ニュース・お知らせ 2017年4月の記事一覧
函館発着グルメ満喫観光列車「ながまれ海峡号」
函館と木古内を結ぶ道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」ツアーが、この夏も企画されています。

ツアーは函館発着。1人から参加することができ、列車から眺める風景はもちろん、沿線のグルメも登場。人気のローカル線に乗って、鉄道旅を楽しみませんか。

このツアーは、「鉄旅オブザイヤー2016」の旅行会社部門グランプリを受賞しました。

ランチコース
料金 9800~11800円(おとな・こども同額)
運行日 2017年5月14日、6月11日・25日、7月9日、8月13日・27日(すべて日曜日)
内容 どうなんde's Ocuda Spirits特製イタリアンランチボックス、ウェルカムドリンク
ディナーコース
料金 12800~14800円(おとな・こども同額)
運行日 2017年5月13日・27日、6月10日・24日、7月8日・22日、8月12日・26日(すべて土曜日)
内容 どうなんde's Ocuda Spiritsおまかせパスタセット、海鮮バーベキュー、プティ・メルヴィーユ特製スイーツ丼
問い合わせ 日本旅行函館支店0138-62-3770 または各地の予約センター


なお、この「ながまれ海峡号」用の可愛らしい車両は、ツアー以外にも一般列車として運用され、通常料金(片道運賃300円から)で乗車できるほか、JR函館駅や沿線で眺めることもできます。運行予定はこちらで発表。
問い合わせ 道南いさりび鉄道0138-83-1977

関連記事

続きを見る
4月27日、函館の桜が開花! 30日に満開を発表
2017年4月27日、函館地方気象台によって桜の開花が発表になりました(詳細はこちら)。これは、気象台が定めた五稜郭公園の標本木で観測されたもの。開花が早かった昨年より3日遅く、平年に比べると3日早い開花でした。

また、4月30日に満開が発表に(詳細はこちら)。これは、昨年より4日遅く、平年より4日早い満開日です。
(2017/4/30更新)


函館の桜レポート2017、公開中!

2017年の五稜郭公園・函館公園の夜桜電飾、函館公園の露店営業は、4月29日(土)~5月14日(日)まで予定されています。



続きを見る
大型連休中、五稜郭タワーに「まちあるき観光案内窓口」
大型連休期間中、五稜郭タワーに「まちあるき観光案内窓口」が設置され、五稜郭公園内の無料ガイドを受けられます。

これは、函館の観光ボランティアガイド活動の一環で、五稜郭タワーから箱館奉行所までの間を歩きながら約15分~20分で案内するもの。観光パンフレットの配布や、問い合わせへの対応も行います。

まちあるき観光案内窓口
期間 2017年4月29日(土)~5月7日(日)
時間 10:00~17:00
(まちあるきガイドは時間内で随時実施)
場所 五稜郭タワー1階
料金 無料(参加申し込み不要)
問い合わせ 函館国際観光コンベンション協会0138-27-3535

夏を先取り! 函館のビアガーデン&ジンギスカン2017
函館のビアガーデンは、ビール片手にジンギスカンが定番。また、海鮮焼きも魅力的。風を感じながら飲んだり食べたりで盛り上がるのは、夏のお楽しみです。2017年の期間限定ビアガーデン情報をお届けします。(写真は昨シーズンのもの)

【営業中】4月21日(金)~9月末
17時~21時30分(ラストオーダー)
五稜郭公園前交差点から徒歩5分
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)税込4000円
ホテルテトラ0138-55-1818

【営業中】4月21日(金)~10月31日(水) 月曜定休
17時~21時(ラストオーダー)
五稜郭公園前交差点から徒歩3分
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)税込大人4000円、中高生3000円、小学生2000円


【営業中】5月19日(金)~6月18日(日) 12~20時(悪天候時は中止)
JR五稜郭駅前広場(亀田本町46)
カキ1盛り(約1キロ)1200円ほか(テント内での海産物炭火バーベキュー)

【営業中】6/7(水)~9/18(月) 12~20時
函館空港国内線旅客ターミナルビル3階HakoDake HaLLで、飛行機の離発着を眺めながら
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(90分)税込み4320円
函館空港ビアガーデン係080-8289-8001

※ほかにも開催予定あり。発表があり次第、お知らせします
(2017/6/7更新)

続きを見る
【5/20・21】リノベーションホテル「HakoBA函館」見学会
昭和初期に建てられた銀行の重厚な建物と、美術館として使われていた赤レンガの建物が、このたびリノベーション(再生)されて新しくホテルとしてオープンします。

2017年5月26日の営業開始を前に、オープンホテルが開催され、どなたでも内部を見学できます。函館山を背にして港を望む好立地で、歴史ある建物が今に生かされている姿を実感できる貴重なチャンスです。

HakoBA函館 THE SHARE HOTELS オープンホテル
日時 2017年5月20日(土)14~21時、5月21日(日)11~17時
所在地 函館市末広町23-9(市電「末広町」電停から徒歩2分)
内容 宿泊施設、レストラン、オープンラウンジ、シェアキッチンなど
問い合わせ hakoba@thesharehotels.com



