これからのイベント一覧
函館の人気観光スポットである重要文化財・旧函館区公会堂の2階大広間で、函館市ゆかりの演奏家や地元の音楽愛好家によるコンサートが催されます。館内を見学しながら、歴史的な建物に響く音楽に耳を傾けてはいかがでしょう。

期間 2017年5月10日~9月27日、毎週水曜日(8/2を除く)
時間 1日2ステージ 11:00~11:20、11:30~11:50
鑑賞料 無料(要入館料)

期間 2017年5月21日~9月30日、土・日曜日(一部開催なし)
時間 こちらを参照
鑑賞料 無料(要整理券)、入館者は入場自由

問い合わせ 旧函館区公会堂0138-22-1001

続きを見る
函館の夏のお楽しみ、函館競馬が2017年も6週にわたって開催されます。

間近で繰り広げられる熱いレースとともに、大人も子どもも楽しめるグルメ企画、キャラクターショー、豪華ゲストによるスペシャルイベントなど、盛りだくさんです。

日程 2017年6月17日(土)~7月23日(日)の土日
開催場所 函館競馬場(市電「競馬場前」下車すぐ)
入場料 100円(6月18日は入場無料)
主なイベント 
6月17日(土)アンガールズ 開幕ダッシュLIVE
6月18日(日)JRA-VANイメージタレント藤原竜也 表彰式プレゼンター
6月24日(土)DAIGO 函館DAI感謝ステージ
6月25日(日)メイプル超合金 超函館LIVE
7月 2日(日)宇宙戦隊キュウレンジャーショー
7月 9日(日)キラキラ☆プリキュアアラモードショー
7月16日(日)ウーマンラッシュアワー&コロコロチキチキペッパーズ お笑いLIVE
7月23日(日)加藤諒の勝トーーク
全期間 函館黒船プロデュースグルメイベント「馬船」
※イベント詳細はこちら
問い合わせ 函館競馬場0138-53-1021
(2017/6/10更新)

関連記事

JR函館駅前の繁華街、大門地区にある屋台村「函館ひかりの屋台 大門横丁」を中心に、人気の飲み歩き、食べ歩きイベント「大門バル」が行われます。

大門横丁26店舗と界隈の個性豊かな参加店が自慢の料理とお酒を用意。当日限定メニューが1セット500円(1ドリンク&1フード)。チケット制ではなく、イベント当日、各店で支払いをする現金制なので、気軽に楽しめます。また、豪華景品が当たるスタンプラリーもあります。

日時 2017年6月23日(金)17~22時(店舗ごとに異なります)
会場 函館ひかりの屋台 大門横丁(松風町7-5)、近隣の参加店舗
参加店と提供メニューはこちら
問い合わせ はこだてティーエムオー0138-24-0033

関連記事


湯の川温泉の守り神として親しまれている湯倉神社で、毎年恒例、初夏の夕暮れを楽しむキャンドルイベントが行われます。

キャンドルの優しい光のもと、浦安の舞の奉納や、函館の「トラベリングバンド」ひのき屋のライブが行われます。夏至前の美しい宵を、由緒ある場所でいっしょに楽しみませんか。

湯倉の杜
日時 2017年6月24日(土)14:00~20:30(雨天順延)
会場 湯倉神社境内(市電終点「湯の川」電停近く)
内容
第1部(17:30まで) 子どもを対象とした体験イベント(パステルアート体験、神社内ミニめぐりツアー、ご当地キャラと遊ぼう、アイスカービング、どんきみ大砲)
第2部(18:00から) キャンドルナイト、キャンドルアート、浦安の舞、ひのき屋奉納ライブ
入場料 無料
問い合わせ 湯倉神社0138-57-8282 Facebookページ

函館山のふもとの碧血碑(へっけつひ)は、戊辰戦争最後の戦いとなった箱館戦争での旧幕府軍戦没者の慰霊のために、1875(明治8)年に建てられたもの。毎年、千代ヶ岡陣屋が陥落した旧暦5月16日にあたる6月25日に碑前祭が行われ、戦没者を供養しています。

慰霊祭は、幕臣の子孫や関係者を中心とする函館碧血会と実行寺の僧侶のみなさんによって執り行われます。一般のかたも参加可能。戦争で散った兵士たちをしのび、歴史に思いをはせることができます。

函館碧血碑前慰霊祭
日時 2017年6月25日(日)14時より
会場 碧血碑前(函館市谷地頭町1。市電谷地頭電停から徒歩15分)
問い合わせ 函館碧血会(北海道東照宮内)0138-32-2111


