トップに戻る

スポット情報 グルメ 「ソフトクリーム・冷菓」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

燈台の聖母トラピスト修道院 直売店

とうだいのせいぼトラピストしゅうどういん ちょくばいてん


函館近郊・北斗市のトラピスト修道院駐車場にある直売店。トラピスト発酵バターを練り込んだ特製ソフトクリームは絶品。トラピストクッキーをスプーンがわりに使うのがポイント。

函館市のお隣、北斗市にある燈台の聖母トラピスト修道院は、1896(明治29)年創立の男子修道院。駐車場に隣接する直売店では、こちらで作られたトラピストバターやクッキー、バター飴、ジャム、ポストカードなどが販売されています。
 
トラピスト特製ソフトクリーム(税込380円)は、函館近郊で生産された牛乳に「トラピスト発酵バター」を練り込んだ特注品。口に含むとほのかに広がるバターの風味、なおかつさっぱりとした爽やかな後味は、ここでしか味わえない逸品です。カップとワッフルコーンが選べますが、おすすめはワッフルコーン。こちらも特注で、やはりトラピスト発酵バターが練り込まれています。軽い食感のあとに、ほんのりとバター風味。ソフトクリームとの相性も抜群です。
 
長らくソフトクリーム販売の要望が絶えなかったことから、販売に向けてプロジェクトチームを発足。牛乳とトラピスト発酵バターの絶妙なバランスを追求し、銘菓「トラピストクッキー」をスプーンがわりに使うことで、クッキーとの相性にもとことんこだわったのだそうです。創立以来、酪農業と乳製品の製造に力を注いできたトラピスト修道院が、1911(明治44)年に念願のバター工場を本格稼働してからちょうど100年を迎えた2011(平成23)年、満を持しての発売となりました。
 
杉並木が続く長い坂道の向こうに、修道院のレンガの建物が見えた時の感動は、言葉では言い表せないほどです。散策のあとは、北海道の酪農の歴史を肌で感じながら、冷たいソフトクリームでひと息ついてみませんか。なお、ソフトクリームの販売は3月15日から11月15日までの予定です。
 
関連記事

※編集室N 2011/5/11取材、5/13公開 2020/11 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
燈台の聖母トラピスト修道院 直売店
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北斗市三ツ石392  Googleマップで開く
電話番号 0138-75-2108
営業時間 店舗9:00~17:00(4月~10月15日)、8:30~16:30(10月16日~3月31日)。ソフトクリーム販売3月15日~11月15日までの営業時間内
定休日 4~12月は基本的に無休(12月25日と年末年始は休業)、1~3月は日曜日休業
アクセス 道南いさりび鉄道「渡島当別」駅 徒歩20分
駐車場 無料駐車場あり(約30台)
喫煙 不可
朝10時前から営業、ランチタイムに営業、全面禁煙、無料駐車場、車イス対応トイレ、地元の味が楽しめる、無料Wi-Fi


国際ホテル
竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館Web物産展PLUSα
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中