トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

cafe classic

カフェ クラシック


市電終点「谷地頭」電停近く、函館八幡宮表参道沿いにあるレトロな雰囲気のカフェ。ボリュームあるクロックムッシュが人気。ランチタイムは14時30分まで、1人でも訪れやすい。

市電2番終点「谷地頭」電停から函館八幡宮に向かう表参道沿い、お土産屋、すし屋、肉屋などが並ぶ小さな商店街にある「cafe classic」。以前はクリーニング店だった店舗を改装し、レトロ感を残しながらも、おしゃれで居心地いい、落ち着いた店内です。大き目のテーブル席と落ち着けるカウンター席があり、道に面した大きな窓から、人がゆったりと行き交う普段の函館の街を感じることができます。
 
人気メニューは「クロックムッシュ(税込1000円)」。カリッと香ばしく焼かれたパンと、ほどよい塩けの生ハムに、火を通すことで旨味が増すグリュイエールチーズがとろりと風味豊かです。11~14時30分のランチタイムにはドリンクがつきます。使用しているパンは、店主が絶品と保証する数軒先にあるパン屋、窯蔵のもの。谷地頭町コラボが旅行気分を盛り上げてくれますね。
 
スイーツは、カラメルがほろ苦く硬さのある、店名のついたプリン「classic pudding(税込450円)」や、「ガトーショコラ(税込450円)」、「クッキー(税込2枚100円)」と、手作りの懐かしい感じがするお菓子がそろっています。十字街電停そばの食料品雑貨店「十字屋食料品店」から届けられるコーヒー豆を使い、丁寧にハンドドリップされたコーヒーもゆっくり味わいたい一杯です。
 
函館近郊にある七飯町でジャムやシロップを作っている店「coneru」の、フラワーシロップを使ったソーダと温かいミルク(どちらも税込600円)もおすすめです。地元素材を使ったconeruのフラワーシロップは販売もしていますので、お土産にもいいですね。
 
店主が函館山を身近に感じるこの場所を気に入り、カフェをオープンさせたそうです。周辺には、函館八幡宮谷地頭温泉があり、少し海の方向へ歩くと小さな漁港や立待岬と、写真撮影の絶好ポイントがあります。見たことのある映画のワンシーンのような風景があるかもしれません。訪れた際には、周辺散歩も楽しんでみてはいかがでしょう。

※記者H 2016/4/20取材、4/29公開 2017/10 更新


cafe classic
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市谷地頭町25-20  Googleマップで開く
電話番号 080-5596-2291
営業時間 11:00~23:00(LO22:00)
定休日 不定休
アクセス 市電 「谷地頭」電停 下車 徒歩2分
駐車場 あり(2台)
喫煙 不可
ブログ 『灯り』
ランチタイムに営業、ディナータイムに営業、全面禁煙、市電から徒歩5分以内、無料駐車場

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品