ニュース・お知らせ(~2016) 2016年6月の記事一覧
地元食材こだわりの100店集結、函館まちごちフェア
函館の旅に欠かせないグルメ巡りにおすすめ、この夏、函館まちごちフェアが開催されます。

函館をはじめとする北海道のこだわり食材を使ったレストラン、食堂、寿司店、ラーメン店、居酒屋、カフェ、バー、スイーツショップ、みやげ店など100店を、ハンディなA5判フリーガイドブックでご紹介。自慢の料理や特産品をチェックして、美味しいもの三昧しませんか。店頭の「まちごちフェア」のステッカーが目印です。

期間 2016年7月1日~9月30日
問い合わせ 函館市企画部 新幹線開業イベントプロジェクトチーム0138-21-3628

⇒電子ブックはこちら(パソコンで閲覧可能。スマートフォンの場合はFLASHプレイヤーのインストールが必要です)

関東からのお得旅に、北海道新幹線開業記念 大人の休日パス
50歳から入会できるJR東日本の「大人の休日倶楽部」で、会員限定、北海道旅行におすすめのお得なきっぷをご紹介します。

指定の期間に、北海道や東日本のフリーエリアを5日間自由に乗り降りできるというもの。新幹線を含むJR東日本・JR北海道全線と7つの鉄道会社線の、特急・急行・快速・普通列車の普通車自由席が利用できます。普通車指定席(立席を含む)も6回まで利用可能です。

これで価格は26000円! 東京~新函館北斗の新幹線乗車料金(運賃+普通車指定席)が片道22690円ですから、そのお得さは抜群。この機会に、北海道方面への周遊旅行を計画しませんか。

利用期間 2016年8月29日(月)~9月7日(水)
発売期間 2016年7月29日(金)~9月2日(金)
有効期間 連続する5日間
発売箇所 JR東日本の主な駅の指定席券売機、びゅうプラザ、JR東日本・JR北海道の主な駅のみどりの窓口
発売枚数 利用開始日ごとに30000枚まで

※他の期間にも、同様のパスがあります
第1回】利用期間 2016年6月23日(木)~7月5日(火)
発売期間 2016年5月23日(月)~6月30日(木)
第2回利用期間 2016年11月24日(木)~12月6日(火)
発売期間 2016年10月24日(月)~12月1日(木)
第3回利用期間 2017年1月19日(木)~1月31日(火)
発売期間 2016年12月19日(月)~2017年1月26日(木)

問い合わせ 大人の休日・ジパング倶楽部事務局050-2016-7000

⇒北海道発のモデルコースはこちら

夏を満喫! 函館のビアガーデン&ビアホール情報2016
函館の夏は、ビール片手にジンギスカンを楽しみませんか。2016年の夏を盛り上げる、期間限定ビアガーデン情報をお届けします。

ホテルテトラ ビアガーデン
【営業中】4/23(土)~9月末
17時~21時30分(ラストオーダー)
五稜郭公園前交差点から徒歩5分。五稜郭観光の帰りにも。屋外250席、屋内テラス60席
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)税込4000円
ホテルテトラ0138-55-1818

【営業中】6/15(水)~9/19(月)
12~20時
函館空港国内線旅客ターミナルビル3階HakoDake HaLLで、飛行機の離発着を眺めながら
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(90分)税込み4320円
函館空港ビアガーデン係080-8289-8001

【終了】7/1(金)~8/31(水) 平日16~21時、土日祝と8/1~14は11~21時(予定)
JR函館駅前のロングランイベントの会場で。七輪での焼肉、ビールなど
新幹線開業イベントプロジェクトチーム0138-21-3628

【終了】7/1(金)~8/20(土) 17~22時、土日祝と8/1~3と8/13~16は13~22時
市電「五稜郭公園前」電停から徒歩3分のガーデンひろばで。ジンギスカン、ビールなど
森のビアガーデン事務局(小杉)080-1860-7565

【終了】7/16(土)~18(月祝) 18~23時
市電「湯の川温泉」電停前のパーラーパチパチ湯川店駐車場で。移動屋台、ステージイベントなど
湯川温泉商工振興会0138-57-3251

