トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

千秋庵菓寮

せんしゅうあんかりょう


函館駅前HAKOVIVA内、函館を代表する老舗和菓子店の第1号カフェ。自家製のあんを使う和風パフェが魅力。テイクアウト専用の生どら、宝来まんじゅうが実演販売される。

市電「宝来町」電停そばに本店を構える1860年創業の老舗和菓子店「千秋庵総本家」が、初めて作った和菓子カフェ。函館駅前の複合商業施設、HAKOVIVA内にあります。

ぜひ食べておきたいカフェメニューは、抹茶あん、イチゴあん、バナナの3種類がある和風のパフェ(税込各780円)。どれも多重層で、和菓子職人のスタッフによって食感も彩りも計算し尽くされたもの。インスタ映えすること間違いなしです。白玉も生クリームもあんもみつもすベて手作りで、パフェのためだけに炊かれる特別な粒あんは、粒感と小豆の風味が押し出されています(バナナパフェにはあんは入っていません)。「和菓子店ですから、パフェもあんを中心に相性を考え抜き、たどり着いた最高の組み合わせです。中間層には千秋庵総本家の顔とも言えるせんべいの「元祖 山親爺」をクラッシュにして。一番上には、ほのかな味噌風味の麩焼きせんべいを載せました。イチゴあんパフェの下層のミルクアイスは、駒ケ岳牧場へのオリジナルオーダーです」(和菓子職人のスタッフ)。

カフェメニューはパフェのほかに、3種類のあんみつ(白玉、抹茶クリーム、かぼちゃクリーム。税込各650円~680円)、緑茶やほうじ茶(税込各250円)、ほうじ茶ラテ(税込450円)なども。

店頭で実演販売されるテイクアウト専用商品も魅力。生どら(税込各250円)は、小豆、抹茶、苺、栗の4種類。その場で焼かれるふわふわの香ばしい生地に、甘さあっさりの粒あん、ホイップした生クリームがたっぷり。また、ひと口サイズで蒸したての宝来まんじゅう(税込100円)は、北海道産小麦粉と沖縄産黒糖で作る黒みつの生地の中に、自慢のこしあんがぎっしり。どちらも食べ歩きができるよう、端が開いた紙の袋にひとつずつ入ってきます。そのほか、ソフトクリームはミルク、抹茶、ミックスの3種類。あんあり(税込380円)、あんなし(税込300円)が選べます。

物販コーナーでは、定番の和菓子のほか、ここでしか入手できないヒグマをモチーフにした「元祖 山親爺」グッズ(トートバックとTシャツ)も販売。函館駅前で老舗和菓子店の味を気軽に味わえる場所として、また、喜ばれるみやげ品選びのためにも、ぜひ立ち寄りたい店です。

※編集室AN 2020/1/14取材、2/12公開 


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
千秋庵菓寮
エリア 函館駅前・大門エリア エリア区分について
所在地 函館市若松町12-8 HAKOVIVA内  Googleマップで開く
電話番号 0138-27-3472
営業時間 カフェと実演販売は10:00~18:30(LO18:00)、物販10:00~19:00
定休日 1月1日
アクセス JR 「函館」駅 下車 すぐ
駐車場 あり(HAKOVIVA駐車場128台。1時間200円、1日上限800円。2000円以上の買い物で1時間無料)
喫煙 不可
関連リンク 千秋庵総本家
関連リンク HAKOVIVA
Instagram sensyuansohonke
朝10時前から営業、ランチタイムに営業、全面禁煙、市電から徒歩5分以内、お子様歓迎、テイクアウトOK、地元の味が楽しめる、英語メニュー、中国語メニュー、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)、モバイル決済(AliPay)、モバイル決済(WeChat Pay)


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中