トップに戻る
スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」
新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

相馬株式会社社屋

→詳細情報
1913(大正2)年築のルネサンス風事務所建屋。ぺディメント(西洋式切妻破風)など特異な意匠。基坂と電車通りの交差点に建ち、西部の町並みのランドマーク的存在。伝統的建造物。
所在地 函館市大町9-1
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

旧野口梅吉商店

→詳細情報
西部地区に現存する「上下和洋折衷様式」の町家で、函館市景観形成指定建築物。1913(大正2)年築。現在は「わらじ荘」として地元学生が共同生活を送り、イベント等も開催。  
所在地 函館市弁天町23-5
電話番号 0138-21-3388

函館海産商同業協同組合事務所

→詳細情報
1920(大正9)年に竣工した、アールヌーヴォー風の外観の建物。「海同会館」の愛称で親しまれている。設計は市内に多くの作品を残した関根要太郎。景観形成指定建築物。
所在地 函館市末広町15-3
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

旧亀井邸

→詳細情報
函館の洋風建築を代表する大三坂の建物。文学者・亀井勝一郎が函館を旅立つ直前に建築され、五島軒を建築した実弟・勝次郎とともに過ごした実家。伝統的建造物。外観のみ見学可。
所在地 函館市元町15-28
営業時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

プレイリーハウス(旧佐田邸)

→詳細情報
1928(昭和3)年建築の住宅。F.L.ライトの弟子、田上義也の傑作。景観形成指定建築物。国登録有形文化財。カフェとして利用されていたこともあるが、現在は民間私有。
所在地 函館市元町32-10
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

旧岡本邸

→詳細情報
優雅さと計算された緻密な意匠を持つ、昭和初期建築物の傑作のひとつ。工芸品の展示販売を行うギャラリー、カフェ営業を経て、現在は閉店。映画「PとJK」のロケ地になった。
所在地 函館市元町32-5
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

旧小林写真館

→詳細情報
明治末期に建てられ、写真館として使用されていた建築物で北海道内最古といわれている。1988(昭和63)年に創建当時の外観を復元して改装、写真館として2009(平成21)年7月から2020(令和2)年5月まで営業。
所在地 函館市大町2-9
営業時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

旧カール・レイモン居宅

→詳細情報
ハム・ソーセージの「函館カール・レイモン」を生み出した、カール・ワイデル・レイモンの旧居宅。信じる味を作り続けた姿がそのまま建物になったようなシンプルな家。伝統的建造物。
所在地 函館市元町30
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

旧松橋商店(港の庵)

→詳細情報
明治から時空を超えて甦った建物。煉瓦造、木造、土蔵の3種で構成された、函館の歴史の奥深さを知ることができる大変貴重なもの。第20回函館市都市景観賞受賞建築物。
所在地 函館市大町8-26
電話番号 090-3086-5984(遠藤)

兵糧庫

→詳細情報
特別史跡五稜郭内に箱館奉行所が築造された時代から残る唯一の建造物。二度の解体復元工事を経て、建てられた当時の姿を取り戻し、現在は例年8月のみ内部の特別見学が可能。
所在地 函館市五稜郭町44番地
開館時間 内部の公開は8月のみ(10:00~15:00)
開園時間 五稜郭公園郭内の開門 5:00~19:00(4~10月) 5:00~18:00(11~3月)
電話番号 0138-51-2864 ※カーナビ検索には使えません


グルメ回転ずし 函太郎
Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
広告募集中