函館の海を満喫! 絶景「海辺カフェ」
120718M01.JPG

函館というと、レトロな洋館や古い街並みなどのイメージが強いと思いますが、地図を見ると、周囲を海に囲まれた「半島」の街だということがわかります。街を歩けば通りの向うに、坂を上れば振り向いた先に、もちろん函館山からも、周囲に海が見渡せます。

函館でゆったりとした時間を過ごしたいなら、ぜひ広々とした海を眺めて大きく深呼吸してみてください。そんなときにぜひ立ち寄ってほしいのが、海に面して建つ絶景の「海辺カフェ」。地元市民のなかにもファンの多い、とっておきのお店をご紹介しましょう。
(解放感抜群のテラスルーム/カフェテリア モーリエ


◆海、カモメ、船、潮風......。大きな窓いっぱいに、開放的な風景が広がるカフェ

120718M02.JPG

函館から見る海のイメージで一番ポピュラーなのは、ベイエリアの風景。クルーズ船やヨット、青函連絡船記念館の摩周丸などが港に賑わいを添えます。そのほかにも、外人墓地方面からは大きな弧を描く函館湾、立待岬方面からは青森県に続く津軽海峡を望むことができて、それぞれに違う表情の海が広がっています。
(テラスからベイエリアに直結/海のダイニングshirokuma

120718M03.JPG

そして、各エリアにたたずむ、海を眺めるためにあるかのようなカフェ。いずれも海に面した大きな窓があり、店の中まですっぽりと海の空気に包まれています。目の前を横切るカモメ、鼻をくすぐる潮の香り、行き交う船、太陽の光や雲......。初めて足を踏み入れたときには、その解放感に肩の力が抜けていくのを感じ、店を出たら、またすぐにその店を訪れたくなるから不思議です。
(開け放した窓から函館湾を一望/ティーショップ夕日

130613M01.JPG
(波の打ち寄せる津軽海峡が目の前/Cafe 琥珀

120718M04.JPG
(様々な船が行き交う海は、イルカの群れが横切ったり大きな虹がかかることも/カフェテリア モーリエ

IMG_1460.JPG
(函館港に係留される船内から、港と函館山が一望できる/青函連絡船記念館摩周丸内 喫茶ニューサロン海峡

150420TT03.jpg
(港に面した窓側の席〈喫煙席のみ〉からは緑の島などが見え、開放的なロケーション/ラッキーピエロ マリーナ末広店


◆函館の夕日はダイナミック。海を染める夕焼けに出合えたらラッキー
120718M07.JPG

日中の青い海、青い空も爽快感がありますが、夕暮れどきの海も、一度見たら忘れられない思い出になるはず。海に囲まれた函館は、きれいな夕焼けを見られることが多いといわれています。
(しばし言葉をなくす夕焼けタイム/カフェテリア モーリエ

120718M09.JPG
特に、西向きに海がある入船町・穴澗(あなま)の海岸は、知る人ぞ知る夕日の名所。「カフェテリア モーリエ」「ティーショップ夕日」からは、しばしば、真っ赤な夕日が沈んでいくのを見ることができます。あたりを染める夕焼けの色も感動的。
(あたりの空気まで夕焼け色/ティーショップ夕日) 

120718M08.JPG
また不思議なことに、北向きや東向きの海も夕映えに染まることも。海辺のカフェは、夕焼けのビュースポットでもあります。
(東の雲も夕焼け色に染まる/カフェ ラミネール) 


◆赤レンガ倉庫や船の明かりが灯るベイエリアの夜景も、もうひとつの顔
120718M10.JPG

海辺カフェは、夕方までの営業のところがほとんどですが、夜景が楽しめるところもあります。青空から夕暮れ、そして夜景タイム。刻々と色を変えていく空と、港にゆらめく灯りを眺めていると、海のもうひとつの顔が感じられます。高層のレストランやバーから見おろす夜景とはまた違い、目の前に広がる夜の海はライブ感満点です。
(左手には緑の島の遊歩道の灯り、正面には対岸の街灯り、右手には摩周丸や赤レンガ倉庫の華やかなイルミネーション、ライトアップされたクルーズ船が目の前を横切ることも/海のダイニングshirokuma


◆番外編・函館を海の向こうから眺める絶景カフェ

FLOAT_3_igarashi_130709.jpg

函館の街歩きの途中で立ち寄る市内の海辺カフェのほかに、地元市民お気に入りの絶景カフェが、お隣の北斗市にあります。函館からは、ちょうど函館湾をはさんだ対岸の建物です。「coffee room FLOAT」は、波の音やカモメの鳴き声が聞こえる海沿いの喫茶店。落ち着いた雰囲気の店内に座って窓の外を眺めていると、時間がゆったりと流れます。
(ダークブラウン調の店内に海と空の青が映える/caffe room FLOAT
※2017年6月から一時休業中

120719M01.JPG

「ウエストコースト」は、大きな4連窓から、ワイドな海の風景がど~んと目に入ってくる店内。函館山とそれに連なる市街地が、海に浮かんでいるかのような様子を「真横」から眺められます。また、反対側には遠くに駒ケ岳まで望めることも。
(前も横も海・海・海/ウエストコースト


◆ご紹介した「海辺カフェ」マップ
(写真かその下の店名をクリックすると、はこぶらの詳細記事へ)

cafe20160727.jpg
120718M14.JPG カフェテリア モーリエ
外国人墓地の一角、崖の上に建つ
120718M15.JPG ティーショップ夕日
函館湾を見渡す丘の、古い洋館
120718M17.JPG カフェ ラミネール
前面のガラスから津軽海峡を一望
120718M18.JPG
Cafe 琥珀
立待岬近くの、海辺のコテージ風
120718M16.JPG 海のダイニングshirokuma
テラスの前を函館港のカモメが飛ぶ
120718M16.JPG ラッキーピエロ マリーナ末広店
函館港に面した窓側が特等席
海峡_min.jpg 喫茶ニューサロン海峡
港に浮かぶ連絡船内の喫茶コーナー
FLOAT_min.jpg coffee room FLOAT
函館湾の対岸から函館山を望む
※2017年6月から一時休業中
120718M18.JPG ウエスト コースト
函館湾の「西海岸」にある隠れ家カフェ
まとめ/編集室M 2012/7/20公開、2016/7/27更新