ニュース・お知らせ 2017年5月の記事一覧
【6/3・4】赤レンガ倉庫広場で、花と緑と雑貨の「花市」
ベイエリアの金森赤レンガ倉庫広場で、初夏の大好評企画「花市」が開催されます。花や観葉植物、ガーデニンググッズ、野菜、花をモチーフにした雑貨など、関連ショップ14店が大集合します。

また、BAYギャラリーでは「写花と花器展」も開催。函館で活躍している河村志代さんの写真とmego(牧野潤)さんの陶芸で、合わせて花と緑が満喫できます。

日時 2017年6月3日(土)・4日(日)
会場 金森赤レンガ倉庫広場(屋外)
時間 11~16時

期間 2017年5月29日(月)~6月4日(日)
会場 BAYギャラリー(金森赤レンガ倉庫BAYはこだて内)
時間 9時半~19時(最終日は16時まで)
入場料 無料

問い合わせ 金森赤レンガ倉庫0138-27-5530

続きを見る
【7/22・23】緑の島でステージ&食フェス「道南函館黒船」
2009年から開催されている、音楽とファッションと食のコラボイベント「函館黒船」。2017年は、緑の島で2日にわたって開催されます。

注目は、函館を中心とした、みなみ北海道各地の食材が楽しめるフードコーナー。また、有名アーティストによるゲストライブ、キッズが喜ぶプリキュア・仮面ライダーショー、モデルによるファッションショー、元サッカー日本代表の鈴木啓太氏によるキッズサッカー教室など、多彩なイベントもお楽しみです。

会場へは公共交通機関のほか、JR函館駅前バス乗り場から無料のシャトルバスが運行されます。

日時 2017年7月22日(土)・23日(日)
会場 緑の島(市電「大町」電停から徒歩3分)
内容 フードコーナー、各種イベント、抽選会など
問い合わせ 函館黒船地域活性化協議会0138-84-8190

続きを見る
【8/14・15】ビアガーデンや縁日も、函館八幡宮例大祭
函館市民から「八幡様」「八幡さん」として親しまれている函館八幡宮の、夏恒例の祭り。

2017年は、隔年行われる大神輿の渡御は行われませんが、世界の洋ラン花の市や、大吉抽選会などで、祭りを盛り上げます。2日間とも、祭り市としてビアガーデンや野菜市などあり。

この機会に、函館の「パワースポット」を訪ねてみませんか。

函館八幡宮例大祭
日時 2017年8月14日(月)宵宮祭は18時から・15日(火)例祭は10時30分から ※祭り市は両日10時から
場所 函館八幡宮境内
問い合わせ 函館八幡宮0138-22-3636
(2017/7/19更新)

【7/22・23】灯ろう流しと花火大会、大沼湖水まつり
大沼の夏の風物詩として100年以上にわたって親しまれている「大沼湖水まつり」。地元住職が灯ろうを湖面に流し、湖の水難者を供養したことが始まりで、夜には灯ろう流しが行われます。

また、23日(日)には、「七飯町町制60年記念イベント」も開催され、2日にわたって賑やかに催しものが行われます(花火大会は両日開催)。

日時 2017年7月22日(土)12時~21時ころ
会場 大沼国定公園広場
内容 12時~ステージイベント、18時~灯ろう行列、18時30分~慰霊祭・灯ろう流し、20時~商社協賛花火大会、20時30分~チビッコ花火ほか
七飯町町制60年記念イベント
日時 2017年7月23日(日)12時~20時30分ごろ
会場 大沼国定公園広場
内容 12時~ステージイベント、20時~七飯町町制施行60年記念 商社協賛花火大会(雨天決行)ほか
⇒詳細スケジュールはこちら
問い合わせ 七飯大沼国際観光コンベンション協会0138-67-3020
(2017/6/26更新)

関連記事

【6/10】勇壮絢爛漁火パレード、南かやべひろめ舟祭り
函館市北部にある「昆布と温泉と縄文のふるさと」、南茅部エリア。毎年6月、豊漁を祈願する祭りが行われます。「ひろめ」とはこの地区特産の昆布のことです。

見どころは勇壮な舟漕ぎ競争、漁火パレード(2017年は雨天が予想されるために中止になりました)、花火。浜なべ販売や昆布の無料配布も人気があります。近くには、国宝・中空土偶を展示する函館市縄文文化交流センターや大船遺跡があり、函館中心部から車で1時間ほどの、手軽なドライブにおすすめです。

日時 2017年6月10日(土)9時~20時半
会場 臼尻漁港(函館市臼尻町)※荒天時は変更の場合あり
主な内容 
舟漕ぎ競争9時40分~
漁火パレード(昼)12時30分~※中止
郷土芸能発表会13時30分~
歌謡ショー(中村美津子ほか)18時~
漁火パレード(夜)19時30分~※中止
花火20時20分~
問い合わせ 実行委員会事務局0138-25-5119
(2017/6/8更新)

関連記事

続きを見る
「ミシュランガイド北海道2017特別版」に函館の34軒
厳選したホテル・レストランを☆の数とともに紹介するガイドブック「ミシュランガイド」。このたび、「ミシュランガイド北海道2017特別版」が発売になり、函館からも34軒の飲食店が掲載される予定です。

