ピックアップニュース一覧
Instagram(インスタグラム)は、感動を写真で手軽にシェアできる人気のSNSです。

函館を旅して出会った風景、体験、イベントなどの写真を、#hakodate_photoでシェアしませんか。スマートフォンやタブレットからアプリをダウンロードして、テーマを表す#(ハッシュタグ)の#hakodate_photoを、写真のキャプション(説明文)につけて投稿できます。

みんなの撮った写真は、どなたでも自由に見ることができます。
#hakodate_photoを見る

なお、当サイト編集室で写真をセレクトして、
ご本人の了解のもと、トップページの写真ライブラリーに掲載させていただく場合があります。
また、外国語ページ(Travel Hakodate)のトップページに掲載する場合もあります。

函館駅前の「キラリス函館」3階にある「はこだてみらい館」で、デジタルゲーム機の歴史が体感できる企画展が開催されます。

「あそぶ!ゲーム展」は、埼玉県川口市スキップシティで約5万人の動員を記録した人気の展示がベースになったもの。スペースインベーダー、パックマン、ギャラクシアンなど、デジタルゲームの往年の名機が展示されます。

「つくる!ゲーム展」では、段ボール、割り箸、ペットボトルなどと3Dプリンターでオリジナルゲームを作る自由工作が楽しめます。

なお、7月15日(土)には、伝説の「16連射」で一世を風靡したゲームプレゼンターの高橋名人が来館。13時からエキジビション、14時半から特別工作ワークショップ(要予約。大人1000円、小中高生700円〈いずれも入館料込〉、見学無料〈要入館料〉)があります。

期間 2017年7月14日(金)~9月3日(日)
入館料 大人600円、小中高生300円
会場・問い合わせ はこだてみらい館0138-26-6000


2017年、函館港で行われる花火大会は7月16日(日)の函館港花火大会と、8月1日(火)の函館港まつり花火大会。これを、船の上から楽しむ企画をご紹介します。

遊覧船Bluemoon(ブルームーン)に乗って、ブッフェスタイル(フリードリンク)のディナーを楽しみながら、函館港内の海上から花火を眺めるスペシャルプラン。海から眺める街の夜景も素敵です。
乗船場所 ブルームーン遊覧船のりば
時間 乗船18時45分、出港19時00分、帰港21時30分(予定)
定員 80名(全席指定)
料金 7月16日(日)中学生以上9500円、小学生4800円 8月1日(火)中学生以上11000円、小学生5000円
申込方法 電話予約後、乗船日前日までにのりばでチケットを購入
予約・問い合わせ 函館ベイクルーズ・ブルームーン営業部0138-26-6161

函館港の岸壁に係留されている青函連絡船記念館摩周丸が、花火大会に合わせて夜間の特別開館を実施。船内やコンパス甲板から、目の前に上がる迫力の花火を鑑賞できます。
開館時間 7月16日(日)19時~21時15分、8月1日(火)19時30分~21時15分(両日とも、18時に通常営業を終えて閉館したのち、19時に再開館)
入館料 一般500円、児童・生徒250円、未就学児は無料
※定員(500人)になると入館制限を行う場合があります
※コンパス甲板はスタンディングです(イス、シート等使用禁止)
問い合わせ 函館市青函連絡船記念館摩周丸0138-27-2500
(2017/7/12更新)

関連記事

続きを見る
みんなの投票が温泉地の応援につながる、国民参加型の地域活性化プロジェクトが「温泉総選挙」。日本全国からのエントリー温泉地からお気に入りの温泉に投票すると、抽選でペア宿泊券が当たるという企画です。

函館の湯の川温泉は、歴史・文化部門、女子旅部門、外国人おもてなし部門でエントリー。「いつか行ってみたい」「行ったらすごくよかった」というかたは、ぜひページを開いて投票を。毎月1組、2万円分のペア宿泊券が当たります。


関連記事

函館からJR特急で30分、車なら約40分で行ける、お隣・七飯町の大沼国定公園。体験プログラムとランチがセットになったお得なプランを紹介します。

とにかくアクティビティを楽しみたいかた向けの「とことん体験プラン」、七飯・大沼の味覚を思う存分味わう「しっかりランチプラン」があり、それぞれ複数のメニューから好みの体験とランチを組み合わせます。

1日限定10組で、事前に特設サイトから予約が必要です。

期間 2017年7月1日(土)~10月30日(月)火曜定休 
料金 1名税込4000円
チケット販売場所 大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)
内容 
●とことん体験プラン(各1つ選択)
体験メニュー・・・大沼湖畔でがっつりカヌー体験、北海道ナナイロの天空旅、ジップラインアドベンチャー函館大沼
ランチメニュー・・・黒ベコカレーセット、Lunch on Ranch特製焼きたて!ナポリピッツア
●しっかりランチプラン(各1つ選択)
ランチメニュー・・・カルビ盛り合わせセット、Lunch on Ranch特製ランチセット
体験メニュー・・・大沼湖畔でちょこっとカヌー体験、遊覧船で大沼・小沼湖島巡り、手漕ぎ・ペダルボートで大沼湖島巡り、大沼公園散策ガイドツアー、大沼湖畔サイクリング
●お土産割引 沼の家の大沼だんごなど
問い合わせ 大沼国際交流プラザ0138-67-2170

続きを見る
函館のビアガーデンは、ビール片手にジンギスカンが定番。また、海鮮焼きも魅力的。風を感じながら飲んだり食べたりで盛り上がるのは、夏のお楽しみです。2017年の期間限定ビアガーデン情報をお届けします。(写真は昨シーズンのもの)

【営業中】4月21日(金)~9月末
17時~21時30分(ラストオーダー)
五稜郭公園前交差点から徒歩5分
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)税込4000円
ホテルテトラ0138-55-1818

