新幹線・新函館北斗駅から、レンタカーで函館市内へ
160424TT00駅外観.jpg

北海道新幹線の終点「新函館北斗駅」で降りて、函館市内へ向かう場合、JRの新幹線用アクセス列車や路線バスなどの公共交通機関を使うかたが多いかと思いますが、レンタカーを使うのもメリット充分。旅行カバンやスーツケースなどを積んで、目的地まで楽に行けるほか、途中にある店や観光スポットに立ち寄りながら旅を楽しむこともできます。函館市の中心部まで18キロ、30~40分の道のり。ドライブ大好きな記者が、主要道路を使ってのアクセス方法を、写真を交えてわかりやすく紹介します。


◆新函館北斗駅前にはレンタカー各社の営業所があります

160424TT02レンタカーステーション.jpg
JR新函館北斗駅の南口を出ると、レンタカー会社の営業所が建ち並んでいます。交差点の左手にはニッポンレンタカータイムズカーレンタルオリックスレンタカー。交差点前にはトヨタレンタリース。交差点の右手には駅レンタカー日産レンタカー。交差点からまっすぐ歩くとバジェット・レンタカー。会社によっては、JR函館駅前や函館空港などにある営業所で乗り捨てても別途料金がかからないことがありますので、事前に確認をし、上手にプランを立てるといいでしょう。手続きを済ませ、さあ函館市内に向けて出発しましょう。

accessMAP2.jpg


◆国道227号線(大野新道)を通るルート

函館市と江差町を結ぶ一般国道。新函館北斗駅から函館市までは片側2車線で道幅が広く、また見通しがいいことから、運転しやすい道路のひとつです。

【A】JR函館駅、五稜郭方面

160424TT06駅前通.jpg
①JR新函館北斗駅南口正面の「新函館北斗駅前通」を、まっすぐに約1キロ走ります。

160424TT07国道227号交差点.jpg
②江差方面、札幌方面と分かれる交差点を左折し、国道227号線(大野新道)を函館方面へ。こちらは、2014年秋と2015年春に新幹線の車両を陸送する際に通った道でもあります。

160424TT09高架橋との交差.jpg
③北斗市東前付近では、新幹線高架橋が道路を横切っています。

160424TT10産業道路との交差点.jpg
④左手にガソリンスタンド(出光セルフ&フル追分)が見えたころから右側車線に入り、国道227号線と道道100号線(産業道路)との交差点を右折します。

160424TT11七重浜こ線橋.jpg
⑤道南いさりび鉄道を越える「七重浜こ線橋」を渡り、その先の七重浜7丁目交差点を左折します。

160424TT13ガス会社交差点.jpg
⑥北海道ガス函館支店前の交差点をまっすぐ走ると五稜郭方面へ(詳細)、右折して国道5号線を走るとJR函館駅に着きます(詳細)。


【B】函館山、元町、ベイエリア方面

160424TT16ともえ大橋万代町側.jpg
【A】の①~⑥をたどり、七重浜7丁目交差点を左折後しばらく進み、有川こ線橋を越えた先にあるダイハツ北海道販売手前の交差点を右折。その後すぐに左折して進むと、ともえ大橋の入口へ。

160424TT17ともえ大橋から摩周丸.jpg
函館港と、ふ頭に係留される青函連絡船記念館摩周丸を右手に見ながら長い橋を渡ると、ベイエリア、西部地区に入ります(詳細)。


【国道227号線(大野新道)沿いの立ち寄りスポット】

160424TT14あぐりへい屋.jpg

JA新はこだてが運営している農産物直売所。食や農に関する情報を提供し、見る・知る・選ぶ・味わうことができる体験型の直売所で、加工品の販売やフードコーナーなどもあります。
北海道北斗市東前62
0138-77-7779

160424TT15しんわの湯.jpg

源泉かけ流しの温泉施設。9種類のお風呂があり、大浴場には2つの泉質のお湯に分かれています。朝早くから夜遅くまで営業しており、地元の人でいつも賑わっています。
北海道北斗市東前85-5
0138-77-8000


◆国道5号線(赤松街道)を通るルート

JR函館駅前を通り、札幌まで続く幹線道路が国道5号線。通称・赤松街道で、日本の道百選や土木遺産にも選ばれており、沿道に植えられた約1400本の立派な赤松が目を引きます。

