トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カジュアルレストラン・食堂」

貝鮮焼 北斗フィッシャリー

かいせんやき ほくとフィッシャリー


漁協直営のイートイン型直売施設。管内の漁港で水揚げされたホッキ、カキ、ホタテ、ツブといった貝類を鉄板で蒸し焼きにして食べられる。函館湾に面して店内は開放感満点。

函館近郊の北斗市、木古内町、知内町の1市2町を管内とする上磯郡漁協が、地元の貝を気軽に食べてもらえるイートイン型直売施設として2015年12月に開業。北斗市のご当地キャラクター「ずーしーほっきー」のモチーフともなっているホッキ貝をはじめ、木古内町のホタテ、知内町のカキといった近海産の貝類を、鉄板で蒸し焼きにして食べられます。
 
店内に一歩足を踏み入れると、大きな窓の外に函館湾や函館山が望める開放的な雰囲気のなか、各テーブルに備え付けられた立派な鉄板が目に入ります。こちらの採用している「蒸し焼き」とは、貝を鉄板に乗せてから金属のフタをして焼き上げる方式。周囲360度から均一に火が通るので焼き時間が短くてすむだけでなく、焼き上がりもふっくら柔らかになるといいます。
 
北斗産の殻付きホッキ貝は1個250円+税、石灰岩を採掘する北斗市の峩朗(がろう)鉱山からの水が注ぎ込む、ミネラル豊富な海で育った「峩朗ガキ」は1個250円+税。そのほか、殻付きホタテ(1枚250円+税)もあります。知内カキ10個の「貝鮮セットA(1400円+税)」、峩朗ガキ4個にホッキ1個・ホタテ1枚が付く「貝鮮セットB(1400円+税)といったお得なメニューも。
 
貝を鉄板に乗せてから焼き上げるまでは、店員さんが時間を計りながらやってくれます。北海道産米「ふっくりんこ」使用の「ごはんセット(250円+税)」をオーダーして定食風にするもよし、生ビール(450円+税)で一杯やるもよし。みずみずしさをそのままに、うまみを逃さず閉じ込めた蒸し焼きの貝は、どれも食通をもうならせる一品。窓の外に広がる海を眺めながら、自然の恵みを存分に満喫しましょう。なお、カキやホッキは漁期の関係で生で提供できない場合がありますので、希望があるかたは事前に問い合わせると安心です。(時期によって、セット内容・価格変更があります。要問合せ。)
 
店内では、ボイルホタテなどの水産加工品も販売。地元でとれる「北斗海峡ふのり」や、店内で使用している「がごめだしポン酢」「矢越昆布醤油」など、常温で持ち帰りできる商品もあるので、おみやげにどうぞ。

※記者K 2016/1/22取材、2/8公開 2018/10 更新


貝鮮焼 北斗フィッシャリー
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北斗市飯生1丁目13-29  Googleマップで開く
電話番号 0138-73-0700
営業時間 11:00~18:00(LO17:00)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス 道南いさりび鉄道「上磯」駅 徒歩10分
駐車場 無料駐車場あり(26台)
喫煙 不可
ランチタイムに営業、全面禁煙、無料駐車場、お子様歓迎、車イス対応トイレ、20名以上OK、地元の味が楽しめる


函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
国際ホテル
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
万惣
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト