流れに思いをはせながら、甘味・軽食が楽しめます。

詳細を見る

3Transistor CAFE 現在地から

Transistor CAFE

昭和初期に建てられた元歯科医院をリノベーション(再生)した建物1階にある、落ち着いた雰囲気のカフェ。趣きあるモルタル外装は、街並みのなかでも目を引きます。店内も天井、梁、窓などは昔のままで、薪ストーブのあるホッとできる空間になっています。

詳細を見る

4CafePazarBazar 現在地から

CafePazarBazar

二十間坂の下のほうにある、壁にツタがからまるかわいらしい建物の、トルコ料理の店。昭和初期の建物に合うように、店主自らがリノベーションしたこだわりの店だけあり、異国情緒をただよわせながらも、懐かしいぬくもりがあります。

詳細を見る

5茶房 旧茶屋亭 現在地から

茶房 旧茶屋亭

二十間坂から続く「開港通り」沿いにあるカフェ。明治末期に建てられた旧海産商の店舗と居室を改装した茶房で、和の雰囲気のティータイムが楽しめます。下見板張や2階の上下開閉式窓などが特徴的な和洋折衷の造りで、市の伝統的建造物に指定されています。

詳細を見る

6Cafeマリオドール 現在地から

Cafeマリオドール

昭和初期に海産商問屋として建てられた建物を活用したカフェ。ソフトクリームメニューが充実。入口の扉は近隣小学校で使われていた扉を譲り受けたもの、イスは布を張り替えてリフォームしたものなど、当時の雰囲気を伝える工夫が見られます。

詳細を見る

7カリフォルニアベイビー 現在地から

カリフォルニアベイビー

大正時代に建てられた旧特定郵便局を利用した、古建築再生カフェとしては全国的にもさきがけである存在。特徴的な外観デザインと、アメリカンスタイルの店内の雰囲気は、ノスタルジーを感じさせます。看板メニューは、ボリューム満点のシスコライス。

詳細を見る

8きんぎょ茶屋 現在地から

きんぎょ茶屋

市電「末広町」電停そばにある、築100年以上とも言われている古民家を利用した和風カフェ。甘味・軽食を提供しているほか、雑貨も販売。入り口から覗くと、懐かしい感じの骨董品がずらりと並んでいて、建物の趣とよく合っています。

詳細を見る

9MOSSTREES 現在地から

MOSSTREES

基坂下から海辺の方向に歩き、突き当たりを左に曲がると、明治末期に建てられた船具店の建物を活用したカフェレストランがあります。モスグリーンの独特な色合いが特徴的。レトロなインテリア小物と、洋風の軽食が評判です。

詳細を見る

10JOE&RACCOON 現在地から

JOE&RACCOON

前出「MOSSTREES」のすぐ横にある、明治初期の商店だった建物を利用したカフェ&インテリアショップ。洋風の3連アーチと白漆喰の外壁が美しく、市の景観形成指定建造物に。付近の岸壁から新島襄が密出国したことから、その名にちなんだ店名となっています。

詳細を見る

11TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON 現在地から

TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON

国の重要文化財に指定されている明治時代の米穀商「旧太刀川家」店舗を改装した、お洒落なデザインのカフェ&レストラン。当時の壁、天井や梁、床、大きな木のカウンターがそのまま生かされて、開港都市・函館らしいハイカラな雰囲気が味わえます。

詳細を見る

12ROMANTiCO ROMANTiCA 現在地から

ROMANTiCO ROMANTiCA

前出「旧太刀川家」そばにある、北洋漁業で函館の一時代を築いた日魯漁業の前身、旧堤商会の建物。1階にキッシュやスイーツが評判のカフェがあります。大正時代の木造建物としては珍しい3階建の洋館で、当時の函館のセンスのよさを物語っています。

詳細を見る

13市電「大町」電停 現在地から

市電「大町」電停

ベイエリアをたどってきた散策も「ROMANTiCO ROMANTiCA」で終点。気になる古建築カフェは見つかったでしょうか。市電に乗って戻る場合は、一本函館山側の通りに出て、「大町」電停が最寄りです。


※記者TT 2017/5/29取材、2017/6/9公開

このページのトップへこのページのトップへ