北海道情報誌「HO」2017年6月号は「函館旅行」大特集
北海道の旬な情報やおすすめスポットを紹介する総合情報誌「HO(ほ)」。春の行楽シーズンを前に、函館特集号が発売になりました。

「どこに行こうか? 何食べようか? 函館旅行」として、なんと146ページの大特集。歩いて、休んで、美味しいもの食べて......まさに「歩くのが楽しい街、函館」のディープなスポットが満載。「地元の人しか知らない場所を教えてほしい」という人にも、おすすめの内容です。

函館に行ったら見たい風景、歩きたい街角
函館LOVE はこぶら編集長 安立真由美さん
ディープに、函館ひとり時間
函館で何食べる?
函館歩きの達人に聞きました
①オヤジ@函館の飲み食い日記
②WEB函館 石塚秀治さん
函館・七飯・北斗 間違いのない地元人気のお店へ
新ご当地メニュー はこだてチャウダー
噂のお店にGO!
眺めを楽しむ! カフェ&レストラン
気ままにトコトコ、カフェさんぽ
つちふまズの道南ぶらり旅 ほか
定価 A4版変形220ページ、税込600円
販売 北海道内の書店、コンビニエンスストア、キヨスクなどのほか、東京都内の一部主要書店などでも取扱中。ネット注文も可(送料・手数料無料)
問い合わせ ぶらんとマガジン社011-521-5559

函館みやげ、2017年のおすすめ16アイテムが決定
函館らしいおみやげをおすすめする、函館圏優良土産品推奨会の2017年審査会の受賞商品をご紹介します。

函館市長賞は、函館特産のがごめ昆布を使った「がごめと山わさびの醤油漬」と、老舗レストランの味がおかきになった「五島軒おかきツインバンケット」。そのほか、お菓子、海産物加工品、調味料、雑貨などから、多彩な16品がセレクトされました。

函館でのおみやげ選びの参考にどうぞ。

最新の受賞商品の詳細と、これまでの受賞商品リストもご覧いただけます。
問い合わせ 函館圏優良土産品推奨会事務局(函館商工会議所 地域振興課)0138-23-1181

五稜郭エリアに新複合ビル「シエスタハコダテ」オープン
五稜郭観光の拠点となる市電「五稜郭公園前」電停の目の前、繁華街の交差点の一角に新複合ビル「シエスタハコダテ」がオープン!

1~3階が無印良品、地下1階がシエスタキッチン、4階が函館コミュニティプラザ「Gスクエア」。地元の食や雑貨が手軽に楽しめるほか、街を感じる仕掛けもいろいろ。Gスクエアには、函館出身のGLAY関連のコーナーもあり、五稜郭エリアを訪ねる楽しみが広がりました。

なお、5階以上はマンション「プレミストタワー函館五稜郭」です(完売)。

開業 2017年4月22日(土)
所在地 函館市本町24-1(市電「五稜郭公園前」電停から徒歩1分)
駐車場 周辺に提携駐車場あり(買い物をすると120分無料)
問い合わせ 0138-31-7011


続きを見る
シエスタハコダテの「Gスクエア」にGLAYコーナー
2017年4月22日にオープンした複合ビル「シエスタハコダテ」。無印良品の大型店、多彩なフードマーケットホールなどが話題を集めていますが、4階の函館コミュニティプラザ「Gスクエア」に、GLAYに関連したスペースが誕生しました。

エスカレーターを降りて右手に、メンバーをモチーフにした高さ2.4メートル、幅6メートルの巨大レリーフ、1時間ごとに違うGLAYの楽曲が流れるからくり時計が設置されているほか、ゆかりのギターも展示。公共スペースで、だれでも気軽に訪ねることができるので、新しいGLAYの「聖地」として注目です。

ギターは、2013年に緑の島で行われたライブのあとにメンバーから贈られて、長く函館市役所に展示されていたもの。ギターのボディにはメンバー全員のサインと、「2013HAKODATE ありがとうございました」などのメッセージが見えます。

問い合わせ 函館コミュニティプラザ「Gスクエア」0138-35-4000
(2017/4/22更新)

続きを見る
函館山ロープウェイ、秋の運休は10月10日~11月12日
函館山展望台への主要なアクセス方法である、ロープウェイ。例年、整備点検のため秋に運休期間がありますが、2017年は10月10日から34日間の運休となります。

この期間、山頂展望台へは函館山登山バス(函館駅発13:30~20:30)、臨時シャトルバス(ロープウェイ山麓駅発。詳細後日発表)、またはタクシーで上がることができます。この時期、16~21時は混雑防止のため、マイカーやレンタカーは通行禁止です(その他の時間帯は通行OK)。日中は徒歩での登山も可能です。

函館山ロープウェイ運転休止期間
2017年10月10日(火)~11月12日(日)
※山頂展望台(レストラン、売店など)は平常通り営業(10月15日までは10~22時。それ以降は10~21時)
問い合わせ 函館山ロープウェイ0138-23-6288

(写真提供/函館山ロープウェイ)