トップに戻る

スポット情報 温泉 「足湯」

函館市熱帯植物園足湯

はこだてしねったいしょくぶつえんあしゆ


湯の川温泉の源泉を利用した熱帯植物園の敷地内にあり、入園者が自由に利用できる足湯施設。冬に話題を集めるサル山の温泉と、同じ源泉の湯で温まることができる。

温泉に入るほど大げさでなく、足を湯に浸してポカポカ気分が味わえる足湯。湯の川にある函館市熱帯植物園の敷地内に、入園者が自由に利用できる足湯施設があります。

函館市熱帯植物園といえば、冬は温泉につかるサルののどかな光景が人気。そのサル山の向かいに、屋根と風よけのついたあずまやがあり、サルたちと同じ湯の川温泉の源泉を利用した足湯になっています。ゆったりと腰をおろして湯につかっていると、とてもいい気持ち。ほっこり温まったら、サル山を見にいったり、温室で珍しい植物を眺めたりという楽しみもあります。

すぐ近くに、ストッキングを脱いだり、ちょっとした着替えができるスペースもあって便利。足拭き用のタオルを持参していない人には、入口で白いフェイスタオルを販売しています(税込100円)。ほかに、かわいいおサルさん柄のハンドタオル(税込200円)もあり。

関連記事

※編集室M 2012/3/14公開 2019/6 更新


泉質:ナトリウム - 塩化物温泉

泉温:40℃(源泉64.1℃)

露天風呂:無

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛など


函館市熱帯植物園足湯
エリア 湯の川エリア エリア区分について
所在地 函館市湯川町3-1-15  Googleマップで開く
電話番号 0138-57-7833
営業時間 9:30~18:00(4~10月)、9:30~16:30(11~3月)
定休日 12月29~31日、1月1日
料金 入園料 一般300円、小中学生100円
アクセス 函館バス95、96系統「熱帯植物園前」 下車 徒歩1分
駐車場 無料駐車場あり(124台)
関連リンク 函館市熱帯植物園
源泉かけ流し、休憩所、大人450円以下、有料手ぶらアイテム、Wi‐Fi(その他)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
JTB
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
国際ホテル
はこだて亭
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
広告募集中