ニュース・お知らせ(~2016) 2016年3月の記事一覧
旅の役立ち情報満載「はこだて公共交通 楽旅まっぷ」
函館の公共交通情報がぎっしり詰まった役立ちマップを紹介します。

A2サイズ(折った状態でA4の3分の1サイズ)
カラー両面印刷
マップ面(裏)】
・函館市街地マップ&交通案内(交通拠点と観光地を結ぶ主要なバス路線図・バス乗り場ガイド)
情報面(表)】 
配布場所 市内の観光案内所、主な宿泊施設、公共交通施設など
問い合わせ 北海道新幹線新函館開業対策推進機構0138-23-1181

続きを見る
【4/9・10】人気のパン屋さん集合、はこだて春のパン祭り
いつも楽しいイベントでにぎわっている函館蔦屋書店。恒例の「はこだてマルシェ」の第20回は、春のパン祭りです。函館や近郊で人気のパン屋さん20店が出店し、個性豊かなパンが集まります。

場所は、函館から新幹線の新函館北斗駅や、大沼・札幌方面に向かう函館新道ぞい。旅の途中で立ち寄ってみてはいかがでしょう。

日時 2016年4月9日(土)・10日(日)1部:10時~13時、2部:15時半~18時半 
※それぞれ出店者が異なります(詳細)。売り切れ次第終了
会場 函館蔦屋書店1階中央吹き抜け「マルシェ」
出店者 coing(コワン)、三月の羊、モンモランシー、パンの店オリーブ、ジョリジュワジョイス、FIRst-LIFE、ile bagels、気ままなパン屋窯蔵、パン屋 wakka、天然酵母パンtombolo、ちいさなしあわせぱん☆、おおば製パン、こなひき小屋、パン・エスポワール、ちいさなぱんや、パンの店 ひだまり、Cafe&Deli MARUSEN、IRIE days、キングベーク、レストランFUSU
問い合わせ 函館蔦屋書店0138-47-2600 hakodate-event@ccc.co.jp

北海道新幹線開業! トップページがリニューアル
2016年3月26日、ついに北海道新幹線が開業しました!
 
東京~新函館北斗が最速4時間2分。北海道から九州まで、新幹線でひとつにつながり、特に関東地方や東北地方から、北海道の旅の可能性が大きく広がります。

函館の観光情報をお伝えしているこのサイトも、トップページのデザインを一新。今後も、新しい函館の旅の魅力をどんどんご紹介していきます。新時代を迎えた函館で、皆様のお越しを心からお待ちしております!!

⇒ブルーインパルスの祝賀飛行の動画はこちら
⇒北海道新幹線情報はこちら

(写真提供:JR北海道)

2016年度の函館観光ポスターは八幡坂とクリスマス
160323G02.png


全国の皆さまに函館の魅力をお届けする「函館市観光ポスター」、2016年度版が完成!

今回のタイトルは「ドラマティックとロマンティック」。
数々の映画やドラマ、CMの舞台となった八幡坂のポスターは「ドラマチックに函館」がテーマ。石畳の坂道や函館港、青函連絡船摩周丸、広い空......函館でもっとも愛されている風景のひとつです。
海に浮かぶクリスマスツリーが彩るクリスマスファンタジーのポスターは「ロマンチックに函館」がテーマ。港に映るイルミネーションと函館山の取り合わせは、冬の函館の風物詩になっています。

各5000枚が作成され、全国の旅行代理店、観光情報センター、交通機関、物産展会場や、市内の観光施設や飲食店などでご覧いただけます。ドラマティック&ロマンティックな景色に出会える街・函館に、どうぞお越しください!


問い合わせ 函館市観光部観光企画課0138-21-3323(槇殿・中川)


東京の函館市アンテナショップで「新幹線開業記念フェア」
北海道新幹線の開業で盛り上がりを見せる函館ですが、東京の函館市アンテナショップ「函館もってきました。」でも、関連フェアが開催されます。

開業記念商品や青函コラボ商品の限定販売のほか、開業日の3月26日直前には、おすすめ商品の試食会や抽選会も実施。この機会にぜひお立ち寄りください。

ショップの場所は東京駅から徒歩圏内、ローソン京橋駅前店内。2011年のオープン以来、がごめ昆布製品、塩ラーメン、スイーツなど函館地域の特産品の販売と、観光情報の発信を行っています。

期間 2016年3月19日(土)~4月3日(日)
場所 ローソン京橋駅前店(東京都中央区京橋2-4-12)
・JR東京駅八重洲南口 徒歩8分
・東京メトロ銀座線京橋駅5番出口 徒歩1分
問い合わせ 函館もってきました。03-3231-7007

