トップに戻る

スポット情報 グルメ 「バー」

バー・サマーウッド(ウイニングホテル)


ベイエリアのウィニングホテル最上階にあり、赤レンガ倉庫群と函館湾を一望できるホテルバー。自社ブランド「サマーウッド」などのワインや各種カクテルが楽しめる。予約制。

※予約で満席のことが多いため、来店の場合は電話予約をお願いします

函館のベイエリアは、赤レンガ倉庫でショッピングを楽しんだり、港の風に吹かれて散策したり、旅の楽しみに事欠きません。昼間の開放的な風景も素敵ですが、夕暮れ時からのロマンチックな風景も、忘れられない思い出になりそう。ベイサイドにあるウイニングホテル最上階のバー・サマーウッドは、そんな港の夜景が満喫できるバーラウンジです。函館港を一望するガラス張りの空間に、カウンター席が並ぶ店内。ソムリエやバーテンダーのかたとの会話を楽しみながら、くつろいだ時間をすごせます。宿泊は別のホテルでも、あるいは食事を外ですませてきても、気兼ねなく利用できるのも嬉しいところです。
 
「おすすめのカクテルは?」と聞くと、きれいな海の色の「海峡ブルー」を作ってくれました。ライチ、グレープフルーツ、オレンジを使った爽やかな1杯。「私はノンアルコールで何か」という友人には、「ベリー&ベリー クーラー」。炭酸のさっぱりした大人っぽいドリンクでした。カクテルはすべて1杯 税込860円。チャージ料は不要です。このほか、ビール、ウイスキー、ブランデー、ワインなど、アルコールの種類は多数。ワインは、カリフォルニアの自社農園のブドウで造られたオリジナルブランド「サマーウッド」がおすすめです(1杯 税込850円)。
 
フードメニューは、ミックスナッツ(税込500円)やメルバトースト(税込500円)などの軽いものから、同フロアの「レストラン ウイニング」のメニューもオーダーできます。カウンターで景色を眺めながら、ディナーを楽しむかたもあるそうです。視線の先には、港のふちを彩る街灯りが輝いています。「あれが赤レンガ倉庫で、あっちは摩周丸じゃない? その向こうに五稜郭タワーも見える!」などと、今日訪ねた観光スポットを見つけたりして、話もはずみますね。クリスマスファンタジー開催期間中は、ツリーのイルミネーションや点灯式の花火も間近に見えて、特等席になります。
 
関連記事

※編集室M 2013/10/15取材、10/28公開 2018/11 更新


バー・サマーウッド(ウイニングホテル)
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町22-11 ウイニングホテル7F  Googleマップで開く
電話番号 0138-26-3111
営業時間 17:00~22:30(※予約制)
定休日 無休
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩1分
駐車場 無料駐車場あり(60台)
喫煙
関連リンク バー・サマーウッド(ウイニングホテル)
ディナータイムに営業、22時以降も営業、喫煙OK、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、眺望がいい、Wi‐Fi(Softbank)、英語メニュー

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
JTB
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
国際ホテル
はこだて亭
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
広告募集中