トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市外)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

大沼湖畔周遊道路(東屋・木道・北緯42°の標)

おおぬまこはんしゅうゆうどうろ(あずまや・もくどう・ほくい42°のしるべ)


四季折々の景色を堪能できる自然豊かな大沼の湖畔。一周およそ14キロの周遊道路沿いに、湖と駒ヶ岳の絶景が楽しめるスポットがある。ドライブやサイクリングで訪ねたい。

函館市街から車で40分ほど北上した場所にある大沼国定公園。1915(大正4)年に三保の松原や耶馬溪(やばけい)とともに日本新三景に選ばれ、四季折々の景色を堪能できることで人気です。一周およそ14キロの湖畔周遊道は、ドライブやサイクリング、ランニングにもぴったりのコースになっています。

活火山である名峰・駒ヶ岳と湖のビューポイントとしておすすめなのが、大沼公園駅から旧池田園駅に向かう途中にある「湖畔の東屋」。駐輪場から湖畔に降りられるようになっていて、目の前に駒ヶ岳が望めます。夏は黄色いコウホネの花が咲くのも見どころ。この大沼は、2012年に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である「ラムサール条約」に登録され、その看板も設置されています。駐車スペースがないので、サイクリングでどうぞ。

東大沼キャンプ場へ向かう途中にあるのが「湖畔の木道」。駐輪場が設けられています。白樺の林が少し開けた場所で、湿地に造られた木道を湖のほうに進んだ先の、湖畔からの駒ヶ岳の眺めは秀逸。春には木道の周囲にミズバショウやスイセンが群生します。

さらに周遊道を東に進むと、湖畔に「北緯42°の標」があり、シカゴ、ローマ、バルセロナなど、同じ北緯42°にある主要都市までの距離が表示されています。ここからの駒ヶ岳の眺めは少し斜めの角度から。夕焼けが美しいスポットです。駐車スペースあり。

四季折々の様々な景色が楽しめる、大沼湖畔の周遊道路を巡ってみませんか。

※記者Q 2018/11/15取材、12/13公開 2022/7 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
大沼湖畔周遊道路(東屋・木道・北緯42°の標)
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道亀田郡七飯町字大沼町(地図は木道)  Googleマップで開く
問合せ先 七飯大沼国際観光コンベンション協会
電話番号 0138-67-3020  ※カーナビ検索には使えません
開館時間 見学自由
アクセス 函館から車で40分 
関連リンク 七飯大沼国際観光コンベンション協会
眺望がいい、自然が豊か、花の名所


金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タナベ食品
ROCKET CURRY ロケットカレー
グルメ回転ずし 函太郎
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
広告募集中