トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カジュアルレストラン・食堂」

ザ・ベリー・ベリー・ビースト


以前ベイエリアの一角にあったが、宝来町に移転した洋食レストラン。一番人気の「ビースト オムライス」の美味しさは変わらず。牛タンシチューやハンバーグなど、肉料理のメニューも充実。

オムライスが人気の洋食レストラン。以前、末広町のベイエリアの一角、蔵を改造した建物の2階で営業していましたが、2011年7月に宝来町の銀座通りに移転、再オープンしました。

店内は、前の雰囲気をそのまま残しています。以前の店舗に行ったことがあるかたでしたら、店内に足を踏み入れた途端、「あっ、やっぱりベリー・ベリー・ビーストだ」と思うことでしょう。でも、よく見るとどこか違う。そうだ、窓から光が注いでいる。前のような隠れ家的な雰囲気が薄らいでいます。ですが、その分、今の方がお店への入りやすさは増したように思えます。

「そうですね、ここに来てから近所の方の来店が増えました」と店主さんは言います。「ご年配のかたも増えましたね。やはり、1階になったということもあるのでしょうか」。なるほど、もっと身近なお店になったということでしょうか。「電話番号が変わっていませんので、わざわざお電話をして店の場所をきき、来店していただいた観光客のかたもいらっしゃいます」とのことです。

さて、ここの名物といえば、何といっても「ビースト オムライス(900円+税)」でしょう。そのことを訊いたら、店主さんは「実は、私の親が精肉店を経営していたのですが、当時は牛の舌は商品として出されていませんでした。ですから、タンは賄い料理として家族が食べていました。それが美味しくて、自分が店をやろうとした時に、それを目玉のメニューにしようと考えたのです」と、牛タンシチューの話を始めました。

「そのシチューに使うデミグラスソースは3日間ほど煮込むのですが、煮込みの途中でできたものをオムライスに使用しているのです」それで、見た目に濃厚そうなソースが、口に入れると意外とあっさりしていて、最後まで飽きがこないわけです。ちなみに、卵の中のライスにはケチャップは使われていません。

肉屋さんの家で育ったから、肉料理のメニューが充実しているのですね。「ビースト オムライス」のほか、「牛タンシチューセット(2300円+税)」「ハンバーグステーキセット(1000円+税)」など。夜には、アーリーアメリカン調の雰囲気に合うようなパブメニューも楽しめます(もちろん昼からでもいいのですが)。また、広めの店内を利用したパーティーメニューなども、予算に応じて提供することができるそうです。

ここも、もうすっかり函館の名店のひとつになっています。


※記者J 2011/9/7取材、9/29公開 2018/11 更新


ザ・ベリー・ベリー・ビースト
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市宝来町23-3  Googleマップで開く
電話番号 0138-26-7364
営業時間 12:00~14:30(LO14:00)、18:00~23:00(LO22:30)
定休日 火曜日
アクセス 市電 「宝来町」電停 下車 徒歩3分
駐車場 なし
喫煙
ランチタイムに営業、ディナータイムに営業、22時以降も営業、喫煙OK、市電から徒歩5分以内、お子様歓迎、車イス対応トイレ、テイクアウトOK、20名以上OK、英語メニュー

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中