トップに戻る

スポット情報 グルメ 「洋食」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

maison FUJIYA Hakodate

メゾン フジヤ ハコダテ


二十軒坂上のフレンチレストラン。漁師の家に生まれて魚に親しんでいたシェフが、北海道の食材をふんだんに用い、クラシックなフランス料理を根底に現代のおいしさを追求。

道幅いっぱいに敷かれた石畳が重厚な雰囲気を醸し出す二十間坂。下から見上げると、白い壁と大きな窓が印象的な、シンプルかつ上品な建物が目に留まります。ここは、みなみ北海道江差町出身の藤谷(ふじや)圭介シェフが「ミシュランガイド北海道特別版」で一つ星を獲得した札幌のレストランを経て、2020年6月に開いたフレンチレストラン「maison FUJIYA Hakodate(メゾン フジヤ ハコダテ)」。クラシックなフランス料理をベースに、気候風土に合わせた現代的なおいしさを追求しています。
 
こだわりのひとつが、コースの中に「揚げたて・焼きたて」など熱々の料理を必ず入れること。「カスベのベニエ」も、熱々な状態で提供する一品。エイの一種「カスベ」のほほ肉を生ハムで巻き、イカ墨を使った生地をまとわせて揚げています。見た目は真っ黒なボールですが、ナイフを入れると湯気がふわりと立ち上り、スパイスの香りが華やかに広がります。
 
また、四季を通じて新鮮な魚介類が手に入る函館ならではの料理も楽しめます。漁師の家で生まれ育ったシェフが胸を張ってお薦めするのが、無添加のウニを使った「ウニのババロア」です。自然な塩けと甘みを大切に仕上げたムース状のウニに青森産シャモロックのコンソメジュレを敷き、ウニ本来の味わいが存分に感じられる一皿に仕上げました。ドット状に整然と並ぶ七飯産リンゴのジュレとの取り合わせも新鮮です。
 
コースは、ランチが5500円から、ディナーが13200円から(サービス料別)。夜はアラカルトもあります。

こだわりの料理を楽しみながら窓の外に目をやれば、四季折々の坂の風景と函館の街並みが眼下に。料理を「食べる」だけではなく、「坂を上るところから始まり、店に入ってレセプションの案内で席に着き、函館を代表する景色を眺めながら料理を食べる――というストーリーを楽しんでほしい」との思いが、シンプルな内装の店のしつらえにも表れています。

世界20カ国で出版されているレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」の日本版で、2021・2022年と連続で掲載。

※記者K 2021/1/14取材、1/28公開 2022/3 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
maison FUJIYA Hakodate
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市元町17-17  Googleマップで開く
電話番号 0138-76-9653
営業時間 12:00~LO13:30、18:00~LO19:30
定休日 第2・4火曜日、水曜日
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩10分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
喫煙 不可
関連リンク maison Fujiya Hakodate
Facebook メゾン フジヤ 函館
Instagram Maison FUJIYA Hakodate
個室、ランチタイムに営業、ディナータイムに営業、全面禁煙、20名以上OK、眺望がいい、地元の味が楽しめる、英語メニュー、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)


Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
広告募集中