トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

兵糧庫

ひょうろうこ


特別史跡五稜郭内に箱館奉行所が築造された時代から残る唯一の建造物。二度の解体復元工事を経て、建てられた当時の姿を取り戻し、現在は例年8月のみ内部の特別見学が可能。

五稜郭公園内にある兵糧庫は、1864(元治元)年に五稜郭が築造され、箱館奉行所が完成した時期に建てられた土蔵造りの建造物。幅21.8メートル、奥行9.1メートル、広さ60坪で、五稜郭の築造当時の目論見書きには「土蔵」とだけ明記されていますが、奉行所時代および箱館戦争時代ともに、食糧庫として使用されていたと考えられています。 箱館戦争終結ののち、1871(明治4)年には、五稜郭内の建物は箱館奉行所をはじめとしてほぼすべて解体されたものの、この土蔵だけは手をつけられることなく残りました。

1873(明治6)年、五稜郭は陸軍省に移管され、1913(大正2)年に函館市へ無償貸与、1914(大正3)年には公園として一般開放されました。この建物は、その後も元の場所で維持されており、1917(大正6)年から1926(大正15)年までは、伊予松山藩出身の片上楽天が箱館戦争の資料館「懐旧館」として借り受けました。片上が大正15年に急逝して閉館しましたが、氏の集めた箱館戦争に関するさまざまな資料は函館市へと寄贈され、現在は市立函館博物館に収蔵・展示されています。

具体的にいつ改修されたかは不明確ですが、少なくとも大正6年には外壁が下見板張りになり、名前もいつしか兵糧庫と呼ばれるようになり、元からはかけ離れた姿になっていました。老朽化や破損が進行したため、1972(昭和47)年から翌年にかけて解体を伴う復元・復旧工事が行われ、下見板張りから当初の土蔵造へ復旧整備されたのち、2001(平成13)年から翌年にかけて行われた発掘調査で得られた柱穴の位置をもとに、元来付属していたと推定される下屋(庇屋)等の復元を含む整備を行い、現在の姿となっています。

復元された箱館奉行所の斜め向かいにあり、外観はいつでも見学できます。建物内は、例年8月1日から8月31日まで一般公開され、無料で見学できます。中には、五稜郭内で発掘された磁器やガラス製品、木製の水道用樋の実物、一の橋・二の橋で用いられていた古材、箱館戦争時に旧幕府脱走軍軍艦「蟠龍」の砲撃を受け爆沈した明治新政府軍軍艦「朝陽」の竜骨の一部などの大型資料も展示されています。

※記者X 2019/8/30取材、9/13公開 2022/7 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
兵糧庫
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市五稜郭町44番地  Googleマップで開く
問合せ先 箱館奉行所
電話番号 0138-51-2864  ※カーナビ検索には使えません
開館時間 内部の公開は8月のみ(10:00~15:00)
開園時間 五稜郭公園郭内の開門 5:00~19:00(4~10月) 5:00~18:00(11~3月)
アクセス 市電 市電 「五稜郭公園前」電停 下車 徒歩18分 ※JR函館駅から市電・バスのご利用をおすすめします
駐車場 周辺に有料駐車場あり
関連リンク 五稜郭の歴史(箱館戦争から現在)
関連リンク 特別史跡五稜郭跡内 「兵糧庫」特別公開
明治・大正の建物、歴史好きに


いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ROCKET CURRY ロケットカレー
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中