【C】JR函館駅方面

160424TT19環状通.jpg
①JR新函館北斗駅南口を背にして、左手の道路(新函館北斗駅環状通)を走ります。

160424TT20国道5号線交差点.jpg
②正面に新幹線の高架橋が見えたら、手前の信号のある交差点を左折。

160424TT21カントリーサイン.jpg
③高架橋をくぐり抜け、道道1176号線を進むと、七飯町のカントリーサインが見えてきます。

160424TT22道昆布館横.jpg
④その先の七飯町峠下・北海道昆布館近くの交差点を右折すると、国道5号線に入ります。

160424TT23函館新道との分岐.jpg
⑤右側車線を走り、函館新道と分岐する交差点で右折し、国道5号線を行きます。

160424TT25赤松街道.jpg
⑥立派な赤松が建ち並ぶ赤松街道。七飯町の中心部を通り、まっすぐ走っていくと、JR函館駅に至ります(詳細)。


【国道5号線(赤松街道)沿いの立ち寄りスポット】

160424TT26北海道昆布館.jpg

福井県敦賀市の昆布問屋「ヤマトタカハシ」が、昆布文化のPRを目的として「昆布のふるさと北海道」に建てた展示館、兼昆布製品販売店。オリジナル商品を中心に約200アイテムを販売。
北海道亀田郡七飯町字峠下32-1
0138-66-2000

160424TT27ラッキーピエロ.jpg

函館のご当地ハンバーガーショップの郊外店。約3000坪の土地に約300坪のログハウス風の建物があり、席数は208席と、函館市内・近郊にあるラッキーピエロの中で、最も広い店。
北海道亀田郡七飯町峠下337-11
0138-66-6566

160424TT28はこだてわいん.jpg

国道5号線・赤松街道沿いにある「はこだてわいん」の直営店。常時70種類近くの商品が並んでおり、試飲もできます。月替わりで用意されているワインソフトクリームも人気。
北海道亀田郡七飯町上藤城11
0138-65-8170

160424TT29ゆうひの館.jpg

国道沿い、七飯町中心部にある日帰り温泉施設。レンタルのタオルやバスタオルなどがセットになった入浴セットもあり、手ぶらで気軽に立ち寄れます。
北海道亀田郡七飯町本町4丁目6-1 
0138-64-1126

160424TT30こなひき小屋.jpg

北海道産の小麦や地元食材を取り入れ、地元住民、料理人、遠方にも多くのファンを持つパン屋。菓子パン、調理パン、デニッシュ・ペストリー、ドーナツなど、定番だけでも常時70~80種類扱っています。
北海道亀田郡七飯町本町4丁目1-55 
0138-65-8513


◆国道5号線・函館新道を通るルート

一般道の国道5号線を使わずに、バイパスの自動車専用地域高規格道路である函館新道を使うと、若干時間が短縮されます。高台にあるため、途中、前方には函館山や五稜郭タワーも見え、夜は、函館市内の夜景も眺められます。

【D】JR函館駅方面

160424TT24函館新道.jpg【C】の①~④をたどり、国道5号線に入ったら中央の車線を走り、函館新道と国道5号線(赤松街道)と分岐する交差点を直進して、函館新道七飯藤城ICに入ります。

函館ICを降りてそのまま直進し、途中の案内板に従って右側車線を走り、高架橋を渡ります。その後、国道5号線(一般道)と合流し、JR函館駅前に至ります(詳細)。


【E】五稜郭、湯の川温泉、函館空港方面

160424TT31函館新外環道.jpg函館駅を経由せず、2015年春に一部開通した自動車専用の地域高規格道路・函館新外環状道路を利用すると便利です。【D】のルートで、函館新道の函館ICから函館新外環状道路へ。現在開通しているのは約1キロメートルと短い区間ですが、右手には函館市内の街並みや函館山などが見渡せ、赤川ICまで気持ちよく走り抜けられます。

160424TT32赤川通りと産業道路交差点.jpg函館新外環状道路・赤川ICで、道道347号線(赤川通り)に入ります。函館駅方面に向かい、美原3丁目交差点(ヤマダ電機テックランドNew函館本店)を直進すると、五稜郭公園方面へ(詳細)。

160424TT33湯の川交差点.jpg一方、美原3丁目交差点を左折し、道道100号線(産業道路)を進むと湯の川方面へ。市電「湯の川」電停前の交差点(湯倉神社前交差点)を左折後、すぐに右側車線に入り、案内に従って走ると函館空港へもすぐ近くです(詳細)。


◆函館市内を運転する際に知っておきたいこと

160424TT34信号1.jpg 160424TT35信号2.jpg
信号にある黄色の矢印や赤色の×印は「路面電車専用信号機」
函館市内を走っていると見かける、路面電車専用の信号機。信号が青で赤色の×印が出ているとき、車は進めます。信号が赤で黄色の矢印が出ているとき、車は進めません。

160424TT37多叉路.jpg多叉路(たさろ)が多い函館市内
函館市内、特に特別史跡五稜郭跡周辺は、5本以上の道路が集まる交差点(多叉路)が多く、慣れていないと戸惑うことがあります。他の車の動きに注意しながら進みましょう。

160424TT36駐車禁止標識.jpg
観光中は駐車場、コインパーキングを利用
函館山のふもとの元町周辺やベイエリアは駐車禁止の道路がほとんどです。路上駐車は絶対にせず、短い時間でも必ず駐車場やコインパーキングを利用しましょう。


※記者TT 2016/3/18取材、4/26公開


関連記事