湯倉神社大ビアガーデン
【終了】7/30(土)、31(日)
市電「湯の川」電停近くの湯倉神社境内で。焼き鳥、みそおでんなど
湯の川商店街振興組合0138-59-1793

大門グリーンプラザ ビアガーデン 
【終了】8/1(月)~5(金) 12~22時(予定)
函館港まつり関連イベント。函館駅から徒歩5分の緑地帯広場で

十字街ビアガーデン
【終了】8/1(月)~3(水) 16~21時
函館港まつり関連イベント。市電「十字街」電停から徒歩1~2分の高田屋通り(江口眼科病院横通り)で
十字街商盛会0138-22-1538

湯の川ビアガーデン
【終了】8/6(土)、7(日)、10(水)~14(日)、20(土)※湯の川温泉花火大会順延の場合21(日) 16時~21時半
パーラーパチパチ湯川店前駐車場(市電湯の川温泉電停近く)で
ゆのかわもりあげ隊090-8897-5556

横丁夢広場
日程未定
函館ひかりの屋台大門横丁・中通りで

その他、函館のビアホール
函館ビヤホール (末広町14-12)0138-27-1010
はこだてビール (大手町5-22)0138-23-8000

(2016/9/1更新)

函館マラソン、当日の交通規制と市電・バスの運行
6月26日(日)に行われる「2016函館マラソン(フル・ハーフ)」に際して、市内中心部等で交通規制が行われます。ご旅行でお越しのかたなどにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。また、がんばるランナーを沿道で応援するのも旅の記念に。規制をご確認のうえ、お楽しみください。

予定時間 2016年6月26日(日)8:50~14:20ごろ
市電の一部運休・振替バス情報(8:30~13:00ごろ)

問い合わせ
函館マラソン交通規制案内(当日)0138-52-4711
函館マラソン事務局(平日)0138-21-3576
函館市電0138-52-1273
函館バス(函館駅前案内所)0138-22-8111
帝産バス0138-55-1111

関連記事

北海道周遊旅行に、トク旅北海道キャンペーン実施中
この夏、北海道周遊旅行を計画されているかたにおすすめの、スタンプラリー&お得なクーポンのキャンペーンをご紹介します。

函館のほか、札幌・旭川・釧路・帯広・北見を合わせた北海道内の6都市のなかから、1~6都市、各2スポットのスタンプを集めて応募できるスタンプラリーは、合計500名に当たる豪華賞品が魅力。たとえば6都市各2スポットを攻略してスマートフォンから応募すると、抽選でAIR DO往復航空券や、北海道内のホテルペア宿泊券が当たります。また、6都市全60カ所で使えるクーポンが、ガイドブックやスマートフォンで利用できます。

期間 2016年4月25日(月)~12月25日(日)
応募締切 2016年8月25日(木)、12月25日(日)の2回
応募方法 ハガキ(当日消印有効)、またはスマートフォン(当日の送信有効)
ガイドブック配布場所 函館市観光観光案内所、函館市元町観光案内所、スタンプラリー対象施設、高速道路SA・PAなど
⇒スマートフォンのキャンペーンサイトはこちら
問い合わせ 道内中核都市観光連携協議会(函館市観光部観光推進課 広域担当)0138-21-3499

みなみ北海道で6月16日に発生した地震の影響について
みなみ北海道で2016年6月16日午後2時21分ごろに発生した地震について、みなさまからご心配やお見舞いの声をいただき、ありがとうございます。

震源近くに位置する函館市南茅部エリアの川汲町で震度6弱を観測し、函館市縄文文化交流センターと併設の道の駅「縄文ロマン 南かやべ」は当日の営業を中止しましたが、翌日から通常通りに営業しております。展示物では土器1点に損傷があったようですが、国宝・中空土偶は免震装置が働いて影響ありませんでした。

なお、函館山、元町、五稜郭、湯の川など、観光の中心エリアは南茅部から25~30kmの距離にあり、観測震度は3。地震の影響はほとんどなく、現在も平常と変わりありません。

続きを見る
JR6社協力、青森県・函館デスティネーションキャンペーン
北海道から九州までJR6社の協力のもと、「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」が、2016年7月1日からスタート!