【営業中】4月21日(金)~10月31日(水) 月曜定休
17時~21時(ラストオーダー)
五稜郭公園前交差点から徒歩3分
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)税込大人4000円、中高生3000円、小学生2000円


【終了】5月19日(金)~6月18日(日) 12~20時(悪天候時は中止)
JR五稜郭駅前広場(亀田本町46)
カキ1盛り(約1キロ)1200円ほか(テント内での海産物炭火バーベキュー)

【営業中】6月7日(水)~9月18日(月) 12~20時
函館空港国内線旅客ターミナルビル3階HakoDake HaLLで、飛行機の離発着を眺めながら
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(90分)税込み4320円
函館空港ビアガーデン係080-8289-8001

【終了】7月14日(金)~17日(月) 18~23時
市電「湯の川温泉」電停前のパーラーパチパチ湯川店駐車場で。移動屋台、ステージイベントなど
湯川温泉商工振和会0138-57-3251

8月1日(火)~3日(木) 17~21時(2日のみ16時~)
函館港まつり関連イベント。市電「十字街」電停から徒歩1~2分の高田屋通り(江口眼科病院横通り)で
十字街商盛会0138-22-1538

大門ビアパーク 
8/1(火)~5(土) 11時半~22時
函館港まつり関連イベント。函館駅から徒歩5分の大門グリーンプラザ(緑地帯広場)で

湯川ビアガーデン
8/5(土)、6(日)、10(木)~12(土)、18(金)、19(土)※湯の川温泉花火大会順延の場合20(日) 16時~21時半
市電「湯の川温泉」電停前のパーラーパチパチ湯川店駐車場で。
ゆのかわもりあげ隊090-8897-5556

※ほかにも開催予定あり。発表があり次第、お知らせします
(2017/7/24更新)

続きを見る
昨年夏に大好評だった「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」の2017年夏バージョンが、7月1日からスタートします。

「ひと旅ふた旅、めぐる旅。青森⇔函館」をキャッチフレーズに、函館をはじめとする「みなみ北海道」と青森県の周遊旅行を提案。さまざまなプランを用意して、北のワイドな夏の旅をサポートします。

詳細は、JR東日本・JR北海道の主要駅や旅行会社、観光案内所などでで配布するガイドブックをご覧ください(PDF)。

期間 2017年7月1日~9月30日
実施エリア 青森県全域・みなみ北海道11市町(函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町、上ノ国町、江差町)
問い合わせ 青森県・函館観光キャンペーン推進委員会(青森県観光連盟)017-722-5080

紅葉が色づく秋の大沼国定公園を、ランニングやウォーキングでめぐるイベントが行われます。

湖畔一周14.1kmのコースと、6.3kmのファミリーコースがあり、さわやかな空気と湖畔の景色を楽しみながら参加できます。

参加者全員に、七飯町福田農園の「王様しいたけ」と近隣温泉の無料入浴券のプレゼント。また、七飯町の特産品が当たる抽選会もあります。

日程 2017年10月15日(日)雨天決行
場所 大沼国定公園
申込方法 申込用紙を利用してゆうちょ銀行で、またはインターネットで ※詳細はこちら 
申込期限 8月10日(木) ※インターネットの場合は8月18日(金)
問い合わせ 北海道大沼グレートラン・ウォーク運営委員会事務局0138-67-2170


北海道新幹線開業とともに誕生した「道南いさりび鉄道」。JR北海道から分離された江差線を引き継いだローカル線で、JR時代の気動車を改装したカラフルな特別車両「ながまれ号」が話題を集めています。

夕暮れの空をイメージした濃紺の「ながまれ号」に始まり、春から初夏にかけて一斉に咲く花々の山吹色、夏の沿線に広がる木々や豊かな森の濃緑色と続き、今回は山々の美しい紅葉や、豊かな実りなど道南の秋を象徴する濃赤色の車両が登場。この後、雪をイメージした白い車両が加わる予定です。

ながまれ号は公式サイトのお知らせ欄で運行予定が発表されていますが、ほかは、どれがいつ走るかその日のお楽しみ。函館駅から木古内駅まで運行しているので、眺めて、撮って、乗って、お楽しみください。

問い合わせ 道南いさりび鉄道0138-83-1977

続きを見る
函館公園内にある市立函館博物館で、北海道や函館市の有形文化財に指定されている恵山貝塚出土品を含む、考古学のコレクションの企画展が開催されます。

展示されるのは、函館で精肉業を営んでいた能登川 隆氏が、大正から昭和30年代にかけて函館市内で収集した先史時代の土器・石器・骨角器など。縄文早期から晩期・続縄文時代の個性的な出土品と、考古学に魅せられた一市民の生涯を知ることができます。

また、同時開催の収蔵資料展では、江戸から明治期の掛け軸(土田コレクション)、刀と鐔(つば)(堤コレクション)、松前家ゆかりの品々、箱館戦争、昔の生活道具に関する資料の展示もあります。

期間  2017年6月13日(火)~8月27日(日)
会場  市立函館博物館第1展示室
開館時間 9~17時(最終入館16時30分)
休館日 7月17日を除く毎週月曜日、7月18日(火)
観覧料 一般300円、大学・高校生200円、中・小学生100円(団体割引等あり)
問い合わせ 市立函館博物館0138-23-5480

展示解説セミナー
7月20日(木)、8月10日(木)の13時30分~15時に、能登川コレクション展の展示資料を見ながらの解説セミナーがあります。参加費は入館料のみ。申し込み不要なので、直接博物館へ。

続きを見る


  • mixiチェック
  • この記事をはてなブックマークに追加