トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カジュアルレストラン・食堂」

入舟番屋

いりふねばんや


函館市漁業協同組合・女性部の「浜のお母さん」が切り盛りする食事処。さっきまで泳いでいたイカを、その場でさばいた活イカ定食が自慢。2019年度はいか不漁のため休業。

外国人墓地へ行き来する坂道よりもさらに一本海側の道、小さな坂道を下りていきます。パステル調の色彩豊かな建物もあり、漁村ムードの中にもお洒落感のある入舟地区。間近に海を感じながら、奥まった細い路地を歩いていくと、立ち並んでいる旗のぼりが見えてきます。「あそこかな?」と思いつつも、本当にこの道を行けば辿り着くのか、ちょっと不安になった頃、ありました! やっぱりここだ。漁業協同組合入舟支所の建物そのものが「入舟番屋」です。
 
究極のイカ刺し定食(税込1500円)は、漁組のイカ専用水槽で泳いでいるイカを注文があってから釣り上げて、お母さんが手際よくさばいて出してくれるというから、ぜいたくな話。
 
お母さんがとってきてバケツで運んできた手負いのイカは、まだ元気にぴょんぴょん跳ねていましたが、見事にさばいてくれます。その様子にくぎづけになりながら、イカ刺し定食のできあがりを待ちます。この日は団体客も大勢入っていたようで、次から次へと大忙しです。
 
運ばれてきた定食は、イカ刺しと、小皿には新鮮なゴロ(肝)。イカ刺しは、ピチピチで文字通り透き通ったコリコリがたまりません。みそ汁、漬けもののほかに、漁組のお母さん手作りのイカの塩辛とふかしたじゃがいも。塩辛はほんのりとした薄味で潮の香りがしました。塩辛をゆでたジャガイモに乗せて食べるのが、函館流です。
 
※営業日・時間は、漁の状況によります。あらかじめ確認の上、ご訪問ください(2019年度はいか不漁のため休業。2020年6月の漁解禁以降の状況は未定です)

※hakobura 2010/9/19公開 2019/11 更新


入舟番屋
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市入舟町16-7  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-3195
営業時間 6~11月の土日のみ11:00~14:00
定休日 月~金曜日、真いか漁のない時期は休業 ※2019年度はいか不漁のため休業。2020年度の営業は未定
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩10分
駐車場 無料駐車場あり
喫煙
ランチタイムに営業、喫煙OK、無料駐車場、20名以上OK、地元の味が楽しめる

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中