ニュース・お知らせ 

3月25日、市電と函館バスで交通系ICカードサービス開始

3月25日、市電と函館バスで交通系ICカードサービス開始 函館市電と函館バスで、2017年3月25日から交通系ICカードの全国相互利用サービスが始まります。

Suica(JR東日本など)、Kitaca(JR北海道)、PASMO(関東地方の鉄道・バスなど)をはじめとする、全国の主要な交通系ICカードで、函館市電や函館バスの乗車料金の支払いができるため、面倒な料金計算や小銭いらず。函館の旅がぐんと便利になります。

函館で導入される共通IC乗車券の名前はICASnimoca(イカすニモカ)。全国の交通系ICカードエリアで利用可能なので、函館の旅の記念やおみやげにもおすすめです。

開始日 2017年3月25日(土)
カード販売場所
(3月15日から)函館市電駒場車庫乗車券販売所、函館駅前バス案内所、函館バス各営業所、丸井今井函館店
(3月25日から)函館市電車内、函館バス車内
チャージできる場所
上記カード販売場所、コンビニ、コープさっぽろ湯川店、アクロス十字街ほか
ご利用ガイドはこちら
問い合わせ 函館市企業局交通部 (事業課)、 函館バス 0138-22-8111(函館駅前バス案内所)

なお、新幹線の新函館北斗駅から函館へのJR路線や、函館空港から出ている函館帝産バスのシャトルバス、新函館北斗駅前発着の北海道観光バスのシャトルバスでは、引き続き現金での支払いのみなので、ご注意ください。