発売に先駆けて、会員制ウエブサイト「クラブミシュラン」で掲載店舗と評価の全リストが先行公開されています。掲載期間は、2017年5月19日10時まで。

税込3240円 
日本ミシュランタイヤ発行
2017年5月19日(金)発売予定 ※発売日は地域、店舗によって異なります


函館からの掲載店
☆(そのカテゴリーで特においしい料理)
冨茂登(日本料理。写真)、鮨処 美な味(寿司)、天ぷら 田ざわ(天ぷら)、ロワゾー・パー・マツナガ(フランス料理)、エノテカ・ラ・リコルマ(イタリア料理)
ビブグルマン(3500円以下で食事ができる、おすすめレストラン) 
常寿し、鮨処 木はら(以上寿司)、居酒屋 兆治(居酒屋)、蕎麦彩彩 久留葉蕎麦蔵(以上蕎麦)、阿佐利本店(すき焼)、ビストロ ハク(フランス料理)、星龍軒(ラーメン)、うなぎ処 髙はし(うなぎ)、とり辰(焼鳥)、コルツ(イタリア料理)
その他の掲載店
味処 鮨金 分店(寿司)、エビス軒(ラーメン)、ラ・コンチャバスク(以上スペイン料理)、地場 炭小屋二代目 佐平次、くずし割烹 和のふ(以上居酒屋)、割烹 魚清、懐石の里 煌四季 粋花亭、割烹 あべ(以上日本料理)、うに むらかみ 函館本店(海鮮料理)、トウイラ クチーナ ヴェンティトレ(以上イタリア料理)、唐草館コム・シェ・ヴー(以上フランス料理)、かね久 山田(蕎麦)、ビアンキ(ピッツェリア)

なお、みなみ北海道からはこのほか、鮨 おおね田(寿司・森町)が☆、華京(中華調理・森町)、寿し処 かきた(寿司・八雲町)、そば蔵やまげん(蕎麦・江差町)がビブグルマン、ほか6軒が掲載されています。

【5/20~6/4の土日】馬とのふれあいも、うまパin函館競馬場
6月17日からの函館競馬開催を前にした「パークウインズ函館競馬場」で、お笑いやキャラクターのショーが見られるイベントが開催されます。日曜日は、小学生以下の子どものポニー試乗会や、大人も体験できる乗馬試乗会も行われます。

日程 2017年5月20日(土)~6月4日(日)の土日
開催場所 函館競馬場(市電「競馬場前」下車すぐ)
入場料 無料
主なイベント こちら参照
問い合わせ 函館競馬場0138-53-1021

関連記事

【9/2・3】各地の美味が大集合、はこだてグルメサーカス
毎年100を超える全国のご当地グルメが出店する、函館のビッグなグルメイベントが今年も開催されます。

会場は、JR函館駅近くの大門グリーンプラザと函館朝市の駐車場。開放的な屋外で、ステージイベントも楽しみながら、日本の、世界の美味しいものを満喫しませんか。

なお、2017年の特別企画は「秋田犬MOFU MOFUひろば」。秋田犬と大館曲げわっぱ太鼓が来場、自慢のグルメ・物販ブースも登場します。

日時 2017年9月2日(土)、3日(日)10~17時(3日は16時まで)
会場(内容は変更する場合があります)
・開港都市と姉妹都市のひろば
横浜シウマイ、神戸牛コロッケ、ボルシチ、チヂミなど
・翼でつながる東京・大阪・名古屋のひろば
東京の深川飯、大阪のお好み焼き、名古屋の味噌カツなど
・函館と東北6県、埼玉・北関東のひろば
八戸せんべい汁、福島市伊達鶏焼鳥、宇都宮餃子など
函館朝市第一駐車場
・みなみ北海道ひろば
北斗市、松前町、福島町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町、八雲町、江差町、上ノ国町、せたな町
⇒出店内容詳細はこちら
⇒シャトルバスの案内はこちら
問い合わせ 実行委員会事務局0138-21-3499
(2017/8/4更新)


関連記事

【8/19】温泉街が花火で彩られる「湯の川温泉花火大会」
函館の夏のラストを彩る、湯の川温泉の花火大会。

昼間には源泉などから採った湯を湯倉神社に奉納する「献湯式」が湯倉神社で行われ、歴史ある温泉街らしい風情が感じられます。

花火の打ち上げは湯の川温泉街の松倉川下流付近から。津軽海峡沖に灯るイカ釣り漁船の漁火(いさりび)とのハーモニーは、郷愁を誘う美しさです。

日時 2017年8月19日(土)19:40~20:40
※荒天時は8月20日(日)に延期
会場 松倉川下流(函館市熱帯植物園近く)
問い合わせ 函館湯の川温泉旅館協同組合0138-57-8988
(2017/6/27更新)

関連記事

【7/16】音楽と花火のコラボ「函館新聞社 函館港花火大会」
函館の夏の訪れを告げる花火大会。2017年は、3連休の中日の7月16日(日)に開催されます。

主観覧場所の豊川ふ頭から函館市青函連絡船記念館摩周丸岸壁まで、約600メートルにわたって、迫力ある広域サウンドシステムで音と光のショーが楽しめます。

色とりどりのの花火が夜空を彩るワイドスターマインをはじめ、花火と音楽がコラボレーションした創作スターマイン、水中花火など、港の花火大会ならではの見どころがいっぱいです。

開催当日は、地元コミュニティFMラジオ局「FMいるか(80.7MHz)」で実況生中継があり、トークとのコラボも楽しめます。

日時 2017年7月16日(日)19時45分打ち上げ開始(予定)
(荒天の場合は翌日に順延)
主観覧場所 豊川ふ頭周辺(金森洋物館前、水産物地方卸売市場前~青函連絡船記念館摩周丸前岸壁)、ともえ大橋の一部(水産物地方卸売市場前スロープから入場)
問い合わせ 函館新聞社事業部0138-40-5151

関連記事