ニュース・お知らせ 2017年1月の記事一覧
函館マラソンの実施要項発表、2月13日エントリー開始
フルマラソン・ハーフマラソン同時開催となって2回目の「2017函館マラソン」、大会実施要項が発表になりました。

開催は2017年7月2日(日)、エントリーは2月13日(月)21時から。眺めのいいコースと充実のフードで人気の大会、申込は先着順なので、早々に締め切りが予想されます。参加希望のかたはお早めにどうぞ。

日時 2017年7月2日(日)ハーフ9時、フル9時10分スタート
参加定員 ハーフ、フルとも4000名程度
参加資格 
満18歳以上。おおむね
フル5時間以内、ハーフ3時間以内の走力があり、設定された関門を時間内に通過できるかた(関門の詳細は実施要項参照)
参加料 ハーフ5000円、フル9000円
申込期間 2017年2月13日(月)21時~3月17日(金) (当日払込有効)※先着順
問い合わせ (大会について)実行委員会事務局(函館市教育委員会スポーツ振興課内)0138-21-3576 (エントリーについて)エントリーセンター(ラップシステム内)0463-35-6691

最新情報は公式Facebookページで発信中

関連記事

続きを見る
雪遊び&そり滑りのできる函館の公園情報2017
函館では、例年3月ごろまで雪遊びが楽しめます。ファミリーで出かけるおすすめスポットを紹介します(所在地など詳細は施設名をクリック)。

雪遊びができる観光地の公園
五稜郭公園 市電「五稜郭公園前」電停より徒歩15分
函館公園 市電「青柳町」電停より徒歩2分
元町公園 市電「末広町」電停より徒歩10分

そり遊びができるおもな公園
道南四季の杜公園(イベント広場) 函館バス(冬期)「はこだて未来大学」バス停より徒歩20~30分
見晴公園(ゴルフ場エリア) 函館バス「香雪園」バス停より徒歩1分
市民の森(見晴の丘) 函館バス「トラピスチヌ入口」バス停より徒歩5分
昭和公園(見晴の山) 函館バス「南昭和」バス停、「東港」バス停より徒歩15分


関連記事


北海道新幹線が開業して初めての冬。特設ページにアップされた素敵な動画をご紹介します。
路面電車、函館朝市、元町の坂道、ベイエリア、函館山からの夜景......、
雪や光の演出で、この季節ならではの魅力的な顔を見せてくれます。

冬におすすめのJR北海道の旅行商品や、JR利用者専用の「ツインクルバス函館満喫号」のご案内も要チェックです。

問い合わせ JR北海道ツインクルデスク011-219-5489

金森赤レンガ倉庫、施設点検による休館日のお知らせ
ベイエリアにある「金森赤レンガ倉庫」では、施設点検のため、各施設、下記のとおり休館となります。お出かけの際はご注意ください。

・函館ヒストリープラザ・・・1月16日(月)、17日(火)
函館ビヤホールMILKISSIMO 金森赤レンガ倉庫本店など)
・金森洋物館・・・1月18日(水)、19日(木)
ペイストリースナッフルス 金森洋物館店、セレクトショップあおい森など)
・BAYはこだて・・・1月23日(月)、24日(火)

函館マラソンの最新情報、公式Facebookで発信
昨年からフル・ハーフ同時開催となった函館マラソンに、公式Facebookページが誕生!

大会の様子やコース案内、エイドステーションのフード情報、その他最新情報が随時発信されます。抽選でエントリーが無料になるキャンペーンも予定されているので、参加を検討している人は要チェック。また、応援かたがた函館旅行を計画している人も、詳しい情報が収集できます。Facebookに登録していない人でも閲覧可能です。

今年のエントリーは2月中旬に開始予定。Facebookに「いいね!」をして、最新情報をゲットしましょう。

問い合わせ 事務局(函館市教育委員会スポーツ振興課内)0138-21-3576

続きを見る
【2/18・19】多彩なシェフが競演、はこだて美食フェスタ
函館アリーナで、ワクワクの食イベントが開催されます。

函館の美味しい食材を使って、全国の若手シェフや市内の料理人が自慢の料理を提供する「はこだて美食フェスタ」。函館アリーナに屋台やマルシェがずらりと並び、函館の食の魅力に触れられます。

詳細は追ってご案内します。

はこだて美食フェスタ2017
日時 2017年2月18日(土)10~16時、19日(日)10~15時
会場 函館アリーナ(メインアリーナ) 市電「函館アリーナ前」下車すぐ
問い合わせ 函館市経済部0138-21-3321

観光バスでみなみ北海道巡り、冬の江差号・松前号
みなみ北海道の歴史や文化、地元グルメなどを楽しむ、冬の日帰りバスツアーはいかがでしょうか。施設の入館料や昼食&夕食代も込みの、大変お得なプランです。函館駅からのほか、北海道新幹線の駅にも立ち寄って乗り継ぎできるようになっています。

料金 4800円(おとな・こども同額)
●冬の江差号
運行日 2017年2月の土曜日 4日、11日、18日、25日 函館発着9:20~19:15頃
行程 函館駅~新函館北斗駅~【厚沢部町】道の駅 あっさぶ(特産メークインコロッケ試食・黒豆茶試飲)~【江差町】横山家(見学・にしんそばの昼食)、いにしえ街道散策、江差追分会館・山車会館(見学・江差追分の実演鑑賞)~【乙部町】笹谷商店(工場見学・揚げかま試食)~【上ノ国町】旧笹浪家住宅(見学・揚げこうれん試食)、道の駅 上ノ国もんじゅ(特産いちごジュース試飲)~【木古内町】道の駅 みそぎの郷きこない(夕食)~木古内駅~函館駅
●冬の松前号
運行日 2017年2月の日曜日 5日、12日、19、26日 函館発着9:50~19:00頃
行程 函館駅~木古内駅~【松前町】道の駅 北前船松前(松前漬け作り体験、マグロ山かけ丼の昼食)~【福島町】青函トンネル記念館(元トンネルマンのガイドつき見学)~【知内町】かき小屋 知内番屋(かき焼き試食)~【木古内町】みそぎまち歩き体験(寒中みそぎ体験)、道の駅 みそぎの郷きこない(夕食)~木古内駅~函館駅
※スポットの紹介などは、旬感千年北海道ホームページ
問い合わせ JR北海道ツインクルデスク011-219-5489

地元グルメ満喫、観光列車「ながまれ海峡号」ツアー
函館と木古内を結ぶ道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」ツアーが、この冬も企画されています。

ツアーは1人から参加することができ、列車から眺める風景はもちろん、函館の名店・魚まさの「函館海鮮・満喫料理」、木古内町の北じま「北の豆あんぱん」、北斗市のハセガワストア「やきとり弁当」と、沿線のグルメも楽しめます。人気のローカル線に乗って、鉄道旅を楽しみませんか。

料金 8300~9800円(おとな・こども同額)
運行日時 2017年1月14日(土)、2月11日(祝・土) 函館駅(13:35~13:45発)~函館駅(17:15~17:25着)
行程 函館駅~上磯駅(ホームで「地元産品の立ち売り」(購入費用は別途)~木古内駅(道の駅で名物みそぎの塩でつくったおむすびと海鮮汁を提供)~上磯駅(地元コンビニ、ハセガワストア「やきとり弁当」を提供)~函館駅。途中、車内昼食&スイーツつき
問い合わせ 日本旅行函館支店0138-62-3770 または各地の予約センター


なお、この「ながまれ海峡号」用の可愛らしい車両は、ツアー以外にも一般列車として運用され、通常料金(片道運賃300円から)で乗車できるほか、JR函館駅や沿線で眺めることもできます。運行予定はこちらで毎週発表。
問い合わせ 道南いさりび鉄道0138-83-1977

【1/22】ベイエリアの金森ホールでカキ・ニラ知内フェア
函館近郊で、青函トンネルの出入口がある知内町の特産品「カキ」と「ニラ」を楽しむイベントが、函館のベイエリアで行われます。

内容は、カキとニラを使ったご当地料理の販売をはじめ、特産品販売、ステージイベントなど。料理の販売は数量限定。チケット制となっており、チケットは当日、会場となる金森ホールで販売されます。

日時 2017年1月22日(日)11~14時
会場 金森ホール(末広町14-12)
内容 特産品販売(殻付かき、かきむき身など)、フード販売(カキのガーリックバター焼き、カキ大和煮丼、ニラのチヂミ、アワビのステーキなど)、ステージイベント
問い合わせ 知内町役場産業振興課商工観光係01392-5-6161

なお、函館から知内までは車で約1時間。2月19日には、現地で「しりうち味な合戦冬の陣 カキVSニラ祭り」が開催されます。

【1/7~29の土日祝】しかべ冬のほかほか祭り(鹿部町)
函館から車で約1時間、噴火湾に面した国道278号線沿いにある「道の駅 しかべ間歇泉公園」で、1月の土日祝日限定イベント「しかべ冬のほかほか祭り」が開催されます。

道の駅しかべ間歇泉公園の各施設体験をはじめ、特産品の振る舞い、アトラクションなど、さまざまな催しが週替わりで行われます。

道の駅しかべ間歇泉公園へは、JR函館駅、新函館北斗駅から無料シャトルバスも運行されています。詳しくはこちら

日時 2017年1月7日~29日の毎週土日祝11~14時
内容 週替わり足湯体験、浜汁配布(数量限定)、鹿部産たこの唐揚げ販売、アトラクションなど ※天候等によりイベント内容は一部変更される場合があります
問い合わせ 道の駅しかべ間歇泉公園01372-7-5655


1  2  3  4  5