函館公園の遊園地に、北海道新幹線モデルの乗り物
冬の間、休業していた函館公園の遊園地「こどものくに」が、3月19日に2016年の営業を開始しました。

園内には、飛行機、観覧車、メリーゴーランドなど12機種の大型遊具がありますが、そのひとつがこの春、嬉しいリニューアル! 観覧車の周囲を走る「新幹線」が、深いグリーンの「やまびこ号」から、エメラルドグリーンにパープルのラインが入った北海道新幹線風「はやぶさ号」にモデルチェンジしました。

4月下旬には桜も咲きはじめて、いっそうにぎやかになる函館公園。ファミリーでの旅行におすすめです。

営業期間 例年3月下旬~11月下旬
営業時間 平日11~16時、土日祝・春休み・夏休み・ゴールデンウィーク中10~17時
休業日 天候不順日
料金 入園料無料、大型遊具1回300円、回数券(8回分)2000円
問い合わせ 函館公園「こどものくに」北海興業0138-22-5039


函館山サイクルライド、エントリー受付中(4/1まで)
自転車で函館山に登ろう!というイベントが行われます。普段は自転車で走れない登山道ですが、4月中旬まで冬期の車両通行止めが実施されているのを利用した企画で、2016年で4回目となります。

行きは自転車で登頂、帰りはなんと、自転車と一緒にロープウェイで下山というのも面白いところ。ひと汗かいて眺める函館山からの眺望は格別でしょうね。

開催日 2016年4月10日(日)10時集合
募集定員 100名
締め切り 4月1日(金)17時 ※定員に達したため締め切りました
大会概要はこちら
問い合わせ 函館サイクリング協会haca.kida@gmail.com
(2016/3/28更新)

(画像提供/函館サイクリング協会)

定期観光バス「江差・松前 名所周遊号」(3/26~10/31)
函館から足をのばして、みなみ北海道の名所をめぐるのに手軽な定期観光バスが2016年も運行します。

歴史ある江差、松前を中心に周遊する盛りだくさんのコース。お昼は松前の味、まぐろ漬け丼、あわび飯、いか三昧定食などからセレクトできます。乗車は函館駅か市内の主なホテル、または新幹線の木古内駅、降車は函館駅・ホテルのほか、新幹線の新函館北斗駅でも可能です。

期間 2016年3月26日~10月31日 
6月30日までは予約運行(完全3日前)
7月1日からは毎日運行
出発場所 ホテル万惣前、湯の川温泉(ホテル平成館海羊亭前)、湯の川観光ホテル前、花びしホテル前、啄木亭、ラビスタ函館ベイ、函館駅前、木古内駅
周遊コース トラピスト修道院、道の駅みそぎの郷木古内、松前城、松前藩屋敷、旧笹浪家住宅、江差追分会館ほか
時間など詳細はこちら参照
料金 大人税込7000円、小人税込4500円(昼食代、施設見学料含む)
問い合わせ 函館バス函館営業所0138-51-3135

函館駅や空港などで、貸し傘のサービス
函館の旅行中、急に雨が降ってきたら......? 市内の交通の拠点である6カ所に、誰でも利用できる貸し傘が設置されます。函館のロゴマークが入った大きめの透明傘で、借りた場所と別の所に返却してもOKです。

設置場所 JR函館駅、JR五稜郭駅、函館空港(出発ロビー・到着ロビー・国際線ロビー)、青函フェリーターミナル、津軽海峡フェリーターミナル、函館バス函館駅前案内所
期間 2016年3月26日~2017年3月31日(予定)
※以降の継続も設置場所ごとに検討
問い合わせ 北海道新幹線新函館開業対策推進機構0138-23-1181

函館駅前の棒二森屋デパートアネックス館がリニューアル
JR函館駅前の地元密着型デパート、棒二森屋のアネックス館が2016年3月26日にリニューアル!

1階には新スポット「はこだてスイーツ&cafe」が、3月19日に先行オープン。函館の人気スイーツショップの生菓子がテイクアウトできるほか、イートインスペースでお好きなスイーツが味わえます。地階のおみやげ売り場も、定番みやげのほか、青函連携商品など品ぞろえを拡充。外国人観光客向けのTaxfreeカウンターも設置されます。

アネックス館では、観光や交通など、旅行中に嬉しいインフォメーション機能もアップ。本館地階には「食品館」もありますので、旅の途中で立ち寄ってみてはいかがですか。

営業時間 10~19時
問い合わせ 0138-26-1211
(2016/3/19更新)

続きを見る