足をのばして欲張り旅 「青森エリア」

青函横断 まつり見学ツアー

110310tripK05.jpg
函館市と青森市は海を挟んでお隣同士の街です。函館から青森、青森から函館と、1つの旅行プランの中で両方楽しむことができます。夏、函館の「港まつり」と、青森の「ねぶたまつり」に両方参加する2泊3日のモデルコースをご提案いたします。

110310tripK01.jpg

五稜郭タワーを基点とした函館&青森2泊3日のおすすめコースを紹介します。

函館に着いたら、まずは五稜郭タワーにのぼりませんか? 2006(平成18)年に建て替えられた現タワーは、高さ107m。街のランドマークです。国の特別史跡「五稜郭跡」を眼下に見ながら、ぐるり市内を一望できる360度の大パノラマを満喫できます。

一息ついたら、函館駅前方面へ行きましょう。港まつりのメイン会場。日が暮れる前から賑わいを感じます。そのままイベントの一部始終を見るも良し、列に混じって一緒に参加するも良し。坂道、教会群や領事館のある元町方面を散策するも良し。港まつりや元町散策などを十分満喫したら、函館山ロープウェイに乗って函館山山頂の展望台へ。夜景を見ながら、ロマンチックな一時を。

110310tripK02.jpg

函館の魅力は朝。できれば早起きして、散歩に出かけたいものです。ベイエリアから魚市場、朝市方面へと散歩。

青函連絡船記念館摩周丸では操舵室(船橋)・無線通信室が当時のまま見学できるほか、青函連絡船の歴史や仕組み等をパネル・模型・映像で学べます。「私は青函連絡船に乗った記憶がなくて」という方でも、色々と想像がふくらみ、楽しく過ごせます。

時間に余裕を持って、津軽海峡フェリーのターミナルへ向かいます。ターミナルデッキから見る函館山もオススメのビューです。せっかくですので、この夏限定で運行しているナッチャンWorldに乗って青森へ向かいましょう。2時間強で青森フェリーターミナルへ到着します。青森の見所も幾つかありますが、摩周丸とセットで、青森側の八甲田丸も一度は見学しておきたいところです。

早めにホテル・旅館にチェックインし、ねぶたへ向かう準備をしましょう。準備ができたら、ねぶたラッセランドでねぶたの起源や由来等を予習してみてはいかがでしょう?夜になると、ねぶたが運行を開始します。

最終日は、青森県観光物産館アスパムでお買い物。青森県の産業・観光物産及び郷土芸能などを総合的に紹介しているので、時間があれば、じっくり一回りして見るのもいいかも知れません。

110310tripK03.jpg110310tripK04.jpg