トップに戻る

スポット情報 グルメ 「居酒屋」

〇波商店

まるはしょうてん


北海道内各地から独自のルートで仕入れる海産物を、囲炉裏焼きや刺し身で楽しめる。旬の魚の刺し身を豊富に盛りつけた「漁師の階段盛」など、コストパフォーマンスも抜群。

客席に通されると、北海道では珍しい関西火鉢がテーブル代わりとなっているのが目に入ります。関西火鉢とは、四角いタイプの火鉢の周囲に縁を付け、食べ物などを置けるようにした家具のこと。カウンター席もありますが、貝などを自分で焼いて楽しみたいかたはこの火鉢席へどうぞ。たっぷりの灰の上に置かれた木炭と五徳が、焼く前から気分を高めてくれます。
 
まずは、海鮮のうまみを丸ごと味わえる「ホタテ磯バター焼き(250円+税)」。函館近海の大粒のホタテを火にかけ、じっくりと火が通る様子を眺めながら、楽しい函館旅行に乾杯! 函館に来たなら外せない「イカの一夜干し」、北海道の素材のよさをそのまま味わえる「男爵じゃがバター」「アスパラ焼き」などもお試しを。お酒とおつまみで一杯やっているうちに、ホタテが焼きあがりました。少量加えたバターがホタテのうまみをさりげなく引き立て、後味がふわっと残ります。わかめから出たうまみも汁に溶け出し、味の深みが増しているよう。ホタテ1枚とはいえ、なかなかのごちそうです。
 
刺身10点を盛り合わせた「漁師の階段盛(2999円+税)」は、函館近海の魚を中心に、旬の魚をその日の仕入れに合わせておまかせで盛りつけたもの。各階に刺身が盛られた様子は華やかで、写真映え間違いなしです。姿刺の魚は、種類によって姿揚げのサービスもあります。
 
これほど安く新鮮な海産物を提供できるのは、オーナー自らが優れた食材を求めて北海道各地を巡り、生産者と直接交渉して仕入れているから。カキも北海道産・知内産を漁師直送で仕入れているため、生カキ、蒸しガキ、焼きガキのいずれもMサイズ1個250円(+税)~という価格で提供。このほか、やはり函館では提供する店の少ない、鶏肉と鶏モツを1つの串に刺した美唄(びばい)市の名物「美唄焼き鳥(1本350円+税)」も食べられます。男山(旭川)、国稀(増毛)・北の勝(根室)といった北海道内各地の地酒を取りそろえているのもうれしいところ。北海道の魚と酒で、楽しい夜を。

※記者K 2016/2/5取材、2/29公開 2019/2 更新


〇波商店
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市松風町7-6  Googleマップで開く
電話番号 0138-27-7272
営業時間 17:00~26:00
定休日 不定休
アクセス 市電 「函館駅前」電停 下車 徒歩4分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
喫煙
小上がり、ディナータイムに営業、22時以降も営業、喫煙OK、市電から徒歩5分以内、お子様歓迎、テイクアウトOK、20名以上OK、地元の味が楽しめる、Wi‐Fi(Softbank)、英語メニュー、中国語メニュー、韓国語メニュー、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品