トップに戻る

スポット情報 グルメ 「バー」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

ビアバー山下

ビアバーやました


古きテイラーの店舗を再生し、イギリスやアイルランドのパブを函館で再現。そこには函館を訪れた国内・世界の人々が魅入る、独特の空間がある。十字街電停から徒歩3分。

イギリスが好きで、現地のパブを飲み歩き、それだけにとどまらず本場の店で働いた経験がある店主さんが、ロンドン・ウエストエンド地区のリージェントストリートによく似ているという十字街地区で1999年にオープン。昭和9年築の元テイラーを改造した店舗は、今でも当時の陳列棚をそのまま使用し、グラスなどを収納しています。店舗内の一部に顔を出している当時の木材も、今では貴重なディスプレイとなっており、店主さんが作りたかった「イギリスの庶民が立ち寄る小さなパブ」を見事に再現しました。
 
イギリス人の観光客が「まるで自分の国にいるようだ」と話したこともあったそうで、その言葉が今までで最も嬉しかったと語る、店主の山下さん。雑多に壁に掲げているポスターや写真なども、より現地のパブの雰囲気を再現しているようです。
 
小さなパブの特徴でもありますが、料理類はピクルス盛合せ(500円)やソーセージ、カマンベールチーズ (各600円+税)などと極めて少なく、主人公はやはり酒。ギネスのミディアムグラスが550円+税、パイントグラスで850円+税ですが、きめ細やかに作られた泡がビールの味を一層引き立ててくれています。瓶ビールはより多彩。バドワイザー、ハイネケン、タイガー(各500円+税)、バス・ペール・エール、コロナ、ジーマ(各600円+税)など、世界各国のビールのほか、オリジナルの山下ビール(600円+税)もあります。また、ジェムソン、タラモアデューなどのショットは500円+税~。各種カクテルも500円+税で提供。チャージは500円+税で、料理の持ち込みも可能とのことですが、常識の範囲内でとのことです。
 
パブは社交場。それを知っている店主さんは笑顔で気軽に話しかけてくれます。また、同席した見知らぬ客同士が会話を始めることができるムードがそこにはあります。ホテルに帰る前にちょっと立ち寄って1杯ひっかけてみてはどうでしょう。美味しい酒とともに、人という新たな旅がそこから始まるかもしれません。

※記者J 2013/7/22取材、7/23公開 2019/11 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
ビアバー山下
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町16-3  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-4539
営業時間 20:00~26:00
定休日 日曜日
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩3分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
喫煙 不可
ディナータイムに営業、22時以降も営業、全面禁煙、市電から徒歩5分以内


いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
竹葉
函館山ロープウェイ
函館タクシー
金森赤レンガ倉庫
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
広告募集中