フルマラソン・ハーフマラソン同時開催となって2回目の「2017函館マラソン」。函館の海や山、街並みを感じながら走る、眺めのいいコースが人気です。

参加申し込みは締め切られましたが、当日、沿道からランナーたちに熱い声援を送りませんか。


日時 2017年7月2日(日)ハーフ9時、フル9時10分スタート
参加定員 ハーフ、フルとも4000名程度
問い合わせ 実行委員会事務局(函館市教育委員会スポーツ振興課内)0138-21-3576
(2017/5/15更新)

最新情報は公式Facebookページで発信中

関連記事

函館市民から「八幡さん」の愛称で親しまれる函館八幡宮で、音楽とダンスのパフォーマンスを楽しむ野外イベントが開催されます。

出演者は、昨年に引き続き、多民族芸能集団わたら。チベットの伝統楽器奏者、韓国の太鼓奏者、篠笛・能管・和太鼓奏者、民族舞踏ダンサーの4人によるパフォーマンスが、函館山の樹林に囲まれた静穏な空間を満たします。

合わせて、市内人気飲食店によるフードの販売もあります。

日時 2017年7月8日(土) 開場18時、開演19時
会場 函館八幡宮(市電「谷地頭」電停から徒歩8分)社殿正面 ※雨天時は函館八幡宮敷地内、氏子会館で開催
出演 多民族芸能楽団 わたら

チケット 前売り3000円、当日3500円(着物か浴衣のかたは500円分の飲食交換チケットつき)
駐車場 約80台(無料)
出店予定 パザールバザール、cafe+B&Bククム、niyol、DripDrop百閒、coneruほか
イベント詳細はこちらからも
翌9日(日)にはワークショップもあり
問い合わせ・予約 eponsha@gmail.com  090-1643-0153 (エポン舎 國立朋佳)

特別史跡・五稜郭跡で上演される歴史劇が、函館野外劇。アイヌの時代、開港、箱館戦争、大火など、函館の激動の歴史がつづられます。

今年は通算30回の記念の年。五稜郭公園の一の橋広場での夜公演になります。

五稜郭の堀や土手を演出に組み込んだスケールの大きさと、迫力の殺陣やダンスパフォーマンスが間近で見られるのが魅力の野外劇。歴史の舞台である五稜郭で鑑賞してみませんか。

日程 2017年7月14日(金)~8月12日(日)の金土(8月4・5日を除く)
会場  五稜郭公園一の橋広場
公演時間 19:30~20:40頃
入場料 前売/大人1200円、高大生600円、小中学生300円。当日/大人1500円、高大生800円、小中学生400円
問い合わせ 事務局0138-56-8601
(2017/5/15更新)

関連記事

函館の夏の楽しみのひとつは、野外で音楽を聴きながらくつろいですごすこと。函館駅近くの多目的広場「大門グリーンプラザ」で、毎年恒例の野外ジャズフェスティバル「大門ジャズ」が開催されます。

ジャズ、ブルース、ボサノバ、ビッグバンドなど、地元で活躍する多彩なミュージシャンが登場。スペシャルゲストとして、ジャズドラマー中村達也さんのトリオが昨年に続いて出演します(15日15時から)。

ビール&ドリンクブース、フードブースも充実。思い思いの場所に腰掛けて、生演奏を聴きながらハッピーな時間を過ごしましょう。

日時 2017年7月15日(土)12~21時ごろ、16日(日)12時~20時ごろ(少雨決行、雨天中止)
問い合わせ Jazz spot Leaf0138-27-4122、函館都心商店街振興組合0138-23-6991

函館では、毎年初夏になるとツチクジラ漁が行われ、市民の食卓には新鮮な刺し身や竜田揚げなどがのぼります。また、正月には縁起物のくじら汁を食べる風習もあります。函館市民の身近な存在であるくじらを「食べて、学べる」イベントが開催されます。

会場は、函館湾に突き出したマリンサイエンスの研究施設で、海の眺めも最高。市電「函館どつく前」電停から無料シャトルバスも運行されます(9~17時。所要時間10分、20分間隔)。

函館くじらフェスティバル
日時 2017年7月16日(日) 10~15時(雨天決行)
主な内容
・くじらラーメンの販売(11時から。300円、300食)
・くじらのベーコン、赤肉、缶詰などの販売
・海鮮焼きなどの販売
・くじら汁と竜田揚げの料理教室 11~13時(要事前申込、定員45名)
・くじらに関するパネル展示、映像放映
・海の生きものに触れるタッチプール、キッズコーナーなど 
事前申し込み 国際水産・海洋総合研究センター0138-21-4700
問い合わせ 函館市農林水産部水産課 0138-21-3336

関連記事



  • mixiチェック
  • この記事をはてなブックマークに追加