「ひと旅ふた旅、めぐる旅。青森⇔函館」というキャッチフレーズで、津軽海峡でつながり、北海道新幹線開業で活気をみせるこのエリアの周遊旅行を提案。全国の旅行会社がさまざまなプランを用意して、みなさまの旅をサポートします。

詳細は、お近くのJR主要駅や旅行会社窓口等で配布する「青森県・函館デスティネーションキャンペーンガイドブック」、または公式ホームページをご覧ください。

なお、2017年7月1日から9月30日には、「アフターDC」として、引き続き青森県とみなみ北海道を巡る旅行商品が多数販売されます。ぜひ夏の旅行計画にご検討ください。

期間 2016年7月1日~9月30日(アフターDCは2017年の同期間)
実施エリア 青森県全域・みなみ北海道11市町(函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町、上ノ国町、江差町)
問い合わせ お近くのJR駅または旅行会社
(2017/6/15更新)

首都圏発、北海道新幹線で「エンジョイ青函」プラン
函館と青森県3市をめぐる「ぐっとくる旅」を提案する「青函圏周遊博」。近畿日本ツーリストから、首都圏発着、北海道新幹線で行く2泊3日の「エンジョイ青函(せいかん)」プランが発売されました。

コースは、函館・青森または八戸泊、函館・弘前泊の2種類。青函圏4市の飲食店や観光施設38店で使えるサービスクーポンつきで、旅の楽しみが広がります。

期間 2016年7月1日出発~9月30日帰着(8月1~6日出発を除く)
発着駅 東京、上野、大宮
内容 2泊3日(往復の新幹線・はこだてライナー乗車料金含む)
代金 52800~59800円(大人1名。1室2名利用の場合)
詳細パンフレットはこちら
問い合わせ 近畿日本ツーリスト各店舗、青函圏観光都市会議(事務局:函館市観光部)0138-21-3499

地元密着、体験の旅「マグ女のセイカン♡博覧会」
津軽海峡をはさんで深いつながりのある函館と青森。その風土・文化にふれる、地元密着の体験の旅プログラムを紹介します。

企画したのは、この地域の観光や町おこしなどに関わる女性グループ「津軽海峡マグロ女子会」。函館だいもん路地裏探偵団、松前海の幸ランチと松前藩主お宝拝見、マグ女と歩く夕暮れどきの青森駅前「ほろ酔い散歩」など、ユニークな25のプログラムがそろいました。

もてなし上手な「マグ女」と楽しむ、ひと味違う旅はいかがですか。

開催期間 2016年7月1日(金)~10日(日) ※一部は9月末まで
内容 25プログラム(一覧
申し込み・問い合わせ 事務局0138-86-7602

【9/10・11】東北の祭りも集合、はこだてグルメサーカス
今年で5回目の開催となる「はこだてグルメサーカス」。昨年は2日間で18万人以上の人が訪れた人気グルメイベントです。

会場は、JR函館駅近くの大門グリーンプラザと函館駅前特設会場。今年は北海道新幹線開業年ということで、東北6県のお祭りパレードとステージが見もの。開放的な屋外で、勇壮な郷土芸能を楽しみながら、函館ゆかりの地の美味しいものを満喫できます。

日時 2016年9月10日(土)10~17時、11日(日)10~16時
会場と内容 
新潟のタレかつ丼、神戸牛コロッケ、ボルシチ、チヂミなど
東京の深川飯、大阪のお好み焼き、名古屋の味噌串カツなど
八戸せんべい汁、久慈まめぶ汁、十和田バラ焼き、宇都宮餃子など
【JR函館駅前特設会場】
北斗市、松前町、上ノ国町、奥尻町、今金町、江差町、鹿部町、知内町、木古内町、福島町、八雲町、七飯町、森町、せたな町
イベント 東北6県のお祭りパレード&ステージ(青森ねぶた祭、弘前ねぷた祭、八戸三社大祭、盛岡さんさ踊り、秋田竿灯まつり、仙台七夕まつり、仙台すずめ踊り、山形花笠まつり、福島わらじまつり)、参加自治体のPRステージなど
⇒シャトルバスの案内はこちら
問い合わせ 実行委員会事務局0138-21-3499
(2016/9/8更新)

関連記事